通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コミュニケイション的行為の理論 上 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★どこよりも早くお届けいたします!★箱入り、中身新品同様!綺麗です!箱にすれありますが使用には全く問題ございません。気持ち良く使用していただけますよう消毒し防水梱包の上、迅速に発送いたします!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コミュニケイション的行為の理論 上 単行本 – 1985/10

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 1985/10
"もう一度試してください。"
¥ 5,184
¥ 5,184 ¥ 3,058

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コミュニケイション的行為の理論 上
  • +
  • コミュニケイション的行為の理論 中
  • +
  • コミュニケイション的行為の理論 下
総額: ¥15,552
ポイントの合計: 414pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 単行本: 371ページ
  • 出版社: 未来社 (1985/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4624010752
  • ISBN-13: 978-4624010751
  • 発売日: 1985/10
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 613,183位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 1066-1154 トップ1000レビュアー 投稿日 2007/4/4
通読にはかなり骨が折れるが、全3巻読み通すコツは、目次を良く読むこと、上巻の第一章を良く読んでおくこと、二つの中間考察と最終考察を良く読むこと、だと思う。序論、第1中間考察、第2中間考察、最終考察だけでも先に繋げて精読しておけば、本書の60%以上は取れたも同じだ、と私は開き直っている。諸学派の検討は、大問題から枝葉の問題にまで入り込み、煩わしいところもある。
序論は、かなり重要で、近代哲学の総括と著者の立場の明示だ。合理性の概念、合理性論争、など状況サーベイによって、問題提起の妥当性が明らかとなる。本論の枢軸で、発語内行為の概念を軸にコミュニケイション的合理性を展開する。斬新な視座とは思えないが、とても妥当で、本書の立場を無視して今後の哲学も、社会理論もありえないと思う。日常言語学派の理論的検討や序論の諸説の紹介は大変面白いし、ウェーバー、西欧マルクス主義の批判的な検討も、魅力的だ。ヘーゲル的弁証法の志を、言語理論で再武装し、ヘーゲルの包括性を再構築しようとしているようにも思える。でも、「発語内行為」にコア概念を見出し討議の理論を構築、主意主義(意識哲学)を超えでようとする発想は、やはりかなり理念主義的なものは感じる。著者も現実と理想の差は分かっており、本書登場前に用いた「理想的発話状況」なる概念は表には出していないが、結果的には目指すべき尺度にはなっている。昨今、これを
...続きを読む ›
1 コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す