通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コミック星新一宇宙からの客 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 小口に薄くヤケあり、ページ内は綺麗な状態です。◆除菌クリーニング&エアキャップ包装をして、茨城より発送いたします※番号追跡はできない場合があります、あらかじめご了承ください。m
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コミック星新一宇宙からの客 コミック – 2014/3/14

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック, 2014/3/14
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 34
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コミック星新一宇宙からの客
  • +
  • コミック星新一☆親しげな悪魔
  • +
  • コミック☆星新一午後の恐竜
総額: ¥2,227
ポイントの合計: 116pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

裏表紙に線キズが多少ございますが、全体的に非常にきれいな状態です. Amazon配送センターより迅速にお送り致します。 ★ご覧頂きありがとうございます。丁寧な対応を心がけておりますので、どうぞ宜しくお願い致します!★


登録情報

  • コミック: 220ページ
  • 出版社: 秋田書店 (2014/3/14)
  • ISBN-10: 4253104797
  • ISBN-13: 978-4253104791
  • 発売日: 2014/3/14
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 女性漫画誌ミステリー・ボニータ掲載。
 秋田書店より数年に一度出ていたショートショートの神様、星新一氏の原作をコミカライズするシリーズ、発刊ペースを上げて、前作より1年半余りで刊行されました。
 第3弾程の豪華メンバーでは御座いませんが、渋い実力派が揃った好アンソロジーです。

 掲載作
1.手代木史織氏「包み」:2013年1月号
2.比古地朔弥氏「半人前」:2012年9月号
3.釣巻 和氏「帰郷」:2013年5月号
4.押見修造氏「宇宙からの客」:2013年3月号
5.青木朋氏「調査」:2012年11月号
6.岩岡ヒサエ氏「調査」:2014年1月号
7.今村陽子氏「美の神」2014年2月号
8.アサダニッキ氏「信念」:2013年6月号
9.須藤真澄氏「地球から来た男」:2013年9月号
 カバーイラスト:押見修造氏。
 各エピソードを担当した漫画家諸氏が半頁ずつ担当したあとがき漫画付き。

 個人的には
・物語の切掛けとなるマクガフィン自体をメタフィクショナルにテーマとした1
・実力派比古地氏が久し振りにメジャー出版社に発表した美しい中にも毒が有る2
・ハッピーエンドの様で残酷な3
...続きを読む ›
4 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
星新一アンソロジー待望の第三弾。
前作前々作もよかったけれどこれも素晴らしい。
執筆陣はいずれも期待の新星や漫画読みなら知る人ぞ知る隠れた実力派ばかり、星新一の奔放かつ柔軟なイマジネーションが大胆なアレンジによって原石に磨きをかけるよう生まれ変わっている。
個人的なお気に入りは「包み」と「帰郷」。両方とも漫画ならではの豊饒なイメージの横溢が素晴らしい。
「包み」の主人公は大器晩成の画家、冴えない無名画家として食うために筆をとっていた彼の転機とは……?ある時はイノセント、ある時はグロテスクに。一個の包みに着想を得て画家が生み出した世界の奥深い表現が美しい。
「帰郷」はモノクロなのに暗黒の宇宙空間で瞬く星の色が見えるような表現力に脱帽。空想上の少女と孤独な青年との触れ合いがロマンチックだけに、ラストが絶望を帯びた哀切を醸す。
「調査」のコミカライズ担当は青木朋。机上の九龍など作者の過去作のキャラがゲスト出演してるのもファンには嬉しいサプライズ。
他の作品もそれぞれ可愛かったり皮肉だったりとハズレなし。
星新一既読ファンは記憶を振り返りながら懐かしくも新鮮な気持ちで、未読の者でも楽しく読めるが興味がでたらぜひ原作にも手を伸ばしてもらいたい
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
午後の恐竜、空への門、親しげな悪魔に続く星新一漫画化シリーズ、第4弾かな?
いきなりあれだがなんで表題がこれなんだ。
一番ひどいオチの話じゃないか。
気に入ったのは『半人前』『調査』『信念』あたり、一番好きなのは『包み』ですかね。
半人前は設定がかなり変わっているみたいですが、こっちのほうがいいような気がします。
信念は似たような別の話を読んだ記憶があるんですが、これは誰の話だったっけ。
ライバル会社にスパイとして入って、結局社長まで上り詰めて逆に元の会社を潰しちゃう話。

それにしても何度でも言うが星新一は天才だな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告