この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コミック・キュー (Vol.2(1996)) コミックス – 1995/12/1

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 129

この商品には新版があります:

click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

書籍内容
満を持しての第2号。今回のテーマは"カバー・ヴァージョン"! 
音楽の方法論であるカヴァーを、マンガでやってもいいじゃないか。
キュー作家陣が様々な名作を、独自の解釈でリメイクしています。


登録情報

  • コミック: 295ページ
  • 出版社: イースト・プレス (1995/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4872570642
  • ISBN-13: 978-4872570649
  • 発売日: 1995/12/1
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 cao 投稿日 2015/5/13
形式: コミック
伝説的な雑誌ですが、内容は松本大洋の「ドラえもん」が圧倒的です。他はダメ。逆に、それだけのために購入する価値は大アリです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2007/3/4
形式: コミック
松本大洋のドラえもんのみを考えてこの評価です。
他の作品も良いのですが、松本大洋の作品読みたさに買いました。
とても人間臭い内容です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
松本大洋の描いた『ドラえもん』のカバー版が巻頭を飾る

一冊。正直言いまして、この『ドラえもん』だけを目的に

購入しました。

『青い春』、『ピンポン』、『鉄コン筋クリート』など映

画化、アニメ映画化などで有名な作品だけでなく独特なタ

ッチと斬新なコマ割、そしてメッセージ性が強い台詞、一

度読んだら忘れられなくなるキャラクターの数々が脳に直

接ぶつかってくるマンガをいくつも生み出してきた松本大

洋。最近では『GOGOモンスター』も大きな話題となり

ました。

そんな松本さんが描いた『ドラえもん』。松本さんがドラ

えもんを描くとこうなるのか…脳天直撃・卒倒必死の衝撃

作。短篇なのがもったいない。オリジナルの『ドラえもん』

と同じくらいの分量で松本版・長篇『ドラえもん』を読んで

みたい。それくらいの気持ちを起こさせる傑作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
松本大洋のドラえもんが目当てでこの雑誌を買いました。大洋節で、のび太が描かれているわけですが可もなく不可もなくといったところでしょうか。大洋ファンの方は一度ごらんになってはいかがですか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告