通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コミックばかり読まないで がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に軽度のいたみと使用感がありますが、中のページは書き込みや折れなどなく良好な状態です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ返金などの対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コミックばかり読まないで 単行本(ソフトカバー) – 2015/9/17

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 249
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コミックばかり読まないで
  • +
  • 月刊水中ニーソR・2017年2月号
  • +
  • 月刊水中ニーソR・2017年3月号
総額: ¥3,780
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本のサブカルチャーよ、何処へ行く。
宮崎勤事件、オタク文化、都条例と表現の不自由、東京オリンピックと環境浄化――。
宮台真司氏、鈴木邦男氏絶賛!
これが現代日本のルポルタージュだ。
ルポライターとは、都市の荒野を駆ける“野良犬"である。その眼の先にある種別、対象、テーマ、職業、性別、世代、有名、無名、権力、カネの有無を問わない。野良犬が追うものは、同時代の権力や制度の網からこぼれ落ちた個々の人間の本能の姿だ。
東京オリンピックの喧騒の中で、「日本のアニメやマンガは世界一」と喧伝される標語化した「クールジャパン」に潜む、半ば無意識下に既成事実化される表現規制(都条例や児童ポルノ法をめぐる表現の自由問題)、オリンピック開催による環境浄化の本質を長年の取材から、戦後日本の社会・権力の闇に照射し、鋭く抉り出す渾身の長編ノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

これが現代日本のルポルタージュだ。日本のサブカルチャーよ、何処へ行く。宮崎勤事件、オタク文化、都条例と表現の不自由、東京オリンピックと環境浄化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 376ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2015/9/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4781613640
  • ISBN-13: 978-4781613642
  • 発売日: 2015/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 94,669位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
昼間氏は常に現場に身を置く「ルポライター」です。
軽くておしゃれな「フリーライター」とか、重くて偉そうな「ノンフィクション作家」になりたいのではなく、時代に寄り添い、人間の業に満ちた生き方、表現活動を丹念に追う「ルポルタージュ」を書くことが、彼の生業であります。
右翼だとか、左翼だとかの単純なレッテルは彼にはあんまり関係ないのですが、結果、右からも左からも罵倒されたり、馬鹿にされたりもしてきました。今までは。

複数の図書館で「アンネの日記」が汚損されている「事件」がマスコミに流れた際、彼はいち早く図書館に取材し、その様な現象が、今に始まったことではなく、「ある種の」「刑事責任を負えないタイプの」「障害を持ったひと」が、過去においてもずっと「アンネの日記」や「夜と霧」を汚損してきたことを明確にしました。
「この手の本にはどうもそういう人を引き付ける何かがある」という言葉とともに。
世間では、この「事件」を「右傾化の象徴」としたい勢力と、「サヨクの自作自演」と見る勢力がお互いのレッテル貼りに余念なかったのですが、結果捕まった犯人はまさに昼間氏が指摘したタイプの人間であった様で、その事実は曖昧にされたまま、事件報道は消えました。
結果的に昼間氏大勝利だった訳ですが。

この本はその「事件」について
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
何でも自由な国だと勘違いして住んでいるわたし達日本人にとって本当の自由とは何なんだろうか?と自問したくなるのがこの作品だと思います。今やグローバルスタンダードになった日本のマンガ・アニメでさえも厳しい規制の対象となり、子供だましのくだらないものであり子供に悪影響を与える有害なものという認識がいまだに存在している現実を考えさせられる作品です。マンガ・アニメに雑誌・映画など作り手の苦労が再認識させられる部分は非常に興味深く書かれています。また作者と著名な文化人の方々との関わりや生々しい描写は非常に印象深かったと思います。作者が体当たり取材で積み上げた生々しい日本の現実を体感できるおすすめの作品です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2015/10/22
形式: 単行本(ソフトカバー)
「面白い」の一言です!
374ページで濃い内容で、人との関わりを改めて考えされられる一冊でした。
様々な規制はありますが、今後も昼間さんらしい表現かつ発信を続けて欲しいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 金吾庄左ェ門 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/10/2
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 児童ポルノ法や東京都の青少年健全育成条例を始めとするマンガやアニメの表現規制の問題だけではなく、表現そのものについて書かれていますが、左翼的な内容となっています。
 著者自身が左翼活動に関わってきたせいもあるのでしょうが、右陣営の私から見れば、表現規制の問題と絡めて憲法改正やNSC法案に反対する事に力を入れているように思えます。様々な人物に体当たりで取材して公平性を確保してくれている部分も多く、表現規制反対への想いにも賛同できるのですが、左翼的な内容の強さは否定できません。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告