この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


コバルト風雲録 単行本 – 2004/10

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,707
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

よ~くお聞き!
ライトノベルにいたる少女小説の歴史を
がむしゃらに駆け抜けた久美沙織が、
激動のエンタメ文芸業界
波瀾万丈の作家人生を
裏の裏までぶっちゃけた!
爆笑痛快ときどき毒舌、愛の青春一代記
ここに登場。

本書はコバルト文庫の全盛期を担った久美沙織の回想録でもあり青春記でもあります。吉屋信子をルーツとする少女小説の歴史のなかで燦然と輝きながら登場した氷室冴子と新井素子の衝撃、作品を応募した集英社から速達ハガキが届いたときの喜び、そして作家になって出会った数々の盟友たちとの青春の日々...。

もう一つの読みどころ。それは、読者が知らないところで流す作家の“血と汗と涙”が赤裸々といっていいほどに語られていることです。ファンレターを送ってくれた読者にすべて返事を書くこと、その数なんと2000人!しかも名前や手紙の内容まで暗記して、サイン会や握手会では一声かけるという努力まで。もちろんエクセルなんてない時代の話。

そんな“血と汗と涙”のエピソードが満載なのも本書の面白さの一つです。舌鋒鋭く快刀乱麻を断つ勢いのユーモア溢れる文章で、久美沙織という一人の人間が力いっぱいさらけ出されている本書を、読者の世代を超えてオススメいたします。

内容(「BOOK」データベースより)

ライトノベルにいたる少女小説の歴史をがむしゃらに駆け抜けた久美沙織が、激動のエンタメ文芸業界波瀾万丈の作家人生を裏の裏までぶっちゃけた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 285ページ
  • 出版社: 本の雑誌社 (2004/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4860110382
  • ISBN-13: 978-4860110383
  • 発売日: 2004/10
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 737,958位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

6件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.8

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件中1 - 6件目のレビューを表示

2016年2月16日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年6月10日
形式: 単行本Amazonで購入
2006年8月16日
形式: 単行本
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年12月1日
形式: 単行本
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年11月19日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年12月19日
形式: 単行本
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告