幻想水滸伝IV 初回生産版 がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ディスク、ケース、説明書のセットです検品済みではありますが中古品ですので使用感、ヤケ、色あせ、キズ、シール剥がれ等が御座います。また、名前が記載されている物もございます。ご了承下さい。起動する分には問題御座いません。ご注文確認後、丁寧かつ迅速にゆうメールにて発送いたします!もし、商品ご到着後に問題が御座いましたら、評価の前にお手数では御座いますがご連絡をお願い致します。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,364
+ ¥ 340 関東への配送料
発売元: ampws
カートに入れる
¥ 3,780
通常配送無料 詳細
発売元: oskb244
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

幻想水滸伝IV 初回生産版

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 2.4 179件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,538
価格: ¥ 2,480 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,058 (67%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、j ショップが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
  • シュリンク皺少しあります(画像参照)

Cyber Monday開催中
1週間のビッグセール。12/6は、Newニンテンドー3DSLL本体+ソフトのセットが最大5,552円OFF、PlayStation 4+ソフトのセットが最大8,830円OFF。期間中、ゲーム用プリペイドコードが最大5%OFF、PCダウンロードソフト最大50%OFF、周辺機器・アクセサリがお買い得など。 テレビゲームストアのさまざまなセールを今すぐチェック。

キャンペーンおよび追加情報


  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • 幻想水滸伝IV 初回生産版
  • +
  • 幻想水滸伝V(通常版)
  • +
  • 幻想水滸伝III
総額: ¥14,440
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B000232486
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2004/8/19
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.4 179件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 17,168位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品の説明

コナミ

Amazonより

   1995年に第一作が発売され、108人の仲間たちをめぐるドラマチックなストーリーが評判のオリエンタル風RPGシリーズ「幻想水滸伝」。4作目となる本作では大海に浮かぶ群島諸国を巡る争いが物語の軸となる。大幅にグレードアップした戦闘システムにも注目だ。

   今回の主人公は、孤児でありながら地方領主の小間使いとして雇われていた少年。彼がガイエン公国の東端に浮かぶ「ラズリル」島の「ガイエン海上騎士団」にて、海の治安を守る騎士になるべく奮闘するところからストーリーは始まる。兄のような存在のスノウやほかの仲間たちと、さまざまな訓練を通じて交流していく。しかし、非情な海賊ブランドが彼らの前に立ちはだかる。「罰の紋章」を左手に携えて…。

   さまざまな伝説を従える「罰の紋章」。紋章とは、この世界を支えるあらゆる力の象徴であり、かつその根源たる存在である。「罰の紋章」を手に入れてしまった主人公の周りに個性豊かな107人の仲間たちが集結し、波乱万丈のストーリーを展開していくのが本作の魅力である。前作までの登場キャラクターもいるので、シリーズを通してプレイしている人はさらに楽しめるはず。

   一騎打ちや協力攻撃など、さまざまな工夫が凝らされたシステムにより、戦闘シーンにも興奮させられる。さらに、海を舞台にした物語だけあって、艦隊戦などの集団戦闘も用意されている。そのほか、釣りやコイン投げといったミニゲームも盛りだくさんだ。(松本秀行)



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/9/14
幻水シリーズは、私にとって最高のRPGシリーズでした。
人間味あふれる重厚なストーリー、共に戦う仲間との絆、敵として描かれるキャラも戦う「理由」がある点、軍師の活躍、紋章が司る世界観、分かりやすく無駄なレベル上げが必要としないシステム……
挙げればきりがない程でてきます。欠点ももちろんありますが、それを上回る魅力がありました。
個人的に、2ほど感動し涙なしには進められなかったゲームは、未だ見つかりません。
しかし今作4はいかがなものでしょうか。
ストーリーは短く薄く、しかも重要な部分を「ぼかしている」為に、クリアした後も結局なんだったのだという気持ちになりました。
主人公を心から大切に思ってくれるキャラも少なく、主人公がリーダーになる理由も少々無理やりで、
主人公がまるで1人で戦っているようでした。
軍師も偉そうにしてる割にはたいしたことしてくれません。敵も活躍が少なすぎる。
エンディングで仲間にした覚えの無いキャラが入っているのにはひきました。
人魚は5人いる意味が全く見えません。
過去の作品と繋がりのある人物も少なく、しかも物語にはさほど絡んでいないことには落胆です。
今回新たに加わった「声」は…正直リタやノアや、クールーク兵の声は耳障りでした。(聞いていて恥
...続きを読む ›
コメント 108人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/9/20
ストーリーは多くの方がおっしゃっているように短くて、キャラクターの繋がりも薄めです。
ただ、逆を言えばストーリーで多くのことが語られていないだけで、想像すればきちんと設定が見えてくる部分もあります。
ただ、実際は語られなさ過ぎという感も・・・。
主人公が戦っている理由も、製作者の方の意図はどうあれ、「なりゆき」くらいにしか感じられず、感情移入は難しいかと・・・。
そのかわりといっては何ですが、おまけ要素はかなり盛り込んであるようで、ミニゲーム等にはまれば楽しめるだろうと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
幻想水滸伝シリーズの中で位置付けとして、非常にメッセージ性の薄い印象を受けました。
・『シナリオ』 幻想水滸伝の大きなの魅力として『繋がり』の魅力があると思います。これは人と人とに繋がりや、歴史、国、紋章などがあると思うのですが、150年前という設定からここで求められていたはずの未来への繋がりが非常に弱いものとなっていたことで、むざむざ魅力の一つを自ら削っていた。キャラの一人一人の演出も掘り下げられず希薄でさらに魅力を削除し、演出も安っぽい。階段を何段も飛ばして進むようなストーリー展開に空虚な感情を覚えることも少なくありません。もともとのプロデューサーが退いたことは過去の話ですが、限界をはっきり感じました。
・『グラフィック』 完全な3D化(Ⅲの方がはるかに温かみがあった)によって幻想シリーズの大きな魅力であった人間味が完全に失われ、会話時の顔画もその無機的な雰囲気の前にお飾りと化していた。3D化の方向性を完全に間違えた典型的な失敗例。作りこまれた2Dとしての復活を望む声は多いですが、3Dの持つ雰囲気が完全に作品とミスマッチな証拠。何でも3D化すればいいとでも思っているのだろうか。
・『音楽』 記憶にも残らず、それっぽい音楽を流すことで全体的な印象も薄くなった。
・『結論』 プロデューサーが変わりⅢはより個人に近づいた視点と元のプロデューサー
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
雰囲気としては3よりも1、2に近いものになっています。しかし、ストーリーの厚みは比べようもありません。材料は悪くないのですが、それをとことん使ってやろうという気持ちが感じられない。
攻略本の開発者のインタビューで「幻水4はライトユーザー向けに作った」というようなことが書いてありました。
つまり、今作はこれまでの幻水ファンを置き去りにして、全く新しくRPG初心者向けに開発されたということです。
背景にはRPG離れということがあるのでしょう。精魂込めて良作を作っても、今はRPG自体が売れないらしいのです。
雰囲気は確実に幻想水滸伝です。3には感じられなかった懐かしさに似たものを感じました。
しかし、決してライトユーザー向けにする必要はなかったはずです。このシリーズは過去のファンでもっているようなものなのに、なぜそのファンを切り捨てるようなことをしてしまったのか。残念でなりません。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー