お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 50 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 KAWAUTI books&game
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ケース、ディスク、説明書のみ★説明書やケースの傷み・キズや汚れ等がございます。書き込みシール等の汚れがあるものもございます。商品個別の状態につきましてはメールにてお問い合わせください。動作に問題はありませんが、ご了承の上お買い求め下さい。プロダクトコードの付属した商品につきましては、中古品となりますので使用状況に関しては保証出来兼ねます。予めご了承頂きますようお願い致します。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,000
+ 関東への配送料無料
発売元: MAYショップ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

DEATH NOTE キラゲーム

プラットフォーム : Nintendo DS
5つ星のうち 3.0 47件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,378
価格: ¥ 3,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,378 (44%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、サンフラワーズ!が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 3,000より 中古品の出品:65¥ 1より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • DEATH NOTE キラゲーム
  • +
  • デスノート ~Lを継ぐ者~
  • +
  • エル ザ プロローグ トゥ DEATH NOTE ~螺旋の罠~
総額: ¥11,370
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B000HDTCT0
  • 商品パッケージの寸法: 13.8 x 12.4 x 1.6 cm ; 82 g
  • 発売日: 2007/2/15
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 16,108位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • 絶版: はい
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

マンガ「DEATH NOTE」の世界で繰り広げられる命がけの心理戦を体験できる推理ゲーム。プレイヤーはキラ、またはL(エル)になり、発言によって6人のNPC捜査員の信頼を得ながら相手を追い詰めていく。キラ役の勝利条件は捜査員の中にいるL(エル)を消すこと。L(エル)役の勝利条件はキラの検挙。プレイスタイルによっては、予想外のエンディングも? ストーリーモードのほか、自由にゲーム中のNPCと対戦できるシングルモード、通信対戦モードも搭載している。

Amazonより

漫画「DEATHNOTE」の世界で繰り広げられる、命がけの心理戦を体感!

◆『キラゲーム』概要
"キラ vs L"の構図!
・プレイヤーは"キラ"又は"L"の役となり、ゲームに参加します。
・キラの目的(勝利条件)はLを探し出して抹殺すること、Lの目的(勝利条件)はキラを検挙すること。
・それぞれの目的を遂行するには、議論の流れを読み、捜査員達の信頼を勝ち取って行くことが重要。

●原作の魅力を凝縮した充実の「シナリオモード」
全11話構成のストーリーを楽しみながら、「キラゲーム」をプレイ。

●コツコツと自分のスキルを磨く「シングルプレイ」
CPUを相手に一人でプレイしながら、対戦に向けてキラゲームの腕を磨こう!

●ワイヤレス通信を使ってサシの勝負!白熱する「対戦モード」
自分の正体を悟られないようにしながらも、他のキャラの信頼を得て相手を陥れていく…
相手の腹の底を探りあう…そこに疑心暗鬼が生まれるわけです。

自分の敵は一体誰なのか!?
ゲームだとわかっていながらもついつい手に汗握る命がけの心理戦を楽しんで下さい!

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ
(C)2007 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
正直このゲームに関しては、話が噛み合っていなかったり、推理ゲームとしてどうかなと思う。デスノートファンなら良いとは思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キッズレビュー 投稿日 2007/3/10
多くの方が指摘されている通り、会話が噛み合ってない、ストーリーの完成度が低い等の点では駄作と言われてもしょうがないと思います。しかし当然ながらこのゲームには対戦機能があり、これを友達とやったら面白くて、ハマりました。個人的な意見を言うとストーリーなんかは全然面白くありませんが、対戦機能はオススメです。でも正直持ってる人探すの大変だったし、対戦機能にもっと力を入れて欲しかった…
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
オンラインゲーム上で行われる「人狼(汝は人狼なりや?)」というゲームをご存じでしょうか?

その人狼のルールをデスノート風に少しアレンジしたものですね。

ですから、「人狼」をプレイしたことのある人なら、すぐにピンと来る内容の推理ゲームです。

メンバーの中から「KIRA(殺人者)」「L(刑事)」「崇拝者(KIRAの擁護者)」「捜査員(他のメンバー)」がランダムに決められ、誰がどの配役かは最初は解りません。

各メンバーの行動からそれぞれのメンバーの配役を推理し、KIRAならLを推理してデスノートで殺すか投票で脱落させることが、LならKIRAを推理して投票で脱落させるよう仕向けていくことが目標となります。

ただ、この手のゲームをやったことのある人なら解ると思いますが・・・

こういうゲームは、人が集まってプレイするのが一番楽しいものです。

1人でコンピューター相手にプレイしても、面白さは半減です。

この点をどう評価するかですね。

推理モノのゲームが好きな人なら、このキラゲームも楽しめると思います。

逆に、「デスノート」というマンガやキャラクターのみを目的として買った人だと、こ
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
友達と2人でやるのを目的とすればかなり面白いです。
難易度はかなり高めなので、考えるのが嫌いな人は
やめた方がいいですね。
KIRA役の方がかなり有利にできています。
キャラ固有の必殺技もピンキリだし。
ゲームバランスを配慮した次回作が欲しいですが、、
人気なさそうなので次回作はでないですよね・・・

デスノートに名前を書いてLを当てたりはずしたりする場面では
かなり盛り上がりますよ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
導入が長く、なかなかゲームが始まらないのにイライラ

しかもこの長ったらしい説明を読んでも、

ぼくは頭が悪いので理解できませんでした。

単調なセリフの繰り返しで、特に盛り上がる場面もなく

キラと思われる人を当てるゲーム。。。ん〜つまらない。

作画が甘く、というか月の顔とかおかしいし・・・

キャラゲーにもなってないような。

やり込めば、何か新しい要素がでてきて変わるのかもしれませんが

ぼくには苦痛すぎて やり込む気すら起きませんでした。

ABXYボタンに対応してないのもイライラ度を加速させます

いきなり

「模木さんを信じちゃいけませんよ!」

「竜崎・・・観念するんだ」

とか言われても意味わからんし・・・

同調も反論もしかねるからパス!

疑問を持っちゃいけないのだろうけど、

これはないっスよ〜
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最近、近所ではDSのソフトが出てもすぐに売り切れになってしまって、2週間待ちがよくあるので、売っているうちに買ってしまおうと思い手に取りました。

が、映画化された人気コミックの派生品として考えるには、この値段は高すぎて内容に見合っていないと思います。

こういうゲームもありなんでしょうが、取って付けたような話が入っているだけでこの値段(他のDSソフトと比べても高め)なのは、絞れるうちに絞っておけ、という考えもあるんじゃないかという気にさせられました。

ゲームのシステムも少し難しい気がします。(ハマってしまうと面白いかもしれないので☆3つ)

ネームバリューにだまされてはいけないとつくづく感じた作品です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー