タイムホロウ 奪われた過去を求めて がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 50 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 KAWAUTI books&game
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ケース、ディスク★☆説明書☆ケースの傷み・キズや汚れ等がございます。商品個別の状態につきましてはメールにてお問い合わせください。動作に問題はありませんが、ご了承の上お買い求め下さい。プロダクトコードの付属した商品につきましては、中古品となりますので使用状況に関しては保証出来兼ねます。予めご了承頂きますようお願い致します。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,218
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 三笑商店 横浜本店
カートに入れる
¥ 1,218
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: セレクトショップ楓
カートに入れる
¥ 1,218
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 松栄和堂【商品にご満足いかなかった場合ご連絡下さい。誠実に対応させていただきます。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

タイムホロウ 奪われた過去を求めて

プラットフォーム : Nintendo DS
5つ星のうち 3.2 68件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,378
価格: ¥ 1,218 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,160 (77%)
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、インフォームドショップが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 1,100より 中古品の出品:78¥ 1より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 動画を見るWMV形式

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • タイムホロウ 奪われた過去を求めて
  • +
  • ルクス・ペイン(特典無し)
  • +
  • ウィッシュルーム 天使の記憶
総額: ¥6,753
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B000W7QW7G
  • 商品パッケージの寸法: 13.8 x 12.4 x 1.6 cm ; 200 g
  • 発売日: 2008/3/19
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 19,292位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

●過去に未来がある
何かの原因で過去が変わってしまい、なかったはずの事件に巻き込まれていく家族・友人たち。主人公、時尾歩郎は「過去を変える力」を秘めた謎のホロウペンを手に入れる。ホロウペンの力を使って、自分の周りに起こったさまざまな事件を「なかったこと」にして「大事な人たち」を守っていくのだ。

Amazonより

何かの原因で過去が変わってしまい、なかったはずの事件に巻き込まれていく家族・友人たち・・・
主人公、時尾歩郎は"過去を変える力"を秘めた謎のホロウペンを手に入れる。過去に戻るのではなく「時空へ穴を掘り、過去を修正し、違う現在に変える」という、タッチペンを使った新感覚の謎解きシステムと、先の読めない息もつかせぬストーリー展開。過去と現在の時間軸を行き来する緻密に計算されたシナリオが楽しめます。
シナリオ監修は、小説家でテレビドラマや映画の脚本も手掛けている秦 建日子(はた たけひこ)氏が担当。
錯綜する歩郎たちの身に何が起こるのか…新感覚の過去修正アドベンチャー。


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 時間修正アドベンチャーの本作、「なかったことに」を
基に物語が進みます。
 中盤まではかなり盛り上がりますが、後半はどこか端折
った様なストーリーで単調に進み、何度も似た様な修正を
繰り返させられる作業感が拭えませんでした。
 二週目まで一応ありますが、全体的なボリューム不足は
否めません。壮大に見えて実は小規模で、ほぼ一本道です。
 ドラマで魅せている、とも言い難いです。と言うのも、登場
キャラクターの殆どが自分勝手な人達なので。
しかし主人公は真面目な子なので、その点は良かったですね。

 オープニングと時折挟まれるアニメーションは、人を選ぶ
かもしれませんね。私的にはアリだと思います。
 システム系統は充実しているとは言えませんでした。
文章速度、文章形態変更、バックログ、クイックセーブ無しで、
セーブ枠も一つしかありません。
 やり込み要素も無く、この手のゲームによくあるクリア後の
裏話、設定やBGM集、CGやアニメムービー鑑賞、キャラクター
デザイン原画等、全く収録されていなくて残念でした。

 私自身この手のアドベンチャーは大好物なのと、BGMが凄く
良かったと
...続きを読む ›
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 
いわゆるタイムリープモノです。

自分の家族と、友達の学生がメインキャラで
中盤までのストーリーは小さいながらもまとまっていて
学生+タイムループモノとして まあまあ楽しめるんです。

ところが終盤の展開が急に投げやりになって
まとまりというか、面白さがなくなってしまうんですね。
なんだかなーという流れになります。

終盤もう少し丁寧なシナリオにしていれば、評価は上がったかもしれません。
現状では、納得の中古100円ゲーです。

タイムリープの王道展開が多く、ところどころに光るものが
無いわけではないのですが。星3寄りの星2です。
 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
過去にタイムスリップするのではなく、過去の出来事を修正するという一風変わったアドベンチャーです。
割合的には
探索:会話:過去修正=4:5:1
といったところですかね。

ストーリー展開が上手で、時間を忘れてプレイしました。
ただ、総プレイ時間は余程迷わなければ10時間程度で終わります。一応2周目もありますが、本のおまけ程度です。
それでもソフト単体としてのクオリティーは高いので、興味ある方は買う価値ありです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自身の過去の記憶に纏わる事件を書き換えることの出来る能力「ホロウペン」を継承する一族の少年が主人公。
平凡な高校生の日々を過ごしていたはずが17歳の誕生日を前にして両親が忽然と姿を消してしまう。
しかも、昨日までいたはずの両親は12年も昔に失踪したことになっていて・・・・・・?
少年は両親を探し出すために手掛かりとなるアイテム「ホロウペン」を使って様々な事件の過去に干渉し、過去を塗り替えていくのだが・・・・。

映画「バタフライ・エフェクト」のゲーム版ですね、簡単に言いますと。
不幸な未来を変えるために過去に干渉して未来を違う方向へと向けるのだけれど、今度はまた違う問題が次々と出てきてしまう・・・というもの。
中途半端な変革は新たな問題の火種になる・・・ってことで、もっと「根本的な問題の解決を図る」必要があると気付かされることになる。

所謂、コマンド総当り式のアドベンチャーで、難易度は限りなく低い。
基本的にホロウペンの無駄遣いさえなければ「ゲームオーバー」も考えなくていい。
キャラは12人+αも登場するのだけれど、章の数が少なくて個々の登場の回数が少な過ぎてほとんど印象に残らない。
普段の街中も行ける箇所が少なく、行っても何もないという場所が多い。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
新感覚のゲームだったので、期待して買ったのですが…思ったより内容が薄くて5時間ほどで終わってしまいました…タッチペンを使う所もあまり自由がききませんし。ちょっと残念な内容でした。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー