中古品:
¥ 96
+ ¥ 0 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケース付きの商品になります。説明書に関しては、ほぼすべての商品にございますが、 一部の商品については欠品している場合がございますので、ご了承の上でお買いもとめください。 状態ですが、ディスクに動作に影響のしないキズがある場合がございます。 ケース・説明書に関しては、小キズ・ヤケ・ラベルの剥がれや破れ等の ダメージが一部もしくは、すべてに該当する場合がございます。 クリーニング・動作確認済みの商品になります。ご注文後、防水処理を行い、迅速にゆうメールにて発送いたします。 万が一、検品漏れによる不具合等があれば全額返金させていただきますので、ご安心してご購入ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プロ野球スピリッツ3

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 3.5 45件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 4,800より 中古品の出品:147¥ 1より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


登録情報

  • ASIN: B000EHVQRU
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2006/4/6
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 17,603位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

(C)2006 KONAMI
(社)日本野球機構承認 NPB BIS プロ野球公式記録使用 フランチャイズ13球場公認
※ゲーム内に再現された球場内看板は、原則として2005年プロ野球ペナントシーズン中のデータを基に制作しています。


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

スポーツゲームというのはプレーヤーの腕が最も反映し、かつ現実との比較があるので、バランス設定が難しいのはわかります。でもこのゲームは現実の選手のリアルさを売りにしている以上、やっぱり現実との比較をどうしてもしてしまいます。

見た目は中継を見ているような感覚にまで近づきましたが肝心のゲームとしては相変わらずといった感じです。最近のパワプロもそうですが、ボールの選球眼が異常なくらい良く、めったに振らないし、かといって外いっぱいの球を軽々スタンドに持っていきます。正直一人でやると本当にストレスが溜まるのが感想です。采配もハードスペックがあがってもCPUの思考はまだまだバカの域をでてないなぁと見た目がいいだけに感じてしまいました。

コナミの野球ゲームは歴史が長く、熟練者が多いのでCPUの強さに気を使うのはわかりますが、それを差し引いてもバランスはいまひとつのような気がします。対戦は文句ありませんが。

歴史の積み重ねがあってもCPUの進化はほとんどないのを見るとやっぱり難しいのでしょうか。

個人としてはゲームに野球本来のかけひきの再現を一番に求めているのですが、画像先行でCPUの思考回路の進歩はまだ先のようですね。

それでも「野球ゲーム」の中で見たら多分一番いい部類に入ると思います。現存のなかで選ぶならこの作品だなって感じです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前作買って気に入ったので買いました。

前作と比べて地味にグラフィックが良くなっています。
投球フォームやバッティングフォームなども前作と比べて地味にそれっぽくなっています。
難易度を自由にカスタム出来るのも素晴らしいです。

ただ、スピリッツモードが頂けません。
まず、音声付で喋ってくれる選手名が前作よりかなり減っている気がします。(もちろん新しく喋ってくれる選手も増えていますが)
選択できる投球フォームやバッティングフォームが、前作と比べて減っているのは頂けません。
覚醒チャレンジが出来るようになったせいか分かりませんが、野手を作る際に、
前作は表示された球の位置が表示されません。
この為に前作では”頑張ったら凄い選手が作れる”だったのに、今回は作れる気がしません。
”野手威圧感”のスキルを自力で取得出来る人なんているのでしょうか?

あと、パワプロ12シリーズからはオリジナル選手が流用出来るのに、何故か前作からは流用出来ません。
かなりショックでした。

今年メジャーに行く松坂等の選手はプレステ3の最新作では使えなくなるのでしょうか?
パワプロシリーズのように過去の名選手などが使えるようになれば、個人的には次回作は凄く楽しみな事になりますがどうなるんでしょうかね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 YOU87 投稿日 2006/4/21
僕は去年のものは買わず、一昨年のものを持っていたんですが、なんと殆ど変わっていない!!モーションのパターンがそのままなのは別にいいけど、もう少しバリエーションを増やして欲しかった。
しかも全然ホームランが出ない。そりゃあホームランばっかり出たらゲームとしてつまらなくなりますが、せめてもう少しホームランが出るようになったらいいと思いました。

で、COMのバッターの選球眼が良すぎ!そのわりには、クソボール振って三振する事もしばしば…。
ピッチャー交替もおかしい。ピッチャーの所に代打ないし代走を出した場合は、次にマウンドに上る前に交替が可能ですが、そうでない場合はわざわざ前のピッチャーがマウンドに上がった後に交替をします。これはおかしいです。代打も同じです。
つまり僕が言いたいのは、使っているシステムが以前のものと同じなら、たいして必要もないカテゴリーを作る前にそういったシステムをもっと改善して、バリエーションを増やして欲しかった。
というわけで、あまりオススメできませんが、決してダメな作品ではないです。ただこのままではダメになって行く気配が感じられますので、そのあたりの「変化」はPS3 に期待したいと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 speed 投稿日 2006/4/10
2の出来が素晴らしく、2をベースにした続編に大きな問題は無いと信じていましたが、あまりの退化に愕然としました。打球が遅く、ライナーが小フライに見えます。画面の切り替わりも遅くなっています。画面上に複数の選手が立ち回る時(バント処理時など)は強烈な天然スローモーション処理がかかります。これほどリズムの悪い野球ゲームは初めてです。

サウンドは趣味の問題ですが2の方が優秀です。ジャストミート時の効果音も「ポコ」のような、あまり爽快とは言い難い音に変更されています。

オリジナル選手の顔は既存の顔を選択する形から、パーツを組み合わせて作る形に変更されましたが、使えるパーツや斬新なパーツが乏しく、どれを組み合わせても前作の出来合いに及びません。

既報の通り選手データの方も西武ドラフト1位の炭谷捕手は登録されていません。今年盗塁王を取るであろう(と私は信じている)西武・片岡易之選手もなぜか走力が低下して(A覚醒同士でB->C)います。中村剛也選手のような昨年活躍した選手も一切上方修正されていませんし、同じく西武ファンの方にとっては大変辛い買い物になるかもしれません。

一度動きを確認の上で判断されるか、2をお持ちでなければ2をお勧めします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー