この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版 ハードカバー – 2008/4/2

5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 9,180 ¥ 7,480
ハードカバー, 2008/4/2
¥ 2,325

この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

監修者あとがき

本書は、Philip Kotler とKevin Lane Kellerによる Marketing Management, Twelfth Edition, Prentice-Hall, 2006の邦訳である。
原著であるMarketing Managementは、マーケティングを本格的に学んだ者であれば誰もが知っているマーケティング上級テキストの決定版である。コトラー教授が所属しているノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院をはじめとして、世界のトップ・ビジネススクールで広く採用されている。もちろん、我が国のビジネス・スクールでも、多くの大学院生が手にしているようである。
1968年に初版が刊行されてから今日に至るまで、Marketing Managementは12の版を重ねるに至っている。同一タイトルの書でありながら、版を重ねるたびに内容は充実しており、それぞれの時代の要請に合致したものとなっている。我が国においてもマーケティングのバイブルとして、多くの研究者や実務家に影響を与えてきた。
第12版の邦訳である本書の最大の特徴は、ダートマス大学タック経営大学院のケラー教授を新たに共著者として迎えたことである。ケラー教授はブランド研究や消費者情報処理研究における第一人者として知られているが、彼の知見が加わったことにより、Marketing Managementの魅力は飛躍的に高まっている。
本書のもう一つの大きな特徴は、口絵や図表を原著のままとし、原著に極めて忠実な訳書とした点である。第10版の邦訳においても、口絵のカラー写真は多数採用されていた。しかし、出版事情などの理由から、カラー部分は書籍の冒頭に集め、本文での図表は白黒となっていた。今回、原著のスタイルを再現したことにより、読者はMarketing Management本来の魅力を何ら損なわず、日本語によって読み進められるようになった。我が国のマーケティング・テキスト市場を考えると、一つのイノベーションとも言える変更である。

***
本書の監修作業にあたっては、早稲田大学大学院商学研究科に在籍する渋谷義行、安藤和代、下川菜穂子、石田大典、石井裕明、筒井博之、西谷有生、日比恒平の8氏の協力を得た。本書の監修作業は、2007年3月から始まったが、春休み、夏休み、さらには冬休みまで返上して、彼らは読み合わせの作業に参加してくれた。大学院生である彼らは本書の主要ターゲットであるが、彼らの忌憚のない意見やアイデアは本書の随所に活かされている。
最後となったが、第10版に続き素晴らしい翻訳作業を進めてくれた月谷真紀氏、校正段階で様々な調整役を果たしてくれたピアソン・エデュケーションの菊池きさ子氏に対して心よりお礼申し上げる。
本書により、我が国のマーケティング関係者に何らかの貢献ができたならば、監修者としてこれにまさる慶びはない。

2008年2月
恩藏直人

出版社からのコメント

本書は2008年4月に株式会社ピアソン桐原より出版された同名書籍を再出版したものです。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 1000ページ
  • 出版社: Pearson Education Japan for JP (2008/4/2)
  • ISBN-10: 4894716577
  • ISBN-13: 978-4894716575
  • 発売日: 2008/4/2
  • 商品パッケージの寸法: 23.2 x 18 x 5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 259,227位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
マーケティングに関して、基本的にこれ一冊でいい。

世の中に出ているほとんどのマーケティング関連の書籍は

この本の内容を切り貼りしているだけ。

ただ、1000頁ちかい大著だけに、躊躇すると思います。

しかも、それなりに読みこなす時間と多少の能力も

要求されます。

しかし、オンラインでビジネスをしている人にかかわらず

こういった、他人が読まない本を読みこんでこそ

差がつくのです。

下手なコンサル(私を含め)なんかよりも

よっぽど効きます。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
 こちらをご覧の方は、もうすでにフィリップ・コトラーが誰で、『マーケティング・マネジメント』という書物がどのような本かは十分にご存じのことかと思います。
 本書『コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版』は、今までフィリップ・コトラー氏が改訂を続けてきた『マーケティング・マネジメント』に初めて共著として、ケビン・レーン・ケラー氏が参加したものです。
 ケビン・レーン・ケラー氏は、ダートマス大学タック経営大学院の教授で、日本では『戦略的ブランド・マネジメント』『ケラーの戦略的ブランディング』(共に東急エージェンシー)などの著作が出ています。『戦略的ブランド・マネジメント』は、ブランド・エクイティの構築・測定・管理など、ブランドについて幅広く、深く、あらゆることが網羅され、体系化された書物であり、本書を監修された恩蔵直人氏が翻訳されているものです。ちなみに私は同書の冒頭25Pの「ブランディングはロケット科学ではない」という見出しが好きなのですが、本文を村上春樹風に翻訳して欲しかった。なお、『ケラーの戦略的ブランディング』のほうは、『戦略的ブランド・マネジメント』の第2版のうち、主要な部分のみが抜粋されて翻訳されたものであるため、しっかり読みたいという方には、2冊揃えて購読されることをおすすめします。
 さて、『マーケティング・マネジメント』
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SY 投稿日 2017/1/28
形式: 単行本 Amazonで購入
マーケティングの基礎~標準的な知識がしっかり身についていて、これからマーケティングの研究に入る人向き。
将来、マーケティングのプロを目指すなら持っておいた方が良い。
それから、このシリーズの本を買うならケラーとの共著になっているこの第12版以降を買うことをオススメする。

自分はこの本を読む前に有斐閣のマーケティング戦略(和田充夫さん達が執筆したもの)を読んでいたが、
このコトラ―・ケラーの本を読む前の、準備運動本(?)として良いと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
コトラーに出会ったのは1985年。マーケティング・エッセンシャルズでした。広告業界に入って、先輩から先ず進めれれたのが読書。”男は4度メシを食え”と。”朝、昼、晩と3度の食事と読書が4度目のメシである”と。で、コトラーをベースに、徹底的にマーケティングを叩きこまれました。
おそらく、コトラーも80歳近いのではないでしょうか。老いを感じさせませんが、ケラーが入ることによって、一層充実した内容になっていると思われます。
ただ、装丁や紙が立派過ぎるので、重くて通勤途中で読むことができません。
僕の場合、KINKOSで半分に製本し直して読了しました。
出版社もその辺を考慮に入れてほしかったです。
でも、名著には変わりありません。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
マーケティング関連の本は今まで何冊か読んでいましたが、何か細切れというか何となく分かったというレベルで、イマイチマーケティングを理解したとは思えていませんでした。
この本は分量もあるし、値段も張るし、内容も高度で自分には理解できるのか不安でしたが、他の方のレビューを読んで、周辺の関連本を何冊も読んでいるより、本物をガツンと読んで見た方がいいなと思い、チャレンジしてみました。

読んでみると、事例や写真も多いしすごく分かりやすく、また章だても工夫されているので今自分がどの部分を読んでいるのか把握するようにして読んで行くと、段々とマーケティングの把握度が上がって行くのを感じられます。読み終わってすごく自信がついたし、訳のわからない学術書なんかではなく、今の時代を把握した非常に価値のある本だと理解できました。

1000ページ近くありますが、300ページの本を3冊読むと思えば全く気になりません。ただ、やはり全くの初心者がいきなり読むのはやめた方が良いかもしれません。本屋にいけばいくらでもマーケティングの本は出ているので、その中から読みやすそうで全体観が書かれているものを何冊か読んでおいたほうが、この本の読む際のスピードも理解度も全く違ってくると思います。
とにかく読む価値ありなので、巷のマーケ本を何冊も読んでわかった気になっているような人は、ぜひこの本を読んでいただきたいです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー