この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

真田十勇士

プラットフォーム : FAMILY COMPUTER
5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
  • ファミリーコンピュータ対応ゲーム
  • ジャンル:和風・ロールプレイングゲーム
新品の出品:3¥ 4,650より 中古品の出品:24¥ 1より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • ASIN: B000068H03
  • 発売日: 1988/6/27
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 28,556位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

『真田十勇士』(さなだじゅうゆうし)は、1988年にコトブキシステム(ケムコ)より 発売されたファミリーコンピュータ用ロールプレイングゲームの傑作です。2005年には携帯電話向けのアプリにも移植されました。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

和風RPGの秀作ですね。味方の人数=普通のRPGで言うところのHPというのが珍しい。

史実の「大坂の陣」では家康を恐れさせた真田幸村(信繁)と、彼を支える「伝説の十勇士たち」が刀・槍・鉄砲といった武器による属性で統一された部隊を率いて戦うわけですが、どの敵に対してはどの部隊が強くて、どの部隊が弱いということが決まっているので、最適な部隊に敵の相手をさせなければならないわけです。

戦闘で減った味方は戦闘で「敵を味方に付ける事」によって補充していきます。
敵も「家康からの命令で〜」と名乗る敵と「名の有る武将とお見受けした。いざ、尋常に勝負」と名乗る敵と2種類いて、前者はまず味方にはなりませんが、後者は「話し合う」ことで味方に加えられます。

発売当時、「退却」のしんがりは足の速い「霧隠才蔵」の率いる部隊に任せると良い・・・なんていう情報がありましたが、実際は全くのデマ。敵の種類によって他のキャラのほうが無事に退却できる場合も多いのです。

ラスト直前で家康を追い詰めると、障子越しに映る影の描写で家康を討ち取ったことが判るというシブイ演出でした。後、十勇士の1人「三好清海入道」が女ってのにも驚きました。顔のグラフィックを見ても、弟の「伊佐入道」と兄弟(姉弟?)とはとても思えません(笑)。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 武田珍玄 投稿日 2007/11/25
江戸時代の講壇『真田十勇士』が元ネタのRPG。元々が大衆向けフィクションであるから十勇士のキャラクター付けに脚色があっても問題はなかろう。いわば真田十勇士の〈同人〉ゲームと言えなくもない。
それにしても最後まで徳川家康に抵抗した真田幸村という人物。徳川社会主義時代に『十勇士』などという講壇が作られるぐらいだからよほど庶民から人気があったのだろう。裏返せばよほど徳川の世に庶民が不満を抱いていたかが裏書きされる。何しろ江戸時代は日本人は海外渡航禁止であったし貿易は幕府が独占していたし海外渡航ができるような帆船も製造禁止だった。(要するに鎖国状態だが鎖国令という命令文はない)いわゆる〈千両船〉というのも江戸時代に出来たもので『それ以上の船は造ってはいけない』事実を意味している。こういうことをやっているからいざ〈黒船〉が来航すると腰砕け的に開国せざるを得なくなってしまう。
話が脱線しているがファミコンゲームとしては演出が凝っている印象。オープニングで手裏剣が『カッカカッ』と突き刺さる演出がカッコ良く、また戦闘から説得に入った時の神妙な感じが渋い。
システムとして十勇士にはそれぞれ戦闘以外の能力があり武器や兵糧の調達などが出来たり関所を爆破したりと芸が細かい。武器は異種属性の兵士を雇う時に必要となり兵糧の不足は士気の低下に繋がる。
出現する敵には伊賀・
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Ice Pick 投稿日 2010/4/28
このゲーム,普通のゲームとは異なる代物です.
こういう作り方もあるわな〜と感心してしまいます.

また,日本が舞台でドラクエの物語を作ってしまっているのにも感心しました.

真田十勇士という選択が素晴らしいのは勿論,マニア心をくすぐる憎い設定です.

素晴らしい!

その言葉しかありません.

お勧めです!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
携帯アプリでも遊べる

真田十勇士

グラフィックはしょぼいが

イベントグラフィックは

なかなか渋い

仲間が沢山いる

敵キャラクターに話しかけて

成功すると仲間になる

結構熱いRPG

だけど

ゴミくずのように死んでいく仲間達

戦いの醜さも垣間見える

そんなRPG
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告