中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙(表裏背)には軽微なスレやキズ汚れは見られますが、状態は良好です。中身の状態も書き込み・破れ等もなく良好です。クリーニング後クリスタルパックで防水対策をし、埼玉県から2営業日以内に発送致します。安心の全古書連組合員です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コッペリア (講談社文庫) 文庫 – 2006/7/12

5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

恋をした相手は人形だった。だが、人形はエキセントリックな天才作家自らの手で破壊されてしまう。修復を進める僕の目の前に、人形に生き写しの女優・聖(ひじり)が現れた。人形と女優が競演を果たすとき、僕らは? 日本推理作家協会賞受賞作家が新境地を開く、初めての長編ミステリー。(講談社文庫)

内容(「BOOK」データベースより)

恋をした相手は人形だった。作者は如月まゆら。だが、人形はエキセントリックな天才作家自らの手で破壊されてしまう。修復を進める僕の目の前に、人形に生き写しの女優・聖が現れた。まゆらドールと女優が競演を果たすとき、僕らは?日本推理作家協会賞受賞作家が新境地を開く、初めての長編ミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 384ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/7/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062754452
  • ISBN-13: 978-4062754453
  • 発売日: 2006/7/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 359,929位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
私は初めてこの著者の本を読みました。
著者の他の作品から入った人は作風が違うと感じられた意見が多いようですが、
私はこの本は秀作だと思います。
ストーリーは人形に関わる数人の登場人物の視点から
書き進められているのですが、さらっと素直に読んでいると、
後半「あれ?」と思いことになります。
私の勘違いかな?もう一度読み直してみないといけないかな・・・と、
自分の読解力の無さがそうさせるのかと不安になりましたが、
まんまと騙されたわけです。(ネタバレはできませんが)
全体にどんよりとしたストーリーですし、登場人物にいまいち好感が持てない
などの意見はありますが、後半にはストーリーの主役たちの成長も感じられ、
思い込んでいた冷たい親子関係も実は幼さゆえに誤解していたという
救われる面もあり、私は感動すらしました。
大きな盛り上がりはないですが、心理的サスペンス好きの方は
気にいるストーリーだと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
他の作品にくらべて雰囲気が異なることは他の方のレビューにもあるとおりですが、私はそれが心地よかったです。
この作者のほかの作品はちょっと善のにおいが強すぎ、じゃっかん説教くさく感じてしまうことあったので。。。
私の性格が悪いからかもしれませんが。
ラストにかけての主人公の気持ちの変化はこの作者らしい着地の仕方なので、だからこそちょっと残念。せっかく冒険しているので、もっとズバズバッと最後までいってくれてもよかったかな。ということで4つ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
人形には魂が宿っているのではないだろうか。そう思うときがある。

幼い頃暗い部屋に入ったとき、人形のほうを見るのが怖かった。

だが人形は時として人の心を癒す存在にもなりうる。この作品の中の

人形の果たす役割はとても不思議なものだった。なぜまゆらは聖によく

似た人形を作ったのか?だが、この真相よりも驚いたのは、作品自体

だった。思わず最初からまた目を通した。作品自体に隠されていた

ものに気づかなかった。これからこの作品を読む人には、じっくり

味わいながら読むことをおすすめしたい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
加納朋子さんといえばあの北村薫さんと並ぶ日常の謎を描く短編の名手なわけでお薦めの短編集としては「掌の中の小鳥」「ななつのこ」「魔法飛行」などどれもこれも心暖まるお話で嬉しくなっちゃうわけですが、今回はそんな彼女の初めて書いた長編小説。
どんな世界を目の前に展開してくれるのでしょうか。
物語は二つの視点から語られていきます。
その二人の主人公は聖(ひじり)と了(りょう)。二人の視点から交互に語られることにより物語は紡ぎだされ一遍のタペストリーのように編み上げられていきます。
これまで人形だけを愛し、人を愛する愛しかたをしらなかった了と他人との関係を演技の一部と捉えてしまう聖がお互いに向き合うことができるのかどうかがこの本のもうひとつの旋律だと思います。
二つの視点から語ることでよりその試みは成功しているかな。
おすすめです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
関係性の重なり具合が少々面倒…というか、読んでる途中で「まだるっこししいなあ、もお」になってしまった。
多分気持ちが急いていた時に読んだせいだと思います。
落ち着いて腰をすえて読めば良かったな。
が、「触るとひんやりとした感触。軽々と持ち上げられる。沈黙を持ってそこにいればいい」というお人形を愛しんだ人が「中身みっちり詰まってて、触ると温かい。勿論喋るし、トイレにだっていくし、飲み食いする。美しく微笑む事もあるだろうが、大変にイヤな表情を作る事もある」人間に嗜好を変えるのって可能なんだろうか?という気が読んでる間ずっとぬぐえなかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ストーリーのå†...容はタイトルの通りバレエの「コッペリア」そのままです。
人形。人形ã‚'作る人形師。人形に恋するé'å¹'。人形に扮するå°'女。
「人形」ã‚'軸とã-てミステリーがç¹"り込まれ、ストーリーが展é-‹ã•ã‚Œã¾ã™ã€‚主人å...¬ã®äººå½¢ã«æ‹ã™ã‚‹é'å¹'と人形に扮するå°'女のキャラクターもé­...力的で、同調はできないまでもå...±æ„Ÿã‚'å'¼ã³ã¾ã™ã
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック