通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コスプレ-なぜ日本人は制服が好きなのか (祥伝社新... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 迅速・丁寧に対応してお送りします。本体美品。郵メール便にて発送します。(322)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コスプレ-なぜ日本人は制服が好きなのか (祥伝社新書128) 新書 – 2008/9/26

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 3
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • コスプレ-なぜ日本人は制服が好きなのか (祥伝社新書128)
  • +
  • コスプレする社会―サブカルチャーの身体文化
総額: ¥3,305
ポイントの合計: 84pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

日本ほど制服(ユニフォーム)がもてはやされている国はない。
寿司職人までがネクタイを締め、お受験に付き添うママたちは誰もが「ブラック・フォーマル」がお約束。制服業界なるものが成立し、服飾界でかなりの市場を有するのは、みなが仕事中に制服を着ることを望んでいるからだ。
著者は、日本人の、これほどまでの制服好きの理由を、「思考停止」と「コスプレ」にあると喝破した。きっと、誰もが、仕事中は服装のことなど考えたくなく、その仕事のプレーヤーになりきりたい(コスプレ化)のだ。その考えを立証するため、関連業界に幅広い取材を行ない、今の日本を取り巻く制服の現状を次々と明らかにしていく。
制服を知ることは日本を知ること。本書は、制服を通して日本を考える、新しくてユニークな「日本論」です。

内容(「BOOK」データベースより)

制服って会社員だけのもの?いいえ、日本ではそんなことはありません。お受験ママも、寿司屋の板さんも、学生サークルも、みんな制服が好き。制服を着て、その役になりきっているのだ。わが国では制服は制度であり、文化である。制服を着ていれば安心でき、仕事がはかどり、顧客も喜ぶとされている。でも、それはなぜなのだろう。よその国でもそうなのか。日本だけの現象なのか。制服を通して日本人を知るべく、制服の世界を徹底取材した本書は、日本人のコスプレ志向に注目する。役を演じるのが好きな国民にとって、とても便利な道具なのだ。制服を通して考える、ユニークな日本論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2008/9/26)
  • ISBN-10: 4396111282
  • ISBN-13: 978-4396111281
  • 発売日: 2008/9/26
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 104,086位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
本著は、制服論だ。
「私たちは、社会的に求められ知恵る役割を自ら演じようとする傾向がある」。という意味で、本のメインタイトルは「コスプレ」となっている。
CA、ナース、OL制服、セーラー服、お受験ママ服。美容部員。
章ごとにそれぞれの制服の歴史、特徴と役割を分析している。

著者は、特に制服を着るOLとお受験ママには厳しい。
制服を着るOLに対しては、
・毎日、何を着て行こうか考えなくてすむので楽しい。
・私服が汚れなくてすむ
・通勤時に、好きなお洒落できる。
・気分を仕事モードに切りかえやすい。
以上の調査をもとに、
「彼女たちの賛成理由の中で、唯一『それは言えている』と納得できたのは、『考えずにすむので楽』という言い分だった。<略>手間を書けない、思考せずにすむというのは何と楽なことなのか。まさに思考停止の楽園だ」。
OLは甘やかされすぎだ、批判する。
次はお受験ママ。
著者は、カタログのモデルが、同じ服を10枚着ている写真を見る。しかし、実は10着が全く違うブランドだと知ることによって、
「お受験に臨む「母」は、控えめで知的で聡明であっても、個性的ではいけないのである<略>どんなに学校側が『お母さんの服装は関係ありませ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 コスプレというオタク用語を使い、正しいイメクラの消費者を批判するという、正にオタク差別者には絶対に書けない、制服フェチ批判。
 その中でも看護師の制服は海外ドラマファンが感心する内容。
 「この看護士、何で手術着を着ているんだろう。」と思っていたら、あの白衣は日本特有だと知って、納得。
 オタクこそ、正しいイメクラや制服フェチを棚に上げる凡庸な悪と戦う為に読んだ方がいい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
制服やナンチャッテ制服についての本であり,最近 「コスプレ」 ということばからうける印象とこの本の内容はかなりちがっている. しかし,スチュワーデスとかナースとか,学校の面接をうける子供の母とかの役割を演じるための服装としての制服の話であるから,アニメの登場人物を演じるための服装とそれほど差はないともいえるだろう. そういう意味ではやはり 「コスプレ」 の本なのだろう.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告