ココ・シャネル [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 国内正規品の開封品(レンタル商品ではありません)です。リーフレットあり。ケースに少しのキズあり。ディスクはキズもなくきれいな状態です。全体的にキズも少なくきれいな状態です。説明文に明記してある以外の封入物、付属品等はありません。クリーニング除菌後、クリスタルパックに入れて保護してあります。Amazon配送センターから365日24時間、迅速に発送されます。商品がお手元に届きましたらご確認ください。何らかの不備等がありましたら返品、返金等の対応をさせていただきますので評価前に一度メールでのご連絡をお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ココ・シャネル [DVD]

5つ星のうち 4.0 28件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 9,480 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、杜の都ストアが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 9,129より 中古品の出品:11¥ 4,200より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ココ・シャネル [DVD]
  • +
  • ココ・アヴァン・シャネル 特別版 [DVD]
  • +
  • シャネル&ストラヴィンスキー [DVD]
総額: ¥11,669
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: シャーリー・マクレーン, バルボラ・ボブローヴァ, マルコム・マクダウェル, セシル・カッセル, ヴァレリア・カヴァッリ
  • 監督: クリスチャン・デュゲイ
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東北新社
  • 発売日 2010/01/20
  • 時間: 138 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 28件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002V0CWBW
  • JAN: 4933364611659
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 29,593位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

“私は流行をつくっているのではない。スタイルを作っているの”

名女優シャーリー・マクレーンが、伝説の女性ココ・シャネルを演じる!

伝説の女、ココ・シャネルの真実の物語 ―― なぜ人々はシャネルに心惹かれるのか?孤児として育ちながらも、ファッションでの情熱と燃えるような愛をつらぬき、デザイナーとして頂点に立ったココ・シャネル。彼女の“スタイル”はいまなお、すべての女性の憧れであり、その潔い生き方や言葉は多くの共感を呼んでいる。歴史の中で様々な逸話が語られ、現実と虚構の間で揺れ動く、ココ・シャネル像。彼女の本当の姿を映し出した真実の物語が、ここに誕生した!

●生誕125周年を迎えた伝説の女、ココ・シャネルの真実の物語が日本中を席巻!
●主演は『愛と追憶の日々』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したシャーリー・マクレーン!
●ファッション界に革命をもたらした、数々のシャネルファッションが鮮やかに蘇る!
●本作の為につくられた衣装はココ・シャネル役だけで70着!他にもシャネルを有名にした数々のアイテム“ジャージー・ドレス、カメリア、ツイード・スーツ、シャネルNo.5”などの歴史的アイテムがつくられた背景とともに次々と登場!

<ストーリー>
1954年、パリ。15年の沈黙を経て、復帰コレクションを開催したココだったが、評論家や顧客たちに「過去から脱却できないシャネル」と酷評されてしまう。そんな時ココは、孤児からデザイナーとしての地位を築いた日々を回想する。それは自分のキャリアだけではなく、彼女を奮い立たせ、支え、勇気づけてくれた数々の愛の思い出でもあった・・・。


<初回生産限定特典>
・フェイクパール付シュシュ(シャネルがファッションアイテムとして広めた“フェイクパール”をあしらったシュシュ)
・アウターボックス

<特典映像>
メイキング映像(約13分予定)+日本版劇場予告(約2分予定)

※初回特典は数に限りがございますので、ご注文はお早めに。※初回限定版をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

デザイナー、ココ・シャネルの生涯を豪華キャスト陣で映画化。54年、パリで15年の沈黙を経て復帰コレクションを発表したココ・シャネル。しかし批評家や顧客から「過去から脱却できないシャネル」と酷評され、彼女はこれまでの日々を回想する。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ココ・シャネルの成功の過程を
主に私生活の面に重点をおいて描かれた内容でした。

ココ・シャネルの生まれや恋愛、仕事などを知ることが出来て、
とても興味深く観ることが出来ました。

そしてシャネル本人のプライドの高さが
服の権威的な雰囲気につながっているような気がしました。

他にもタンゴを踊るシーンはとてもスリルがあり見ごたえがあるし、
戦争が終わった時のみんなが喜ぶシーンにはグッとくるものがありました。

また彼女の愛した恋人が戦争から帰ってきて海辺で寝ているシーンがありますが、
彼が最初に出会った頃とは違って戦争を経験してきて疲れて老け込んでいます。

そんな彼を愛おしそうに見つめるシャネルは本当に愛していると
いった感じのリラックスして嬉しそうな表情を見せますが、
そこが私が特に注目して欲しいシーンです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ずっと気になっていたココ・シャネルの映画。
やっと今になって見ることができて
3本まとめてレンタルしてきました。

  ココ・アヴァン・シャネル
  ココ・シャネル
  シャネル&ストラヴィンスキー

このうち、2本目に見た本作
  ココ・シャネル

復帰後の1回目、2回目のコレクションを現在として
そこから過去を回想していく流れになっています。

キャストがもちろん全く違うため
演じる方や台本が違うと
エティエンヌ・バルザン
ボーイ・カペル
彼らの印象がだいぶ変わりました。
見比べてみるのも面白いと思います。

帽子からのスタート、そして帽子屋さんをはじめ軌道にのせていくところが
この作品では詳しく描かれています。
香水、シャネルの5番の名前の由来やロゴがどうやってできたかなども分かり
シャネルというブランドに対しての見方がものすごくわかった映画でした。

予告にもあったココ・シャネルの
「私は流行をつくっているのではない。スタイルをつくっているの。」
そのスタイルのもととなっている
彼女の様々なものに触れることのできる映画だと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 お気に召すまま トップ500レビュアー 投稿日 2016/7/23
ココ・シャネル(1883~1971)の伝記映画が相次いで作られた。こちらの『ココ・シャネル』(2008、アメリカ映画)は、あまりにもメロドラマになり過ぎている。孤児院を出てお針子をしていた25歳のシャネルが、大富豪のエチエンヌ・バルサンに見初められ、愛人として豪邸に囲われる話と、バルサンの親友のイギリスの実業家ボーイ・カペルが、シャネルに資金援助し、彼女を世に送り出すが、二人の恋愛は結婚直前まで行きながら破綻し、ボーイが事故死する悲恋の物語。実話だが、細部は創作だろう。シャネルの生涯の協力者であるアドリエンヌが、一方の映画では「姉」に、他方では「年のほぼ同じ叔母」になっている。出生や家族構成などの基本的事実も、シャネルが伏せていたので、よく分っていないのかもしれない。

メロドラマ過剰とはいえ、『ココ・シャネル』は、シャネルの服が新しい文化産業の頂点として君臨するまでの権力関係の凄まじさを垣間見せてくれる。映画は、1954年のシャネルの復帰コレクションから始まるが、そこに寄せられた祝電は、コクトー、ピカソ、ストラビンスキー、チャーチルなどすごい面々。シャネルのファッションは、ある種の「文化的権威」に裏付けられている。ケネディ暗殺のとき、横に立つジャクリーン夫人の服がシャネルだったというような、有名人によるファッションの物語が欠かせないのだ。シャネルは生涯結婚せず
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
見終わった後に充実感のようなものがあります。

じわーっと感動して、最後に少し涙がでる作品でした。

シャネルがどんな女性だったかよくわかります。

ブランドとしてのシャネルに全く興味はなかったんですが、この映画を観てシャネルに対するイメージが変わりました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す