通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ココロコネクト ユメランダム (ファミ通文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。h2305a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ココロコネクト ユメランダム (ファミ通文庫) 文庫 – 2012/2/29

5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ココロコネクト ユメランダム (ファミ通文庫)
  • +
  • ココロコネクト ニセランダム (ファミ通文庫)
  • +
  • ココロコネクト ステップタイム (ファミ通文庫)
総額: ¥1,988
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

――これで最後です、と〈ふうせんかずら〉は言った。

修学旅行を控えた9月末、太一たち二年生には進路調査票が配られていた。
部室で将来を見据えながら語るメンバーを見て、一人焦りを覚える太一。
そんな時、「――これで最後です」と〈ふうせんかずら〉が現象の終わりと始まりを告げる。
山星高校全員の願望が見える、その力を危惧した稲葉は、何もしないことを部員たちに強要。
しかし、見捨てることはできないと主張する太一と唯、反対派の稲葉と青木で意見の衝突が始まって……。
愛と青春の五角形コメディ第6巻!

内容(「BOOK」データベースより)

修学旅行を控えた9月末、太一たち二年生には進路調査票が配られていた。部室で将来を見据えて語るメンバーを見て、一人焦りを覚える太一。そんな時、「―これで最後です」と“ふうせんかずら”が終わりと始まりを告げる。山星高校全員の願望が見える、その現象を危惧した稲葉は何もしないことを部員たちに強要。しかし見捨てることはできないと主張する太一と唯、反対派の稲葉と青木で意見の衝突が始まって…。愛と青春の五角形コメディ第6巻。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 350ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2012/2/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047278394
  • ISBN-13: 978-4047278394
  • 発売日: 2012/2/29
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 305,717位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
<ふうせんかずら>により与えられた、彼曰く『ボーナスステージ』と称する力への
対応巡り対立する太一&唯と稲葉&青木そして中立の立場を取る伊織。
太一と唯が、青木に良かれと思って取った行動が、意外なバタフライエフェクトを
起こしてしまい、露骨ではないものの青木の怒りを買うくだりには、
「自分(とその取り巻き)さえ良ければいい」とは思わない青木なりの優しさを
窺い知ることができます。

過去のストーリーがそうであったように、本筋は決して超常現象ではなく、
超常現象がトリガーとなって気付かされた己の弱さや未熟さを如何にして克服していくのかが
重要なテーマであり、『自己犠牲野郎』こと八重樫太一が、夢中透視のコントロールが
利かなくなっていくさまを通じ、己のアイデンティティの無さに気付かされ、
自分はどうありたいのかを考え、悩み抜く姿を読み進めていくにしたがって、
読者であるいい歳こいたおっさんになった小生もまた、自分が今まで取ってきた行動は、
自身の確立したアイデンティティをもとに行われたものなのだろうか? 何も実態が伴っていない
という事実から目を逸らし、それを埋めるかのように表面的かつ薄っぺらい自分なりの正義
(偽善と言い換えても良いだろ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
一文で表現すると本当にタイトル通りとなるのですが、これだけでは些か語弊が生じるため、
以下にてなるべくネタバレを避けつつ説明してみます。結果的に長文になってしまいました、すみませんとだけ予め。

まず、そもそも本シリーズ1作目となるヒトランダムは、大雑把に言えば、
文研部5名という主役の1人である太一が周囲の皆を変えて(成長させて)いくという内容でした。
わざわざ1巻について説明したのは、今作がそれとはちょうど対照的になるお話だと思ったからです。
何が対照的なの?と言えば、先に説明したヒトランダムのときとは状況が真逆になります。

改めて一言で表しますと、“周囲の皆が、八重樫太一を変えていく物語”です。

これは言い方を変えると、ミチランダムのときよりもさらに
皆が積み重ねてきたものが結実するお話と言えます。
そのことや、残りが(暫定で)短編集2冊目+最終巻ということもあってか、他の方が仰るように、
やや過去の場面を思い出させるような描写が増えています。なので、内容を忘れちゃったという方は
これを良い機会だと思って、今作に着手する前に一度復習してみても良いかと思います。
また、扱うテーマとして、表紙のイラストからでもある程度イメージ出
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
毎回「ふうせんかずら」の引き起こす怪現象に文研部が振り回されるパターンがお馴染みの当シリーズですが
今作の大きな特徴は文研部を振り回すのが「ふうせんかずら」ではなく、文研部自身、それも主役の太一だという点です
前作の千尋同様「ふうせんかずら」に植えつけられた特殊能力が太一や稲葉ら二年生の五人それぞれの判断のもとに
その行使の是非を委ねられた事から表紙絵の分裂劇が引き起こされるのですが…

各巻で引き起こされた現象には共通する特徴として「自分自身」という境界線の揺らぎが在ったのですが
今回進路選択の時期を迎えて悩む太一に特殊能力の行使を通じて「自分の意志とはどこにあるのか?」という問いが突き付けられます
かつて稲葉に突き付けられた「自己犠牲野郎」という言葉の裏にある考えの無い善意がもたらす罠に堕ちた太一が
稲葉との関係が悪化し遂には危機的状況になった中で自分の意志をどこに見出すのかが今作のメインテーマです

そしてその裏に「ふうせんかずら」や「二番目」に関する最大の謎であった彼らの行動原理が見え隠れするのも
今作の裏のテーマとなっているように思われます

次巻が短編集、そしてその次こそがラストエピソードとなるまさにシリーズ佳境の一作です
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
良い話でした。自分のことが好きで、自分自身の夢や目標があって、自分で考えて決断できる。それがあって初めて、人を好きになったり、人のために何かをしてあげたりを、地に足をつけてやれる。そういうことなんだろね、きっと。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック