コクリコ坂から [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

コクリコ坂から [DVD]

5つ星のうち 3.6 289件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,691 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,385 (27%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 3,353より 中古品の出品:10¥ 2,300より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • コクリコ坂から [DVD]
  • +
  • 思い出のマーニー [DVD]
  • +
  • 風立ちぬ [DVD]
総額: ¥10,928
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 監督: 宮崎吾朗
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日 2012/06/20
  • 時間: 91 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 289件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B007JFCP2A
  • EAN: 4959241981547
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 1,155位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

ジブリの初恋。

ジブリがいっぱいCOLLECTION
企画・脚本・宮崎 駿 監督・宮崎吾朗
『コクリコ坂から』

<作品解説>
太平洋戦争が終わって18年、日本は焼け跡から奇跡の復活を遂げた。
そして、高度経済成長が始まろうとしていた時代に、復活の象徴として、日本は東京オリンピックの開幕を目前に控えていた。
人々は古いものはすべて壊し、新しいものだけが素晴らしいと信じていた。
煙突から吐き出される煤煙。道路をひしめく車の土埃。
人々でごった返す街。工事や建物の解体作業の騒音。
しかし、それでも海は青く、緑は輝き、空は広く、世界は希望に満ちてキラキラと輝いていた。
そんな時代に、横浜にあったある高校で、明治に建てられた由緒ある建物をめぐって小さな紛争が起きていた。古いけれど、歴史と思い出のつまった建物。
それを取り壊すべきか、保存すべきか。
ある高校生の男女が、そんな事件の中で出会い、心を通わせ、助け合って行く。
ふたりが見出した日本の“明るい未来”とは、何だったのか。
16歳の海と17歳の俊の愛と友情を横糸に、建物をめぐる紛争を縦糸に、この物語は、まっすぐに生きる高校生たちの群像をさわやかに描いてゆく―。

【商品仕様詳細】

<仕様>
片面2層 2枚組(本編ディスク+特典ディスク)/アマレーダブル/ピクチャーディスク/MPEG2/NTSC、日本国内向け(リージョン2)/複製不能、マクロビジョン

<画面サイズ>
16:9ワイドスクリーン

<音声>
日本語(2.0chステレオ/ドルビーデジタル)
日本語(5.1ch/DTS)

<字幕>
日本語、英語

<映像特典>
●絵コンテ
●予告編集

<同時発売>
『コクリコ坂から 横浜特別版 (初回限定) (ブルーレイ)』
『コクリコ坂から 横浜特別版 (初回限定) (DVD)』
『コクリコ坂から (ブルーレイ)』

※商品情報は変更になる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スタジオジブリと宮崎吾朗監督が、親子2世代にわたる青春を描いた長編アニメ。太平洋戦争が終わって18年。明治に建てられた歴史と思い出の詰まった高校をめぐり、小さな紛争が起こる。そんな中、ある高校生の男女が心を通わせ助け合っていく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
16歳の少女 「海」 が
 朝 むくっとおきて 
いつものように 着替え
いつものように 髪を編み
いつものように 父に花を捧げ
いつものように 朝食の用意をする・・・

その ゆるぎない 「強さ」が 大好きです

自分が 揺らいでくるとき このDVDを 観ます。

ひとつ ひとつの 日常を しっかり生きている・・・
「いいなあ」と ただ、思います。

この まっすぐな強さは
「本当に 大切なもの」を 見失わない強さだと 思いました。

辛いことがあっても 心が 騒いでも
また、中心に戻る その強さ・・・

ジブリの主人公は みんな素敵です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
学生運動と兄妹愛のお話だと聞いていたので、視聴して驚きました。
部活棟など青春や恋愛のお話ですね。
政治的な小難しい感じなのだと思っていました。

ジブリの独特なファンシーできれいな絵で、なんだかファンタジーぽい雰囲気。
カルチェラタンて部室棟も少しハウルの城ぽくて、もはや私にはファンタジー世界でした。
昭和っぽい感じのリアルに土くさいイメージは、あまり感じません。
上を向いて歩こう、は昭和だけど、他の挿入歌はハウス系で昭和らしくないし。

兄妹愛は韓ドラ的ですが、当時ではありそうな空気なのでアリかなと思えました。
長澤まさみさん、まるで別人の声に聞こえてびっくりしました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
「コクリコ」という意味は、フランス語で「ヒナゲシ」という意味です。

ビデオは持っておりますが、昨晩TVで「コクリコ坂から」を久しぶりに見ました。

だんだんと味が出てくるというか、面白さが倍増になっているような気がして楽しめました。

海ちゃんが旗を揚げてお父さんが無事で帰ってくる気持ちには、所々で涙がこぼれそうでした。

そして、真面目さ、優しさ、家事をこなす。自分の将来の相手の理想像です。(うらやましい)

映画館では3回見ましたが、さすがにエンディングは涙でした。さすがに葵さんの歌声(ノーカットではないのが残念!!)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
まずはジャンルに関しては注意がいるかも。子供が見てもさすがに退屈そうというか。
ジブリ作品とはいえ、ラピュタや、もののけ姫や、千と千尋など、ファンタジー系な大作とは一線を画する作品。
ファンタジー色は一切ありません。デッカイモフモフした生き物も出てきませし、動物もしゃべりませんし、飛行船で大空を~も無いです。
落ち着いたシリアスなヒューマンドラマといった感じ?
なのでジブリの大作系なんかを求めてる人には退屈に感じる作品かも。

舞台は1960年代の横浜だったかな?
その頃を舞台とした学園青春物語。それ系の作品としてはなかなか良く出来てると思います。
時代背景というか、時代の雰囲気が物凄く良く出てる作品です。
(青春時代を経験した年代の人向けでしょうかね。懐かしむような)

脚本を駿さんが担当したのもでかかったのかな~。
この辺は吾郎さんは少し心配でしたが(苦笑)  お話はハッキリ言って面白いです。よく出来ていると思います。
時代は違えど多くの人が甘酸っぱい青春に共感出来るでしょうし、
戦争時の複雑な出生事情と、それに苦悩する主役2人の(恋愛)物語にも引き込まれるかと思います。

舞台背景。出てくる建築物や60年代の町並みもと
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2015/10/21
形式: DVD
耳をすませばより少し大人向けなのかも知れません。お互いに同じ気持ちでも…好きとは言えない(法)。でも気持ちは伝えたいそんな純粋な気持ちに若い頃の恋愛を思い出しました。レトロな雰囲気も昔はこんな感じの恋愛なんだなぁと思いながら見ていました。見た目で、これを見よう!とはならないかもしれませんが見出したら止まりません。良作です。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
ゲド戦記は怖い画が多く、何もジブリで無くてもいいのではと思う作品でした。(でも初監督であれだけ出来るのも凄いと思いました)
このコクリコ坂からは魔女の宅急便、耳をすませばと並ぶお気に入りのジブリ作品になりました。とても好きです。

私は昭和60年代生まれですが、そんな自分でもなんだか懐かしくなる街並みと音楽が好きです。ご飯を作る動き、新聞を刷る動き…日常の動きを丁寧に描写していて、よく出来てるなぁと思います。これが全て手描きなんだと思いながら見ると感心します。

派手なアクションだとか恥ずかしげもない恋愛の様子だとか、そんなものは今のアニメーションや漫画には当たり前なので、逆に、日常やほのかな恋心を丁寧に描いたところが新鮮で貴重なのではないかなと感じています。
そして吾朗さんの作品と言えば手嶌葵さん。癒しの声が歌う『さよならの夏』は涙が出ます。ただ優しいだけでなく、凛としたものを感じさせる声が好きです。
お父様が巨匠で有名過ぎて、しかも同じ職業なので比べられる事が多く大変だと思いますが、吾朗さんの次のジブリでの作品を観たいなと願っています。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...


フィードバック