中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★防水梱包により迅速(即日・翌日)に発送いたします。☆良好:『表紙カバー』付属しきれいな状態ですが、一部表面にスレと使用感がみられます。☆「書き込み」ありません。★万が一不着などの場合、迅速に対応いたします。宜しくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゲーム理論トレーニング 単行本(ソフトカバー) – 2003/3/11

5つ星のうち 4.1 54件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

 『頭がよくなる論理パズル』などのパズル本で定評のある著者が、パズル形式でゲーム理論を解き明かした、注目の1冊。交渉や売買、投資など、さまざまな分野に応用可能なゲーム理論の基礎を、初心者でも理解できるように極めてわかりやすくかみ砕いている。

   注目したいのは、頻繁に登場する簡単なクイズを解くことで、ゲーム理論を徹底的に理解し、応用する力が身につく点。株式投資や戦争、将棋、ピッチャーとバッターなどの例を通して、「ミニマックス戦略」や「囚人のジレンマ」「ナッシュの均衡」などを学ぶことができる。もちろん、著者がパズルの大家だけに、クイズの内容も興味深い。

   クイズと解説でカバーできなかったトピックに関しては、「豆知識」と称したコラムで解説されており、ここでゲーム理論の発展の歴史についても大まかに理解することができる。

   ゲーム理論の解説書は数多くあるが、本書ほど簡潔にまとめられたものは珍しい。教養として押さえておきたい人や、日常のビジネスシーンで活用したい人には、うってつけの1冊と言えるだろう。(土井英司)

出版社からのコメント

勝負頭脳を鍛え上げる!
投資でも戦争でも、勝負(ゲーム)に勝つためには、戦略や駆け引きに強くなくてはならない。そして戦略や駆け引きを科学的に追求したのが「ゲーム理論」である。本書は、これまで理論書ばかりであった「ゲーム理論」を、問題集形式で実践することにより、読者を確実に「勝負に強い」「ゲーム巧者」に変える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 296ページ
  • 出版社: かんき出版 (2003/3/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4761260785
  • ISBN-13: 978-4761260781
  • 発売日: 2003/3/11
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 54件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 60,016位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
誰でも気軽にゲーム理論のごく一端に触れることができる本。クイズは楽しいし、ちょっと脱線した雑学的話題も興味深い。ゲーム理論のパズル的側面から、読者の頭脳を刺激することは間違いない。ただし、それらはゲーム理論の本質とは別のものだ。出来るだけ幅広い読者をターゲットにしたいという意図はわかるが、あまりにも平易に記述しているためか、「ゲーム理論ってなんだろ?」という私の購入動機でもある素朴な疑問に答えてくれない。一般向けの解説として面白い本だが、素人の私から見ても、ゲーム理論の入門書としては物足りない。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 茶野篤 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/2/28
形式: 単行本(ソフトカバー)
古本で非常に安く手に入れることができました。得しました。

低評価のレビュアーさんもいらっしゃいます。
確かに、ゲーム理論を"勉強"するための本としては全然ダメです。
でも、この本のタイトルは”トレーニング"です。
目指しているのはできるだけ多くの非専門家に実践的な知識を習得してもらうことであって、正確な理論の習得ではありません。
世界政治、野球、恋愛、御伽噺などなど、多彩な練習問題を解きながら読み進んでいくことによって、ゲーム理論的な方法による問題解決や意思決定の手法が自然に身につくようになっています。
何よりも読み物として面白く、最後まで飽きずに読み通すことができました。

「単に価格さえ上げればよいという発想では、経済のコントロールはできない」p251
「『テロリストとは一切交渉しない』という方針をイスラエルは貫いている…平和な日本と違って、常に隣国との紛争の絶えない国では、その方が『国家と国民の利益』だという苦渋の決断」p265-6

後半に2015年の今日にも通じる記述があり、どきりとさせられました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
『囚人のジレンマ』や『ナッシュ均衡』、『投票のパラドックス』など、経済学に影響を及ぼした理論を解説した教養書。これらの理論をもとに、ゲームで必要なかけひきを学ぶことを目的としている。簡単な問題を少しずつ難易度を上げて解きながら読み進む形式で、万人が短時間で読破できる。

基本的には良書と思うが、きわめて初歩的な記述が大半を占めていることと、あたりまえすぎる問題もいくつかあること、さらに単純な表や挿絵に大きなスペースを割いていることで、300ページ近くの厚みほどの情報はない。もう少し要約してもいいのではと感じた。ゲームに有効な理論の基本は、大きな勝ちを望むよりも負けを最小に留めることが重要としていて、株取引の損切りを具体例に挙げている。また、キューバ危機などで米国がとった戦略など、歴史的な事件をゲーム理論に当てはめて解説している。囚人のジレンマで最強のプログラムはしっぺ返しという単純戦略であるが、これは負けないための理論であって、総得点では上回る反面、他の個々のプログラムとの直接対決においては勝てる確率が少ないなどの問題点もある。帯にある『恋も仕事も戦争もかけひき上手が勝つ』とあるが、本書にある状況が日常生活で見られることは少ないように思う。

一般的な教養を得る程度の目的で軽く読む本。面白い問題もいくつかあるが、値段がやや高めであることなどを考慮して星3つ(3.5くらいが妥当)とした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
~確かによくできた入門書だと思う。しかし、途中から「ゲーム理論の解説」そのものよりも、その解説のために素材として持って来たはずの現実問題に対する「著者の主張」が強くなりすぎて、後半頃から少々飽きが起き始める。
~~
経済のグローバル化への言及など、現実の運びが何より雄弁にその理論を否定して見せた事例に関してもそれを無視して(?)理論だけを展開してしまうようなパターンに陥ってしまうと、さすがにほとんど本を閉じかけてしまった。
~~
そうした主張を持つこと自体はかまわないし、本にするのもかまわないだろう。しかし、この場すなわち「ゲーム理論の入門書」でそれをやってよいのか、ということである。
~~
その点さえ抜きにすれば格好の教材であっただけに、大層惜しい作品であった。せめて星3つと行きたいところであるが、あまりに後半の箍の緩み具合が無視できない。恐縮ながら1つ下げさせてもらった。~
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー