Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 3,000

¥ 240の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[あすな こうじ]のゲーム作りのはじめかた Unityで覚える企画からレベルデザインまで
Kindle App Ad

ゲーム作りのはじめかた Unityで覚える企画からレベルデザインまで Kindle版

5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 3,000
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,240 ¥ 833

紙の本の長さ: 512ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

バンダイナムコスタジオのプランナーが伝授

※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

どうすれば、おもしろいゲームが作れるのか? アイディアを考える。企画書を書く。そしてプログラミング。さらに、おもしろさを生み出すレベルデザインまで。 現役ゲームプランナーが現場のノウハウを惜しみなく披露、普通のゲーム開発本とは一線を画す一冊!

●目次
第1章 Unityの基本
第2章 GameObjectとRigidbodyとPrefabと
第3章 おもしろさの作り方
第4章 軽いゲームを作ろう
第5章 アクションゲームの企画
第6章 アクションゲームのプログラム
第7章 アクションゲームのレベルデザイン
第8章 パズルゲームの企画
第9章 パズルゲームのプログラム
第10章 パズルゲームの連鎖を作ろう
第11章 パズルゲームのレベルデザイン
第12章 フィールドアクションの企画
第13章 フィールドアクションのプログラム
第14章 フィールドアクションのレベルデザイン

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

内容(「BOOK」データベースより)

アイディアを企画書にしてからプログラミング、そしておもしろさを生み出すレベルデザインまで!バンダイナムコスタジオの現役プランナーが伝授するゲームをおもしろく作る方法!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 114397 KB
  • 出版社: SBクリエイティブ (2014/6/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00QJINRJ8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 72,637位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
Unityを使っておもしろいゲームをどうすれば作れるかを学ぶ本です。「おもしろいゲームの定義」とは本の中でも解説されている通り、男女や世代、その人の生活環境によっても異なります。ゲームをおもしろくギミックも考えると、無限に出てくるゲーム案をどう組み合わせるのが良いのか、非常に奥の深い分野です。それらが様々なイラストを使って解説されており、楽しいしわかりやすい。ゲームが好きな読者であれば、これまでやってきたゲームのことを考えながら、解説を読めるのではないだろうか。

おそらく、この本を手に取る読者が期待していると思われるUnityについての解説について触れると、「ゲーム作りのはじめかた」のタイトルから、推測するとUnity全く初心者でも大丈夫と誤解しそうですが、最低限基本操作は覚えていた方が良いです。なぜなら、いきなり「Cubeのpositionを0,-1,0」にしてください。という一文だけが出てきて、対応しなければなりません。
もし、この意味がわからない場合は、Unityが全く初めてであれば、SBクリエティブから出ている「Unity4入門」をおすすめします。

しかしながら、全体的なUnityとしての情報は、基本的なことが最小限に省かれている一方で非常に濃い内容になってます。ゲーム作りに必要な数学の解説もイラストを使いわかりやすくな
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
レベルデザインなどのデータの持ち方、チューニングの思想などゲームの作り方が垣間見れます。

ゲーム制作なのでプログラムが大半になりますが、プログラムに関するフォローも最低限してくれていると思います。
プログラムの説明というよりは、何をしようとしているかの解説になってます。

良書です。

Unityの使い方については限定的でこちらは主ではないのでその辺は勘違いないほうがいいですね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まだ途中までしか読んでいませんが、プログラミングを含む、ソフトの使い方と、「ゲームを企画・開発する」こと全体を、現役のプランナーの目線から綴っている、大変興味深い本です。

 逆に言うと、企画という仕事は、単に斬新なアイデアを思いつくことだけではなく、企画を通すための画面やサンプルぐらいは自分で作れるぐらい、何でも屋でないといけないのだなとも思いました。

 実際に手書きで書かれた「一枚企画書」の紹介から、「レベルデザイン」など、ゲームの面白さや飽きさせない工夫を考える工程のことまで、具体的なプランナーのお仕事もよくわかります。

 少し高いですが、本のサイズが大きくて書面構成にゆとりがあり、パソコンを触りながら読むにも向いています。中小のゲームメーカーの現状もかいまみえるコラムや、対談もあって、飽きません。

 「ゲームが好きで、なんとなくゲームを作ってみたいけど、何から手をつけていいかわからない」という人が、「最初の一歩」として「自分だけのオリジナルゲーム」を完成させるきっかけになる良書だと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
同じくバンダイナムコの方が執筆されている
「ゲームの作り方Unityで覚える遊びのアルゴリズム」とは
姉妹本という位置づけの一冊のようです(あとがきより)。

<本書の内容について>
・解説写真などで使用されているUnityのバージョンは4.34。
・使用されている言語はC#。
・写真や図などはモノクロです。
・DVDは付属していません(サンプルデータはサポートサイトからDLする方式です)。
・作例で製作するサンプルゲームは3つ(製作途中と完成品プロジェクト、
 WebPlayerで遊べるパッケージが付属。本書の特設サイトでも動画が見られます)。

<内容についての感想>
上記の姉妹本と比較すると
より読みやすい平易な内容ですが内容が薄いわけでもありません。
コラムなどの読みものも多くて読みやすい一冊となっています。
「思いついたアイディアをどうやってゲームという形にしていくの?」
「ゲームをもっとおもしろくするためにはどうすればいいの?」
という部分について、より深く焦点を当てた話が書かれています。

対象読者としては
「Unityについても
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover