Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,980

¥ 238の割引 (7%)

ポイント : 84pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[久富木 隆一]のゲームアプリの数学 Unityで学ぶ基礎からシェーダーまで
Kindle App Ad

ゲームアプリの数学 Unityで学ぶ基礎からシェーダーまで Kindle版

5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,980
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,218 ¥ 5,537

紙の本の長さ: 300ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

見てわかる! 動かして覚える!

※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

ゲームアプリの開発に必要な数学をこの一冊で! Unityによるサンプルプログラムを実際に動かすことで、数式がどのようにゲームのグラフィックスに適用されるか、直感的に理解できます。

また数学の基本のみならず、

・OpenGL ES 3.2の3Dグラフィックスパイプライン
・GPUアーキテクチャー
・iOS/Androidスマートフォン向け最適化

なども解説。プロのスマホゲーム開発者にとっても有益な一冊です。

●目次
第1章 三角関数
第2章 座標系
第3章 ベクトル
第4章 行列
第5章 座標変換
第6章 クォータニオン
第7章 曲線
第8章 ゲームアプリの環境
第9章 シェーダー

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

内容(「BOOK」データベースより)

見てわかる!動かして覚える!Unityによるサンプルプログラムでゲームアプリの開発に必要な数学を徹底解説!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 130405 KB
  • 紙の本の長さ: 303 ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2015/9/18)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B015IDHRH2
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 33,628位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
Amazonでは無く本屋さんで購入しました。

この本はUnityの使い方云々よりもゲーム数学に着目しており内容もUnityはおまけ程度の扱いです。

正確には本で説明したことをUnityで実行して確かめる的な立ち位置です。
従来のUnity本とは違い、さらに深いところつまりはUnityありきのゲームでは無く(ある意味)本当のゲームについて(高校の内容程度の)数学を図を用いて紹介してる感じです。

ですのでここでの知識というのはゲーム本来土台となるものでUnityが廃れてしまった後でも残る知識だと考えています。

個人的には、

component取得してゴニョゴニョできる
接触判定をとってif文にかけてゴニョゴニョできる
アニメーションをコードから弄くれる(SetBool等
インスタンスしてプロジェクトビューからオブジェクト呼び出せる
音鳴らせる などなど
これらを駆使して1通りのゲームができる(やろうと思えばできる)

でも……
math関数を使って数式立てたり
今まで適当に使ってきたVectorや座標変換って?
Rotate?Quaternion?って人は是非この書籍
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
英語の文献をそのまま翻訳したのかわからないが、用語の解説がやたらと文字が多くて遠回しでわかりづらい。
用語だけを拾い集めてネット検索してわかりやすい説明を集めるのは良い。
著者が東大法学部卒業なので、何を血迷ったのか六法全書を技術書に移植したような感じがする。
そのせいか数式も途中式が端折り過ぎてるので、やたらとムダに長い説明を簡潔な文にしてそちらにスペースを割けば良いと感じた。
やはり専門の方が書いた、さすがオライリーの「実例で学ぶゲーム3D数学」や「ゲーム開発のための数学・物理学入門」のほうが読みやすい。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
Unityのシェーダーについて書かれた本を探していてこの本を買いました

内容に関してですが、プログラム寄りではなく数学寄りです(書名にそう書いてあるんですがね)。実践より理論と言った感じですかね
結論から言うと本来の目的であるシェーダーについてはあまり詳しく書いていませんでした

しかしながら、3Dを扱うプログラムに必要な数学の知識については一通り纏まっているので、3Dモデルを動かそうと考えている人は持っておいて損はないと思います
また、単語全てに英語表記が括弧書きされているので変数の命名に頭を悩ませるプログラマーにとっては有難いのではないでしょうか
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sire VINE メンバー 投稿日 2016/8/2
形式: 単行本
三角関数から始まり、ベクトル、行列と変換、クォータニオンなどUnityをはじめとした3Dの開発に必要な数学の基礎がバランスよく載せられています。

バランスよくとは、天下りに公式を主張するのではなく、その概念を丁寧に伝えようとしている点です。例えば内積の定義の前に、内積という演算には何が求められるのか、こうした点を数学を学び直す読者を対象に、最低限の部分をおさえて扱ってくれています。

Unityとの関連として、各章で一通りの数学的な説明のあと、Unityのコードではどう書くのか、パフォーマンスを下げないためにどうすべきかという点が載せられています。数学とUnityは7:3くらいなのも読みやすくバランスがよいです。

数学の用語には一つひとつ英語も併記され、Unityのプロパティなどが英語なので助かりますし
フルカラーの体裁が意外と読みやすさに繋がっています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover