通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゲームの教科書(ちくまプリマー新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので多少の使用感あります。【帯無】【表紙】キズ・クスミ・ヨゴレ・スレ・少々あり【本文】書込等ございませんが、折込1p程あり≪検品には万全を期しておりますが、状態説明に錯誤・瑕疵等ある場合は、ご連絡頂ければ対応させて頂きます≫簡易クリーニング済みで速やかに、日本郵便のクリックポスト、又はスマートレターにて発送いたします☆彡
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ゲームの教科書(ちくまプリマー新書) 新書 – 2008/12

5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 226

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゲームの教科書(ちくまプリマー新書)
  • +
  • 僕たちのゲーム史 (星海社新書)
  • +
  • 教養としてのゲーム史 (ちくま新書)
総額: ¥2,570
ポイントの合計: 125pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人気ゲームの作者が、ゲーム開発の秘密をぜんぶ教えます。プロになりたい人から教養として知りたい人まで、ゲームの「全体像」をつかめる一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

馬場/保仁
1969年生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。修士(政策・メディア)。97年からSEGAにてゲーム制作に従事

山本/貴光
1971年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。94年から2004年までコーエーにてゲーム制作(企画・プログラム)に従事。ゲーム作家、文筆業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2008/12)
  • ISBN-10: 4480688021
  • ISBN-13: 978-4480688026
  • 発売日: 2008/12
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,251位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 ちくま新書のスピンオフ的な位置づけとして創刊したちくまプリマー新書。高校生向けという体裁のレーベルだが、この題材はすごくこのレーベルにあっていると思う。今やソフトだけでなく、小島秀夫などゲームクリエイターの側にも魅力的な存在を何人も排出しているからだ。本書はゲームを作る人になるための教科書。

 教科書だから、話も原理的なところから始まる。第一章ではまずゲームとは何なのか、ヴィデオゲームに限らずゲームというものについての根本的なところから問いかける。そんな一章のエコシステムや潜在性の話はそれだけでおもしろいが、第二章からは実践的なゲーム開発の手順を追っていく。また職種別にも、プロデューサーやディレクター、プランナー、プログラマそれからテスターまで(!)仕事の内容とそれぞれの特性を紹介してくれている。

 さすがにどっぷり現場の人なだけに、現場でまきおこるきわめて具体的な問題を、余すことなく論じてくれている(といってもだいぶ削除したらしいが)。「最も痛恨なことは、紙の上で想像していたときにはなんとなくおもしろそうに感じられていたゲームのアイディアをプログラムで動かしてみたら、『そうでもなかった』」とあるが、そういうのも実際にあったのだろう。想像するだけで気まずい現場なのはわかる。これを読んでいるとゲームを作る現場というのは思いのほか、コミュニ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ゲームの分析、ゲームの作り方などはゲーム好きにはもってこいの内容になっている。

それだけでも読む価値はあるのだが、題材であるゲームを他の仕事に置き換えるとどんな職種にも共通する理念というか、姿勢について書かれているので、これから仕事を始める方にも読んでもらいたいと思う。

内容がよいので、ぐいぐいと本に引き込まれあっという間に読破してしまった。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ゲーム=楽しい=就職したい!
と考えている学生・社会人は多いと思う。

本書では、あまり語られることのないゲーム開発の現場を、実際にヒット
ゲームを開発した当事者の視点で、不都合な部分も隠さず、正直に書いて
いる所に好感が持てる。

特に、「或るゲーム開発者の一日 3 マスターアップ直前の末期」は必読。
私もIT業界に身を置いているが、その内容は、ゲーム業界だけではなく、
IT業界全般にあてはまるものだった。

この内容を読んでも、「それでもゲーム業界を目指したい!」という気持ちを
持っている人が、きっと、将来のヒットメーカーになるのだろう。

著者は、「将来ゲーム開発者になってみたいと考えている読者」を念頭においているが、
『IT業界を目指す人全員』に、読んで欲しい一冊。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
「ゲーム好きで、キャリアとしてのゲームを考えている人」が対象の本と想定して読みましたが、あまりにも固い内容に驚きました。ゲームとは、ゲームの開発とは、ゲームに関わる仕事に向いている人物とは、と、主要な項目は抑えてありますが、あまりにも口調が淡々としていて、「キャリアとしてのゲーム」に魅力を感じられませんでした。「業界人以外は知らない、とっておきのエピソード」とか、「◯◯開発中に起きた思いがけない出来事」などの挿話、そして他のレビューワーの方も指摘しているところですが、いくつかの図版があれば良かったと思います。これでは、「キャリア・デーに学校に来たゲームクリエーターの人の話」のようで、わざわざ若者が自由時間に読む本、という感じではないと思います。ゲーム業界は、マンガ業界のように誤解されやすい(「遊びが仕事」、という点で)業界かと思いますので、こういう紹介本という試み自体はいいと思うだけに残念でした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 p 投稿日 2012/10/8
形式: 新書
テクニカルなゲームの作り方ではなく、ゲームをつくる為には
何が必要で、どういう経緯を辿っていくかを具体的に詳述した本

業界を知る人間によるものなので、結果的に業界へのキャリアの
作り方、目指し方が簡単に理解できるようになっている。

この本の魅力は徹頭徹尾具体論であるため、ハウツー本のような
物足りなさや帰納的な曖昧さがないこと。
個別のスペシャリストの記述もとてもいい。
ディレクターとプランナーの違いも分からない僕のよう者にはとても
新鮮だった。

業界を目指す人の一里塚にも即使えるのではないだろうか。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー