中古品
¥2,703
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯付きです。概ね良好なコンディションです。中古商品の場合、多少の使用感があるものとお考え下さいませ。全ての商品はAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインに基づいて出品を行っておりますため、状態に関するお問い合わせにはお答え致しておりません。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ゲームと犯罪と子どもたち ――ハーバード大学医学部の大規模調査より 単行本 – 2009/5/22

5つ星のうち3.5 7個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,703
¥2,703
お届け日: 7月10日 - 12日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

米国政府から150万ドルの予算措置を受け、多くの分野からハーバード大学医学部精神科に集められた研究者たちが、ゲームが子どもに及ぼす影響を2年にわたって詳細に検証。歪められたゲーム批判から、問題の本質を発掘する。「子どもの味方」をアピールしたい政治家、めざましい成果を発表して世論に迎合したい研究者、ドラマチックな見出しを求めるマスコミへの、実証的で痛烈な反論の書。

著者について

ローレンス・カトナー、シェリル・K・オルソンの両博士は、ハーバード大学医学部精神科に所属。ボストンのマサチューセッツ総合病院精神科を拠点とするメンタルヘルス・アンド・メディア・センターの共同創設者兼共同ディレクターでもある。
児童心理に関する5冊の著作があるローレンス・カトナーは、『ニューヨーク・タイムズ』紙のコラム「ペアレント&チャイルド」への寄稿でも知られている。
シェリル・K・オルソンは、『ペアレンツ』誌でティーンエージャーの問題を扱うコラムニストとして活躍。本書の基礎となった米国政府の資金による大規模研究プロジェクトの研究責任者を務め、13歳未満の子どもたちとティーンエージャーへのゲームの影響を詳細に調べた。また、数々の非営利団体および企業の保健行動コンサルタントも務め、ビデオプロデューサー兼作家としての受賞歴もある。
両著者は結婚しており、一人息子はゲームを楽しむティーンエージャーである。
今回の大規模調査には、さまざまな分野―児童青年精神医学、成人精神医学、進化生物学、公衆衛生、臨床心理学、発達心理学、教育心理学、社会政策学―から研究者が集まり、調査・研究を行った。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
星5つ中の3.5
評価の数 7
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2014年1月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2013年5月6日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年9月3日に日本でレビュー済み
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年5月9日に日本でレビュー済み
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年12月30日に日本でレビュー済み
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年4月11日に日本でレビュー済み
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ハーバード大学