中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品になりますので、使用感・経年による傷み(ヤケや折れ等)がございますが、 本文に書き込みや重度の傷みはございません。簡易クリーニング済み。 日本郵便のゆうメールにて発送します。帯は付属していないものとお考えください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゲームとしての社会戦略―計量社会科学で何がわかるか (丸善ライブラリー) 新書 – 2001/4

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

著者が東大教養課程で長年講義してきたとてもユニークな、大
人気講義:「社会統計学」の内容をコンパクトに新書版に纏め上げたもの。我々
の身の回りの社会統計に関する話題が満載。具体的事例も随所に盛り込まれ、好
評を博している。

「多数決」「ポートフォリオ」「学力と運動能力」「ねずみ算」「カオスと複
雑系」「政策決定」「市場の倫理」・・・・など、関心の高い社会のさまざまな
事象を、社会科学的手法で、ゲーム的側面から噛みくだいて興味深く論ずる。

社会のしくみを、知的に楽しめ、かつ、ビジネスにおいても役立つ知識を盛り込
んだ、初の「計量社会科学」入門書。終章「あなたの戦略力を試す16問」はとて
もユニーク。

内容(「BOOK」データベースより)

「多数決」「ポートフォリオ」「学力と運動能力」「ねずみ算」「カオスと複雑系」「政策決定」「市場の倫理」…など、関心の高い社会のさまざまな事象を、計量社会科学的手法で、ゲーム的側面から噛みくだいて興味深く解説。社会のしくみを、知的に楽しめ、かつ、ビジネスにおいても役立つ知識を盛り込んだ、初の「計量社会科学」入門書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 191ページ
  • 出版社: 丸善 (2001/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 462105340X
  • ISBN-13: 978-4621053409
  • 発売日: 2001/04
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 788,365位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
東大教養学部の名物講義だった「計量社会科学」の同名のテキストのダウングレード版。
経済学・心理学・社会学・政治学などの社会科学を志す人には必須の事項がコンパクトにまとめられている。
ただ、もともとが教科書だけに、取り上げる分野が広く浅く、個々の記述がやや平板である点は否めない。
この手の分野がまったく初めての人は、手始めに、同じ新書でもより読み物として面白い「社会的ジレンマ」(山岸俊男/PHP新書)や「『社会調査』のウソ」(谷岡一郎/文春新書)から入り、この本は2冊目にした方がいいだろう。
また、新書の限界として細かい説明が端折られている部分もある。
これについては、やはりオリジナルである「計量社会科学」(東京大学出版社刊)を手に取るしかないだろう。
あと、私が持っている初版では、誤植のせいで意味を取り違えそうになる箇所がいくつかあった。
重版(あるのか?)では修正されているといいのだが。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
小泉首相は支持したいが自民党では改革は出来ないと思っているとする。さて、それでは選挙においてはどのような投票行動をとるべきだろうか。自民党の中には隠れ抵抗勢力がいるだろうから「自民党」支持が必ずしも小泉改革支持とはならないかもしれない。かと言って民主党に投票したのでは、小泉首相の不信任に繋がってしまう可能性も考えられるーーー等々、大いに悩むことだろう。
こういう時の望ましい投票行動を理論的に決定しようとするときには、人々は自然に投票戦略を組み立てている。例えば、「自民党は支持するが橋本派は除外する」という結論にいたるのは無意識の内に「ゲームの理論」に基づいた戦略をたてているということなのだ。
社会的な意思決定は極めてシンプルな「多数決」、あるいはイ!エスかノーかの「二者択一」で決まることは稀だ。多用な選択肢が複雑に絡み合い、その選択も必ずしも多数決では決まらないものが多い。まさに、社会戦略の中には、実に多様な「ゲーム理論」が組み込まれているということだ。
本書は解り易い数学理論によって、社会戦略の意思決定システムを解説したものである。しかし、内容は最終的には「複雑系」あるいは「カオス理論」にまで言及されており中々高度なものである。
「ゲームの理論」というと実社会とはかけ離れた、一寸遊び的なものというイメージを持ってしまうが、実は、実社会はほと
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告