¥ 2,592
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゲンロン4 現代日本の批評III がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゲンロン4 現代日本の批評III 単行本 – 2016/12/7

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 2,074

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゲンロン4 現代日本の批評III
  • +
  • ゲンロン2 慰霊の空間
  • +
  • ゲンロン3 脱戦後日本美術
総額: ¥7,776
ポイントの合計: 48pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

昭和から平成の言論史を徹底総括、批評を未来に開く
「現代日本の批評」ついに完結!


【特集:現代日本の批評III】
創刊号に始まる「現代日本の批評」の完結編。
共同討議では東浩紀・市川真人・大澤聡・佐々木敦・さやわかが、2001-2016年の批評史を一挙に総括。批評とネットの現代史を網羅した折込年表は過去最大のボリューム!
浅田彰への4万字インタビューでは、その個人史と戦後日本社会の歩みが重ね合わされる。杉田俊介、五野井郁夫、ジョ・ヨンイルの論考も必読。21世紀の批評はこれを読まずして語れない!

【特別掲載/充実の連載陣】
巻頭は山口二郎・津田大介・東浩紀の「リベラルは再起動するか」。参院選・都知事選の結果を踏まえ、リベラル復活の条件を問う。
黒瀬陽平、速水健朗、井出明らの評論に加え、タイ文学界のカリスマプラープダー・ユンの随筆が連載開始。海猫沢めろんの小説、国際色豊かなコラムなど連載陣も充実!


登録情報

  • 単行本: 370ページ
  • 出版社: 株式会社ゲンロン (2016/12/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4907188196
  • ISBN-13: 978-4907188191
  • 発売日: 2016/12/7
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,128位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
浅田彰インタビューを読みたくて購入した。生い立ちや論壇デビュー前の事等は初めて知った。かなり長い記事だが、ゴルバチョフをもっと西側が支援すれば良かったのに、という発言が象徴的と思う。ただ、ソ連/ロシアを内側で体験した当の国民には、彼は不人気だったのはいろいろな人が証言しているし、彼もそれは理解していると言っている。また、ある時期から正面切った政治的発言を避け(対談等でのみ発言)、美学的見地からの文章に専念してきた(正確には[大衆を離れてエリート主義的に変化して行った人たちと]あるいは"文化の領域へ撤退して行った人たちと”、”同じ事だと言われても仕方がない”)事に自覚的であるのにも納得した。音楽の好みについてもいろいろ面白いことを言っている。ロックを語る浅田彰ははじめてかも。

他の記事に関しては、賛否含めていろいろな感想を持ったが、やはり主宰者の東氏の好みや傾向が色濃くでているなと感じた。例を挙げればネット関連の動きの強調や彼の公言する民進党支持の政治的立場等だ。東氏の著作はSF作品”クリュセの魚”しか読んでおらず、twitter発言等しか知らなかったのだが、今あえて雑誌形式の批評誌を世に問う、いささか大胆な試みは評価に値すると思う。会社を作って苦労しながら自前の言論誌を作る事の難しさは大変なものだろうと想像する。この経験が彼の思想にどう影響するのかも今
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
東浩紀の出版社「ゲンロン」による批評雑誌の4号。
特集は「現代日本の批評Ⅲ」で、対象年代は2001年から現在まで。
「Ⅰ」は1号、「Ⅱ」は2号に掲載されている。
3号は美術特集で、批評に特化した記事はないので注意。

対象年代は以下のとおり。

Ⅰ:1975年〜1989年
Ⅱ:1989年〜2001年
Ⅲ:2001年〜2016年

各号にはそれぞれの年代の出版年表がついており、重要な本はフォントが大きく目立つようになっている。
フォントの大きい本を読んでいけば批評の歴史が掴めるようになっており、ブックガイドにもなる。

東浩紀の巻頭言、浅田彰へのインタビューなど、それぞれの記事がひとつの方向性を持っており、
「Ⅰ」「Ⅱ」よりも特集として有機的にまとまっている。
200ページ以上の大特集だが、この手の本を追ってきた読者ならすぐ読めるだろう。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
しょせん東なんて、蓮實、柄谷、浅田に比べれば数段劣るという当たり前といえば当たり前の事実を再確認。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック