ポイント: 25pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 10月27日 水曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
6 時間 37 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 返品が可能な商品です
お届け時の状態で商品を返品いただくと、返金を受けられます
ゲンロン0 観光客の哲学 がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
お届け日 (配送料: ¥300 ): 10月27日 - 29日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯あり。経年による使用感はありますが、特に大きな損傷や大きな汚れ等なく概ね良好です。全品検品をしておりますが見落としによる書き込み、汚れ等ある場合がございます。付属品付の商品の場合別途記載がなければ付属品が付いていない場合がございますので詳細をお問い合わせください。コンディションガイドラインに明確に違反している場合には返金をいたします。税別2000円未満(配送料込み)の商品に関しましては追跡がつきません。また税別2000円未満(配送料込み)の商品に関しましてはお届け予定日が日曜祝日の際は休日明けの配達になります。地域により予定配達日を数日経過する場合がございます。20211018

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

ゲンロン0 観光客の哲学 単行本 – 2017/4/8

5つ星のうち4.3 94個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥2,530
¥2,530 ¥1,298

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • ゲンロン0 観光客の哲学
  • +
  • ゲンロン戦記-「知の観客」をつくる (中公新書ラクレ, 709)
  • +
  • テーマパーク化する地球 (ゲンロン叢書)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

出版社より

banner

欧米の思想家も誰一人試みていない果敢な挑戦がここにある

――橋爪大三郎(社会学者・2017年4月23日 毎日新聞書評欄より)

『人文学の敗退』という難事をまるごと引き受けんばかりのその気合と骨太の立論に拍手を送りたい

――鷲田清一(哲学者・2017年11月 毎日出版文化賞選考コメントより)

グローバリズムが世界を覆い、テロ、排外主義、ナショナリズムが高まりを見せ、従来の思想が時代の状況に対する答えを出せないでいる中、私たちはいかにして新しい政治思想の足がかりを探し、他者とともに生きる道を見つけることができるのか。

一個の人間の生のあり方から、人類史的問題に至るまで、さまざまに読まれうる可能性に満ちた、スケールの大きな哲学書が誕生しました。

ルソー、ローティ、ネグリ、ドストエフスキー、ネットワーク理論を自在に横断し、ヘーゲルのパラダイムを乗り越える。

否定神学的マルチチュードから郵便的マルチチュードへ――。

著者20年の集大成であり、新展開を告げる渾身の書き下ろし新著。

index

本書はいままでの仕事をたがいに接続するように構成されている。本書は、『存在論的、郵便的』の続編としても、『動物化するポストモダン』の続編としても、『一般意志2・0』の続編としても、『弱いつながり』の続編としても読むことができるはずである。『クォンタム・ファミリーズ』の続編としてすら、読むことができるかもしれない。

ぼくは本書を書き進めるなかで、この二〇年近い長い年月のなかではじめて、自分の「批評」のスタイルを、素直になんの屈託もなく肯定する心持ちになった。ぼくはいままでずっと、批評家であることに負い目を感じていた。批評なんて書いてもだれも得をしないし、喜ばないと思っていた。その迷いが消えた。本書の執筆を終え、ぼくはいま、かつてなく書くことの自由を感じている。

(本書「まえがき」より)

紙面

批評には、まだ大きなことができる。少なくとも、大きなことを語ることはできる。そんなメッセージが、できるだけ多くの読者に誤配されればよいと考えている。

(本書「まえがき」より)

商品の説明

メディア掲載レビューほか

東浩紀の「集大成」 インターネット以降の人間は「観光客」として生きていく

オビには「集大成にして新展開」とあり、著者自ら「最高傑作」と公言して憚らない渾身の書物である。哲学者として、批評家として、小説家として、思想家として、東浩紀がこれまで歩んできた道のりのすべてが本作に結集し、未来に向かって流れ出している。

観光客とは何か? それは「特定の共同体にのみ属する『村人』でもなく、どの共同体にも属さない『旅人』でもなく、基本的には特定の共同体に属しつつ、ときおり別の共同体も訪れる」という存在のことである。この三分法はすでに以前の著作『弱いつながり』で提示されていた。本書はそのような「観光客」の出現の意味と意義にかんする理論的な説明と、そこから発展してゆくさまざまな可能性を述べたものだ。重要なことは、東の言う「観光客」が、文字通りの意味であると同時に、一種のメタファー(隠喩)でもあるということである。それは実際に他国に観光目的で出かけてゆく者たちを指すだけではなく、明らかに、インターネット以後の人間の生の様式を表している。とりわけ検索エンジンとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、ひとびとのコミュニケーションや社会的なコミットメントのあり方、知識や情報の獲得の方法、自己と他者の評価の仕方/され方、などを大きく変えた。そのことには良い面と良くない面があると言えるが、もちろん後戻りは出来ない。東が力強く素描しようとするのは、ポスト情報社会、後期(末期?)資本主義社会ともいうべき現在において、ひとはどうあるべきか、どう生きるべきなのか、という極めて巨大な問いへの解答である。「観光客」とはけっして無責任な存在ではない。現実世界でも、ネットでも、たまたま訪れた場所を好奇心の赴くままに見聞し、そこにいる人々と仮初めの関係を持つこと。東はそこに新しいかたちの共感と連帯の可能性を見出そうとする。一見飛躍と思えるような論旨展開も、練り上げられた平易な文体と周到なロジックによって、読者の読む悦び、思考する歓びを刺激しつつ、しかし観念的な哲学論議とはまったく違った確かな実感を与えてくれる。一言でいえば「これは自分(たち)の問題だ」という感覚を抱かせてくれるのだ。

本書の第2部では「観光客の哲学」から「家族の哲学」への接続がなされる。この「家族」も字義通りであり、またメタファーである。「観光客」と「家族」という何の変哲もない言葉に著者が込めた射程はおそろしく深く広い。このような書物が登場したのは本当に久しぶりのことである。

評者:佐々木 敦

(週刊文春 2017.06.22号掲載)

著者について

東浩紀(あずま・ひろき)

1971年東京生まれ。批評家・作家。ゲンロン代表。
東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。
専門は哲学、表象文化論、情報社会論。

著書に、『存在論的、郵便的』(1998年、サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、
『動物化するポストモダン』(2001年)、
『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)
『一般意志2.0』(2011年)
『弱いつながり』(2014年、紀伊國屋じんぶん大賞2015)ほか多数。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 株式会社ゲンロン (2017/4/8)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/4/8
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 326ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 490718820X
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4907188207
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 94個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(河出書房新社)、『ゲンロン戦記』(中公新書ラクレ)ほか多数。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
94 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

殿堂入りベスト50レビュアー
2019年5月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年10月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年11月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年7月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年3月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年3月17日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年5月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告