この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ゲンスブールを歌う女たち

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2000/6/28)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル インターナショナル
  • 収録時間: 60 分
  • ASIN: B00005FEEO
  • EAN: 4988011365508
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 153,148位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 無造作紳士
  2. 手ぎれ
  3. ぬかるみ
  4. プチ・パピエ
  5. 太陽の真下で
  6. ラ・ジャヴァネーズ
  7. ブラッディ・ジャック
  8. さよならを数えて
  9. 夢見るシャンソン人形
  10. ヘリコプター
  11. 神様はハバナタバコが好き
  12. ルル
  13. プレヴェールに捧ぐ
  14. マリン・ブルーの鐘
  15. ハーレイ・ダヴィッドソン
  16. 虹の彼方
  17. ホワイト・アンド・ブラック・ブルース
  18. レモン・インセスト
  19. タンデム

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

セルジュ・ゲンスブール自身の曲を女性シンガーたちに歌わせた曲を集めたコンピレーション・アルバム。セルジュの楽曲の普遍性と幅広いアレンジ力、プロデュース力が分かる一枚だ。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Gainsbourgは周知の通り、浮世に名を轟かせまくり、様々な女性関係も、もはや「あぁ、Gainsbourgだからな」と訳の分からない納得をしてしまう御仁である。
そんな彼がこのアルバムを世に出した時は、おいちょっと、と甚だ驚いたものの、仲間内では「やったリスト」アルバムと好意的な評価をもって受け入れたものだった。ただやった、というところにとどまらず、シンガーの特性を最大限に引き出した楽曲を提供するため、スキャンダラスな話題を受け流して評価が高く残る。

そのアルバムのなかから、特におすすめを紹介しよう。

まずJane Birkinを最初に聴けば、Gainsbourgの好みが一発で分る。Jane Birkinへの提供曲は非常に多いので評価はそちらに譲るが、まずは最初に聴いて欲しい。特に「虹の彼方」は優れている。
次におすすめとするのはClaire d'Asta。このシンガーは発表曲が少なく、私が知るかぎりで、普通に入手可能な楽曲はこのアルバムへの収納曲と、L'ange noirという楽曲しか知らない。しかし、美しい楽曲と歌である。楽曲自体は多くの人に歌われている名曲であるが、個人的には一番の出色だと思っている。
France Gallがこのリストに載っていたときには、軽くめまいを覚えたものだった。収録されてい
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ひょんなことからFrench Popに興味を持ち、ざっくり選んだSylvie Vartan, Michel PolnareffそしてJane Birkinを聴いてすっかりとりこに。次は名前萌えのFrance Gallかな、と考えているときに出会ったのが本作。先述の三枚はベスト盤とはいえ曲数が多く、初心者的には若干もてあまし気味だったことを考えると、Gainsbourgが18人の美女に捧げた全19曲というヴァラエティに富んだ企画はもう、素晴らしすぎる。そして12/18の選りすぐりが並ぶジャケットがまたたまらない(Gainsbourg本人はイラストだが裏ジャケに写真あり)。

1962年Juliette Greco〜1990年Vanessa Paradisの約30年に渡る遍歴(1970年代がJane Birkinの一曲のみ、というのもおもしろい)もまた圧巻。Jane Birkinとのデュエットも凄かったけれど、Catherine Deneuveとの#11はもちろん実娘Charlotte Gainsbourgとの#18もまた、いろいろな意味でアダルティ。#12-14が素晴らしく中でも、Claire D'astaの声に惚れたが残念ながら、単独のアルバムはリリースされていない模様。ちなみにFrance Gallの#9は期待を裏切らず、"
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック