通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゲルマニア (集英社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 .msz010
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー/小口/天/地に多少のスレ、折れ、傷、汚れ等あり、ページ内目立つ汚れ、書き込みありません、防水対策をし発送致します
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゲルマニア (集英社文庫) 文庫 – 2015/6/25

5つ星のうち 3.4 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2015/6/25
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 99

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゲルマニア (集英社文庫)
  • +
  • オーディンの末裔 (集英社文庫)
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1944年ベルリン。ユダヤ人の元刑事が、ナチス親衛隊から殺人事件の捜査を命じられた。断れば死、事件解決でも死。爆撃と恐怖が支配する街で、命がけの捜査が始まる。ドイツ推理作家協会賞新人賞受賞作。


内容(「BOOK」データベースより)

1944年ベルリン。ユダヤ人の元敏腕刑事オッペンハイマーは突然ナチス親衛隊に連行され、女性の猟奇殺人事件の捜査を命じられる。断れば即ち死、だがもし事件を解決したとしても命の保証はない。これは賭けだ。彼は決意を胸に、捜査へ乗り出した…。連日の空襲、ナチの恐怖政治。すべてが異常なこの街で、オッペンハイマーは生き延びる道を見つけられるのか?ドイツ推理作家協会賞新人賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 527ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087607062
  • ISBN-13: 978-4087607062
  • 発売日: 2015/6/25
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 312,870位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ナチ政権下のベルリン、しかも負けが込んできている大戦末期、頭の上からは連合軍の爆弾がドカドカ落ちてくる中、いつ何時「移送」指示が出るかわからないユダヤ人の元刑事オッペンハイマーと、彼に捜査を依頼したナチの将校、フォーグラー大尉が「協力」しあって捜査に当たるという、異常な舞台設定。
若いSS将校・フォーグラーとベテラン(元)刑事のユダヤ人のオッペンハイマーという、この二人の捻じれた特異なキャラクター設定のほうが、正直、事件の真相より興味をそそられました。でも、もうちょっとフォーグラーのオッペンハイマーに対する内面的変化を書いて欲しかった。
ベルリンに残ったユダヤ人たちの「空襲」と「強制収容所への移送への恐怖」という二重の絶望状況の中の生活の閉塞感は、よく出ています。
ラストは秀逸。ミステリとしては、微妙なところ。ミステリ好きの方では、やや不満かも。私はミステリと言うよりも一種の時代小説として読みました。
ただ、時代設定の都合上、中途半端なところで終わってしまっています。登場人物のような立場の人間が、不本意な死を強いられる時代、この後、どういう運命を辿るのか、気になってしかたありません。ぜひ続編をお願いしたいところなのですが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ストーリーの舞台は終戦間際で崩壊寸前のドイツ・ベルリン。
女性ばかりを狙った、猟奇的な連続殺人事件が発生します。
元刑事のユダヤ人、オッペンハイマーは、ナチス親衛隊に突然連行され、この事件の解決にあたるよう強制されます。
ナチスの恐怖政治のもと、悲しくも、迫害を受けるユダヤ人が、重大事件の捜査メンバーに徴用されるというのは、非常に理不尽ですが、敗戦間近という極限状況が描かれる本作では、この「理不尽」さが、むしろ魅力だったと思います。

連合国の空襲、爆撃の恐怖にさらされ、自分自身がいつ何時、粉々に吹っ飛ばされてしまうのか、絶望的な極限状況。
それでも、事件捜査を続ける、オッペンハイマーの刑事魂。
彼の本来の意志に反して、ナチスへの服従を強いられる中での彼の活躍ぶりには、強い共感を覚えます。
 
オッペンハイマーを連行したのはナチス将校、フォーグラーです。
フォーグラーは、オッペンハイマーに対して、生かすも殺すも可能な、圧倒的に強い立場にあります。
このフォーグラーとオッペンハイマーとの関係は従属的なようでありながら、時に対等な信頼関係にも思え、さらには、ほんのわずか、立場を超えた友情が、と非常に複雑に移ろいます。
この二人の関係、先行きも、本作の緊迫感を高めていた
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
第二次世界大戦中のドイツを舞台に、ユダヤ人であるがゆえに警察官の職を失った男がナチス親衛隊からの命で猟奇殺人事件を追うというストーリー。
推理などは特筆に値するものはないが、第二次世界大戦中のドイツの雰囲気ってのはよく描けてるんじゃないでしょうか。
いい推理小説を読みたい人向けというより、当時の雰囲気を知りたい人向けの小説だと感じました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 時代は1944年5月。舞台は戦時下のベルリン。かつては敏腕刑事だったオッペンハイマーは、ユダヤ人であるためにその職を失っている。彼が収容所送りにならずにすんでいるのは、ひとえに妻リザがアーリア人種だからだ。
 ある日、彼はナチス親衛隊のフォーグラー大尉に呼び出され、目下ベルリンで起こっている連続猟奇殺人事件の捜査を託されることになる。ユダヤ人という立場にあるオッペンハイマーには捜査を拒む余地はない。彼が捜査を進める間にも、被害者は次々と数を増していく…。

 私が敬愛する翻訳家・酒寄進一氏の手になるドイツミステリーと聞いただけで迷わず手にしました。ネレ・ノイハウス『深い疵』やフォン・シーラッハ『
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー