通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃 (講談社現代新書) 新書 – 2016/8/18

5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 581

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃 (講談社現代新書)
  • +
  • ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー
  • +
  • 生殖医療の衝撃 (講談社現代新書)
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

いま、グーグルやアマゾンといった世界的なハイテクIT企業が、
その巨大なビジネス・ポテンシャルに魅かれ、
巨額の投資をしている超先端技術をご存じだろうか。

「ゲノム編集」である。

この史上空前の技術、そしてそれが私たちの人生や暮らし、
さらには社会に与えるインパクトなどをわかりやすく解説するとともに、
熾烈な特許争いの舞台裏や
科学者に群がる巨大企業の実態にも迫った、必読書!

----------

みなさんは、これまでに「自分を変えたい」と思ったことがあるだろうか?

たとえば自分の顔、身長、体型、性格、知能、
運動能力、さらにはアレルギーなどの各種体質……
これらすべてに満足している人など、ほとんどいないのではないだろうか?

にわかには信じられないかもしれないが、
(少なくとも技術的には)それが可能になる時代が迫っている。

なぜなら、先に列挙した特質のすべてに遺伝子が強く関与しており、
これを操作する遺伝子工学や生命科学の分野でいま、過去に例を見ない
驚異的な技術革新が起こっていて、それこそがこの「ゲノム編集」だからだ。

世界中の科学者たちは、この技術によって、
すでに「肉量を大幅に増やした家畜や魚」「腐りづらい野菜」などの
開発に成功している。

今後、この「ゲノム編集」は「iPS細胞」などの異なる技術を
組み合わせることで、がんや糖尿病、あるいはアルツハイマー病など、
現代社会に多く見られる病気の治療にも応用されると見られている。

グーグルやアマゾンなどはすでに
「生命科学とITの融合」に取り組み始めている。
さまざまな病院や研究機関などと連携して、ゲノム(DNA)データを
クラウド上に集積、AI(人工知能)でパターン解析することにより、
やがて複雑な病気の原因遺伝子や発症メカニズムを解明していくというのだ。

高い知力と強靭な肉体、そして端麗な容姿を兼ね備えた
「デザイナー・ベビー」の誕生を可能とする「ゲノム編集」について、
倫理的な問題をもまじえながら、わかりやすく説いた入門書。

内容(「BOOK」データベースより)

人工知能と「神の技術」を融合すれば、人間の寿命は500歳まで延びる!?遺伝子の改変によって、私たちの顔、身長、体型、性格、知能、運動能力は、望み通りに変えられる!?不老長寿を目指すグーグルやアマゾンが本気で取り組む「生命科学×IT」の可能性。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/8/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062883848
  • ISBN-13: 978-4062883849
  • 発売日: 2016/8/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.3 x 10.9 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,218位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
自分も遺伝子関連の仕事をしていますが、このクリスパーCAS9そのうち必要になるかなと思い好奇心から本書を選びました。クリスパーの学術書とは違いどういう経緯でこの発見がなされ、それがどのような影響を我々に与えることになるのかといった点が分かりやすく書かれていると思います。専門的な部分は本格的な書籍で勉強すればいいのですが、クリスパーCAS9の背景を知っていると専門書を読むうえでもとっつきやすさが変わってくるので科学情報に興味のある方は読んでおいて損はないと思います
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 先日、山中京大教授の講演で「難病患者のiPS細胞について、病気の原因となる遺伝子をゲノム編集で修正してから必要な組織に分化させて患者に移植する」と聴いた(気がした)ので、そのゲノム編集を知ろうと本書を読んだ。本書は、2012年6月に論文発表されたばかりのゲノム編集(genome editing)のどこが衝撃的なのかという点について、目的は同じながら、従来の遺伝子組換え(genetic modification)との違いを中心に、技術的側面を素人にも分かりやすく説明している。

 クリスパーと呼ばれるゲノム編集技術は、従来の遺伝子組み換えと較べて、簡単かつ操作精度がケタ違いにアップしたことが衝撃だった。DNAの遺伝子からたんぱく質が生成され、遺伝子の違いから個体差が生じたり、場合によっては病気になったりする。特に難病の原因となる遺伝子が特定されている場合に、患者がゲノム編集に期待するのは当然だ。未だ臨床にすぐ使えるほどの正確性はないものの、いずれ臨床レベルに到達するかもしれない。他方、害虫駆除などに遺伝子ドライブを使うと、生態系に取り返しのつかない影響を与えるリスクもある。

 従来の遺伝子組み換えには、職人芸の難しさに加えて、偶然頼みのところがあったが、ゲノム編集は、バクテリアが持つウィルス防御機構を転用することにより、簡単かつ格段に正確な
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ゲノム編集に関する研究の現状をまとめた一冊。
ゲノム編集が非常に進んでいること、その可能性の大きさを知っていくのは大変に面白く、一気に読んでしまった。
帯にもあるように応用分野は人間の不老長寿にも及ぶため、読みながらいろいろと考えさせられる面が多かった。

人類の寿命を伸ばすこと。
現在において不治の病と言われている病を治せる病とすること。

こういったことは、一見、聞こえがいいが、果たして本当にいいことなのだろうか?
自分自身、あるいは自分の大切な人で考えた場合は、いいことになるだろう。だって、自分自身(あるいは大切な人)が長生きして、元気にすごせるのだから。
しかし、人類全体、地球全体で考えると、必ずしもいいことではないと思う。今でも生態系のバランスは適切とは言えないのに、それに拍車をかけて、生態系、社会形態のバランスが更に崩れ、その結果、どのようになってしまうのかがまるで想像がつかない。

また「生きる」だけでは恐らく人間は満足できないはずで、「生きる」ことが当然となれば、より上の欲求が出てくる。その欲求を満たせないと、結局は真に「生きている」ことには繋がらなくなるだろう。

ゲノム編集の研究の進展と共に、その他の分野も追いつくように伸びていかない
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 遺伝子医療に革命をもたらす新しいゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」は、最初の発表が2012年6月米国の「サイエンス」誌であり、最近の出来事だ。新聞で報道はされたが、それが何であるのかは、私のような一般読者にはよく分からなかった。なぜ「クリスパー」がそれほど衝撃的なのかは、従来の「遺伝子組み換え」との違いを理解する必要があり、本書はそこに焦点を当てた好著である。「クリスパーCRISPR」とは、「Clustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeats(規則的に間隔を置いた短い回文の反復) 」の意であり、そのポイントは「回文の反復」にある。つまり、DNAを構成する4つの塩基「アデニン」「シトシン」「グアニン」「チミン」の頭文字、A、C、G、Tが「回文」(上から読んでも下から読んでも同じ「たけやぶやけた」のような文字列)のように反復される不思議なDNAのことだ。1987年に日本人が最初に、大腸菌のDNAに発見したが、その機能は分からなかった。しかし、21世紀になって分かったのは、その回文は、大腸菌が過去に浸食されたウィルスのDNA配列を記憶した情報であり、大腸菌は、その記憶をもとに、新たにそのウィルスが侵入した場合に、そのDNA配列を読み取って、それを切断して、ウィルスを殺してしまう免疫機構なのである。この「あるDNA配列を...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー