日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ゲット・アウト(字幕版)

 (739)
7.71時間44分201718+
ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『バチェラー・ジャパン』シーズン4、11月25日22:00独占配信開始

あの『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1に参加した黄皓(こうこう)が、4代目バチェラーとして戻ってきた。シーズン4の波乱だらけ、予測不可能な旅を通して、バチェラー黄晧は真実の愛を見つけることができるのか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズキャサリン・キーナー
プロデューサー
ショーン・マッキトリックジェイソン・ブラムエドワード・H・ハム・Jr.ジョーダン・ピール
提供
Universal Pictures
コンテンツ警告
飲酒暴言性的なコンテンツ暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.2

739件のグローバルレーティング

  1. 51%のレビュー結果:星5つ
  2. 28%のレビュー結果:星4つ
  3. 12%のレビュー結果:星3つ
  4. 4%のレビュー結果:星2つ
  5. 4%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

鹿子2018/10/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
最後までハラハラしますが後味は悪くない
確認済みの購入
 人種差別とは違う、とか人種差別はミスリード、というレビューをよく見る本作ですが、いやめっちゃ人種差別の話でしょ……と私は思いました。
 以下ネタバレなので下げます。

 黒人が差別されてきたのは外見が白人と違うというわかりやすい差異があるためで、「あんな姿をしているのは人間じゃない」と差別が肯定されやすかった時代がありました。
 しかし本作では黒人の肉体はむしろ称えられ、強くて逞しく健康な黒人の肉体と白人の頭脳が合わされば完璧だと言う白人たちが黒人の肉体を我が物にしようとします。つまり黒人はその見た目故に差別されるのではありません。
 『元々黒人として生まれた者』は見た目に関係なく劣った頭脳を持ち人権を有しない存在として扱われており、例えば逆に白人の肉体に黒人の精神が宿ったとしてもそれは黒人と見なされ対等には扱ってもらえないことでしょう。
 これは見た目で判断する差別よりも根深い、黒人というアイデンティティへの差別と考えられます。体を乗っ取られるというだだでさえ恐ろしい話との相乗効果が物凄いです。
 スリラー映画としての面白さはもちろんですが、社会派映画としても一級品だと思います。
206人のお客様がこれが役に立ったと考えています
YB-12018/09/05に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ぜひ字幕で見て欲しい。
確認済みの購入
日本人ってこんなに黒人の話し方の癖を知ってたのかと思うぐらい、ちゃんと違和感に気づく。
黒人に慇懃無礼な人が、いないってことはないんだろうけど、
仕草で「ん?白人の紳士のようだ」とか、白人の婆さんの話し方だ、とか、
ちゃんとわかるんですよ。何でだろう。だから字幕で見てください。
133人のお客様がこれが役に立ったと考えています
マーキー2018/12/24に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ラストの伏線回収に感動したし、社会メッセージも込められている
確認済みの購入
心霊やグロなしでここまで不気味さを表現できるのはすごかったです(後半グロがあるっちゃありますがそこがキモではない)。

黒人の青年が白人の彼女の実家にお邪魔して、その家族や親戚の歓迎を受けます。彼らは一見フレンドリーで、黒人に対してリスペクトを表現していますが、なにか作られた感が隠しきれず、違和感がひしひしと伝わってきます。この時点でかなり気味が悪い。そこで雇われている黒人の召使いも様子が変ですしね。その違和感の正体が後半明らかになってくるわけですが、散りばめられた伏線をちゃんと回収してくれます。特に最後の最後で、えーバッドエンディングかよ!と一瞬思わせつつのハッピーエンド。序盤のちょっとしたシーンが最後に効いてミスリードさせられたのは見事すぎて鳥肌モンでした。

本作は人種差別をテーマにした作品だと思うのですが、その表現も見事でした。よくよく振り返ってみると黒人を侮辱した人は一人もいないわけです(序盤で運転手じゃないのに警察官に免許証を確認されるシーンとかはありましたが。アメリカの警察官による黒人差別は度々ニュースになりますから生々しいシーンでした)。むしろ褒めてるぐらいです。強そうとか、遺伝子構造が違うとか、、。でも、この作品で黒人の目線に立ってみてわかったんですが、なんか人間扱いされてない感じを受けたんですよね。けなしてはいないし、むしろ褒めてはいるんだけど、結局のところあなたは私とは違う生物なのよと言われている感じがして。今の時代、特にアメリカなんかは差別に厳しいわけですから、直接的に侮辱を受けるというのはあんまりなくて、このような接し方をされるというある種の気分の悪さというのが、リアルに今の黒人が感じている差別なのかなとちょっと考えさせられました。白人だけでなく日本人も黒人は〇〇ですごいとか言いがちですし、自分も気をつけようと自省させられました。これを風刺して、作品に落とし込んでいるのはすごいなと。

あえてマイナス点を挙げるとするなら、全体的に映像に派手さはないです。なので、中盤で離脱してしまう人もいるかもしれませんが、最後までちゃんと見ると良かったと思える作品だと思います。
114人のお客様がこれが役に立ったと考えています
みちゃ2018/09/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
とにかく怖い
確認済みの購入
自分的には近年まれにみる傑作です。ストーリーも細かく作りこまれていてぐいぐい引き込まれます。役者の演技も素晴らしく怖さに拍車をかけます。レビューはめんどくさいので書きませんが、書きたくなるほど興奮しています。とにかく怖い。
最後はスカッとする展開でしたがこれでダークで終わっていた(親友もダーク)ら数日立ちなれないほどダメージを受けたと思います。
76人のお客様がこれが役に立ったと考えています
しっぽりジャブ太郎2019/08/31に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
社会派ホラー 丁寧な一方雑な所も…(ネタバレ・解説有)
確認済みの購入
メインテーマは黒人差別、の社会派スリラー。
伏線をあちこちに撒いた上で最後までしっかりと回収していく丁寧な映画……の一方で雑な箇所も所々にあったり、
また観る側にしっかりと読み取ることを要求する箇所も多い。低評価の人の何割かはそこが理由かと思う。
以下ネタバレを含みます。

============================

・まず雑な所から。
そもそもパッケージデザインが壮大なネタバレになっている…。
オリジナル?の方は割れガラスのような一枚絵になっていて分からないよう工夫されているのに…。
また、手術始まってからドナーを手術室に連れてくるというのはさすがに雑過ぎではないでしょうか。
というかサスペンスだと思ってたら脳移植というファンタジーや自由度が高過ぎる催眠術が出てきて萎えた方も
多いと思います。
その場限りのホラー感出すため?に特に理由もなく深夜にランニングしてる(1日くらい隠れてればいいのに)とか、
怖いは怖いですがどうにも必然性の無いシーンが気になりました。

・しかしネガティブな所というとこれくらいでしょうか。
一見違和感の無いシーンに丁寧に伏線が挟まっていたり、それがいい場面で真っ当に回収されたりと
「分かってスッキリ」な場面があちこちにありました。
序盤から徐々に違和感が高まっていき、途中から思い過ごしではない異常が現れ、写真で決定的になる、という
流れは恐らくシャイニングのオマージュでしょうか?本編を見てるとキューブリックが好きそうなので。

・最後に
我々日本人には気付きにくい点ですが、コメディのようなトークで和ませてくれていたロッドは地味に
「黒人の発音で『黒人らしい』コミュニケーションをする唯一の人間」としての役割を果たしていますね。
あまり意識していなかったですが、完璧な白人英語を喋る黒人の後に彼との会話が挟まることで気味の悪さが
より際立つようになっていると思います。

また、作中唯一のアジア人であるタナカさんは「アフリカ系であることは有利か?不利か?」というド直球の
失礼な質問をして場の空気を凍らせます。
一方「その質問は白人にはできない」ものであり、更には暗に「アジア系であることはアフリカ系である
ことよりも更に不利」という前提があるように思います。
ここの会話が挟まることでこの話が黒人-白人間だけの議論で終わらないようにしているあたり、非常に
意味のあるシーンだなぁと思いました。

本作の白人は黒人をべた褒めしますが、尊敬対象はあくまで肉体そのものであってクリス自身のセンス・人間性
について話したのが盲人だけだったというのは皮肉でした。
日本人は何かと外国人やハーフを持て囃しがちで、作中でも白人優位は流行と言われていましたが、
人種や属性に対して「価値」を認めようとすることは結局クリスのような居心地の悪さを感じるだけ、
ということを実感として感じられるとより見方に深みが出るのかなぁ、と思いました。

長文失礼いたしました。
41人のお客様がこれが役に立ったと考えています
エツ2019/07/24に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
なぜ高評価???
確認済みの購入
荒唐無稽とか設定に無理があるとか、
細かいことはあまり気にならないほうなのですが、
これは酷すぎる。
序盤の謎めいた雰囲気は多少興味深かったのですが、
結局、話に全くリアリティーを感じられなかった。
深みもなければB級なりの良さも無いと思われ、
高評価がついてる理由が全く理解できませんでした。
41人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazoon カスタマイム2018/09/04に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
なんだこれ凄いぞ!
確認済みの購入
とにかく心を落ち着けて、十分時間を取って、邪魔の入らない環境で観てください!

心の底では「外見も習慣も歴史も違う人種同士では絶対に相容れないハズ」と思っている心を引きずり出される。

最初からもうそのコントラストを安心して観ていられないこの気持ちにぞわぞわ!

ショックから立ち直れなくて何度も観てしまった!!
59人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Movie Customer2018/08/19に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
お洒落で物静かな人種差別
確認済みの購入
ジャケ写の雑さがもったいない良作。
OPの爽やかな音楽とは真逆の淡々とした犯罪が、よりミステリー・サスペンス感を醸し出す。
食わず嫌いせず観ることをオススメします。
57人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示