この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,050MP3アルバムを購入

ゲッツ/ジルベルト

5つ星のうち 4.3 46件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:8¥ 1,573より 中古品の出品:11¥ 664より

Amazon.co.jp歴代ジャズベストセラー
2001年から2013年の12年間で蓄積した販売データほか各種データをもとに、Amazon.co.jp独自の方法で集計した「Amazon.co.jp歴代ジャズベストセラー100」。 Amazon.co.jp歴代ジャズベストセラー ランキング



キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2011/6/22)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 34 分
  • ASIN: B004Q84XK0
  • EAN: 4988005651174
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 89,955位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. イパネマの娘
  2. ドラリセ
  3. プラ・マシュカー・メウ・コラソン
  4. デサフィナード
  5. コルコヴァード
  6. ソ・ダンソ・サンバ
  7. オ・グランジ・アモール
  8. ヴィヴォ・ソニャンド

商品の説明

Album Details

Japanese only SHM-CD pressing. Universal. 2011.


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
このアルバムは、歴史的にも名盤とされる。世界中でヒットし、ボサノヴァを広く世界に知らしめる大きな役割を果たした。しかし、ジャズ・ファンとボサノヴァ・ファン(ブラジル音楽ファン)では評価が異なることが多い。

ボサノヴァとは、ブラジルの伝統的な音楽(モヂーニャ、ショーロ、サンバ等)の積み重ねの上にクラシック(主にフランス印象派)やジャズを含めたアメリカのポピュラー音楽の要素が入って成立した音楽だと思う。ボサノヴァ=ジャズの一分野ではないが、ジャズとは一定の親和性はある。

このアルバムに参加したブラジルのミュージシャンは超一流が揃っている。ギター・ボーカルのジョアン・ジルベルト、ピアノのジョビン、ベースのチアォン・ネット、ドラムのミルトン・バナナ。選曲もジョビンの名曲を中心にサンバの佳曲を加えた外れのないもの。このメンバーと選曲ならば、どのジャンルのミュージシャンと共演しても一定レベル以上の良質なアルバムができると思う。ゲッツは共演者の選定については素晴らしい嗅覚を持っており、プロデューサー的なセンスは抜群だと思う。

したがってジャズ・ファンからすれば、ボサノヴァの最良のエッセンスを取り入れられ、ゲッツのクールなサックスが冴える超名盤という評価になると思う。一方ボサノヴァ・ファンには、ゲッツにブラジル的な感覚がない(当然の
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
多分15年振りくらいにこの盤を引っ張り出して聞いてみた。

そして、今でもその音楽が新鮮に聞こえることに、少し驚いた。
何といってもジョアン・ジルベルトである。
多分ジョアンはこの盤で(一部のマニアを除くと)日本初登場だったと思うが、日本中に衝撃が走ったであろう事は想像に難くない。

それから、Getzが思っていた以上にJazzをやっていることも再確認できた。

いまだに鮮度を保っている驚きとともに、何故あれほどにヒットしたかが、21世紀から見返っても理解できる。
Getz/Gilberto/Jobim のコラボレーションが奇跡のように、決まっている。

余りにいいので3回連続で聞いたが、飽きません。

やはり、名盤であったわけだ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1963年にクール・ジャズの旗手であった”スタン・ゲッツ”がこのレコード"GETZ/GILBERTO"を制作してからボサノバの人気は決定的となりました。数多くジャズメンや歌手が競ってボサノバの曲を演奏し、今ではジャズスタイルにすっかり定着しております。中でも”スタン・ゲッツ”はボサノバのゲッツとしての方が有名となり、多くのヒット・レコードを送り出しました。このレコードはその彼等の記念すべき初レコーディング盤なのであります。このレコード解説のインタビューの中で”イパネマの娘”を唄っている”ジョアン・ジルベルト”の妻”アストラッド・ジルベルト” は「アメリカ人は来るべく戦争に対する不安の中、ロマンスやある種の夢を必要としているのです。彼等は通常英語圏のビートルズの歌やロックンロールは別にして他国の珍しいものには興味を持たないのです。我々ブラジルの新しいスタイルの音楽が魅力的であった為、例外的にアメリカの音楽文化に浸透したのではないかしら。」こう述べています。どうぞ今でも魅力的なアメリカン・ジャズとブラジリアン・ボサノバの歴史的な邂逅の名曲の数々を存分にお聴きください。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちゅう トップ1000レビュアー 投稿日 2015/9/30
形式: CD Amazonで購入
ブラジルのボサノヴァ歌手João Gilbertoとアメリカのジャズ・サックス奏者Stan Getz(feat.ピアニストのAntônio Carlos Jobim)が組み1964年に発表したアルバム。今日ではボサノヴァの名盤と高い評価を受け、本アルバムは1965年グラミー賞最優秀アルバム賞を、シングルカットされた楽曲『The Girl From Ipanema:イパネマの娘』(全米第5位)も最優秀レコード賞を獲得し主要2部門を含む計4部門で授賞を果たしました。Astrud Gilbertoの女性ボーカルは中々味があって好きですね。他にも楽曲『Desafinado(Off Key)』は秀逸な出来だと思います。私はロック/ポップスを主に専門として鑑賞していますが、たまにはこの様な音楽も清涼剤的な役割を果たし心が和んで良いものだなと感じました。そして今回SACD盤購入に際しレビューアーの方々から評判の高かったVerve-米国盤Single-Layer SACD盤(2002/10/29発売)を購入しました。最近購入したSACD盤の中では一番良い音質だと感じました。サックスおよびピアノの音がやけに生々しく聞こえ隣で演奏しているかの様でした。レビューアーの方々ご教示どうもありがとうございました。m(__)m
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック