この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ゲッツ/ジルベルト

5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:8¥ 439より

Amazon.co.jp歴代ジャズベストセラー
2001年から2013年の12年間で蓄積した販売データほか各種データをもとに、Amazon.co.jp独自の方法で集計した「Amazon.co.jp歴代ジャズベストセラー100」。 Amazon.co.jp歴代ジャズベストセラー ランキング



キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2003/4/23)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 33 分
  • ASIN: B00008KJU4
  • EAN: 4988005330253
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 160,339位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. イパネマの娘
  2. ドラリセ
  3. ブラ・マシュカー・メウ・コラソン
  4. デザフィナード
  5. コルコヴァード
  6. ソ・ダンソ・サンバ
  7. オ・グランジ・アモール
  8. ヴィヴォ・ソニャンド

商品の説明

Amazonレビュー

   1960年代、57年の映画『黒いオルフェ』の音楽を書いたブラジルの作曲家アントニオ・カルロス・ジョビンらの活動から発生した、「ボサノヴァ」という新しい音楽が隆盛し始めていた。白人サックス奏者、スタン・ゲッツはボサノヴァに興味を示し、ギターのチャーリー・バードと『ジャズ・サンバ』を録音するが、これがヒット。続いてゲッツはジョビン、ジョアン・ジルベルトとともに本盤を録音する。

   オープニングを飾るのは、最も有名なボサノヴァ曲「イパネマの娘」。原詞ポルトガル語で歌うのはジョアン、続いて英詞を歌うのはジョアンの妻、アストラット・ジルベルトだ。アストラットはこれが歌手デビューではあったが、技巧を感じさせないクールな歌唱で人気者となる。ほかにもボサノヴァ・スタンダードが多く演奏されるが、クールなサウンドにゲッツのサックスが見事にはまる。アルバムは大ヒットし、グラミー賞も獲得したが、賞よりなによりも、ボサノヴァを全世界に広めた本盤の功績は計りがたい。(高木宏真)

メディア掲載レビューほか

正統派ジャズやボサノヴァを叙情味あふれる美しいアレンジで聴かせた白人サックス奏者、スタン・ゲッツ。1963年録音の本作は、「ボサノヴァの女王」の異名をとるジョアン・ジルベルトと共演したボサノヴァ集。名曲「イパネマの娘」も収録し、世界的ヒットとなった。 (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
「ジャズ・サンバ」の成功に気をよくしたヴァーヴが、柳の下のもう一匹のドジョウを見事に射止めたアルバム。「ジャズ・サンバ」同様グラミーまで獲得してしまった。
タイトルに並んでいるとおり、このアルバムはゲッツのアルバムとして聴くか、ジョアンのボサノバとして聴くかで評価が分かれる。
ゲッツはクール一派だと思われているが、ルースト・セッションなどに聴かれる如く、内実はホットなプレーヤーである。
一方往年のジョアンの名盤や、数年前の彼のコンサートに接した人ならば、彼が自分の音楽をどのようにとらえているか、どんなコンセプトの持ち主かは容易にわかると思う。本作を録音時に、うるさいテナーだと言ってゲッツを辟易させたジョアンのエピソードはよく知られているが、水と油はどんなにかき回しても、時間がたてば二つに分かれてしまうものなのだ。
しかし、水と油で出来たドレッシングでも、サラダの上にかけて食べればおいしさを引き立てる。このおいしい瞬間をパックしたのがこの「ゲッツ/ジルベルト」なのだ。
どうしてもアンニュイなジョアンのボッサが聴きたければ、彼のオリジナル作品を聴くより他はない。ゲッツについても、いくらベストセラーだろうと、これが彼の代表作かと問われれば、否、と答えるしかない。
それでも私は、この作品でしか聴くことの出来ない美しい音楽があると信じて疑わない。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/1/16
形式: CD
『ゲッツ ジルベルト』は、ボサ・ノヴァを代表するアルバムだと言われています。実際よく売れましたし、アストラッド・ジルベルトが「イパネマの娘 原題Garota de Ipanema)」を歌ったことによって、彼女が世に知られた初出のアルバムとして現在でもよく聴かれています。

ヨーロッパで不人気だったスタン・ゲッツが、アメリカに帰国して、アントニオ・カルロス・ジョビンのサウンドとジョアン・ジルベルトの歌と出会ったことは幸運をもたらしました。このセッションは異文化コミュニケーションの一つの姿だと思います。時折、ゲッツのジャズ・テイストが雄弁になりますが、ブローすることなく雰囲気を合わせています。このアルバムによってスタン・ゲッツの人気が不動のものとなりました。グラミー賞に輝いた名演奏です。

ジョアン・ジルベルトの力の抜けたヴォーカルがいいですね。軽快な「デサフィナード」では、ポルトガル語が本来もっているリズムをよく音楽に乗せています。この軽みの極致がボサ・ノヴァの真髄と言えましょう。

「コルコヴァード 」の1節目を英語で歌うアストラッドと、2節目を歌うジョアンの雰囲気は抜群でとても良い感じです。その後、この夫婦におとずれる離婚をこの時は誰も予感すらしなかったと思います。

「ソ・ダンソ・サンバ 」も典型的
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
カフェで掛かっている様な『静かな』BossaNovaを期待する方は、
「サックスが五月蝿い・・・」と感じるかも知れません。

私は、ジョアン・ジルベルトの公式に発売されたアルバムは
ほぼ全て所持しておりますが、
ジョアンの気だるいBossaを期待して、
専門誌、かねてからの当盤に対する世評も押し並べて高いが故
ワクワクして購入した折、
「サックスの音がデケェ・・・」と正直辟易してしまった記憶が有ります。
(まぁ『ジョアン側』から聴いていたという事になるのでしょうが)

いや、ゲッツの諸作を聴いていたので、クールなBossaとホットなGetzが
「ホントにウマが合っているの??」という半信半疑な状態ではあったのですが・・・

ただ、同様に当初敬遠気味だった「Cannonball's Bossa Nova」(本盤と双璧の名盤!!)
を気に入りだした頃、改めて本盤を聴いてみた処、
「素晴らしい作品じゃないか!!」と感動してしまった次第です。。。

なんというか、Bossaの気だるさって振れ幅がそんなに無い(だからクールな印象なんですが)
処に、その振幅をゲッツのテナーが請け負う事で、無二の音楽作品にな
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
現代ブラジル音楽を含めてブラジル音楽、ボサノバはずいぶん多くのアルバムを聴いてきたが、ジョアン・ジルベルトのこの「Getz Gilberto」と「Legendary…」、アントニオ・カルロス・ジョビンの「波」、女性歌手ではアナ・カランの何作か、そしてバーデン・パウエルのベスト盤があれば今の私には十分か。

スタン・ゲッツとの共作ゆえに様々な評価のあるアルバムだが、ジャズという音楽を媒介にすることでボサノバがワールドミュージックの一つになったことは紛れもない事実である。今や古典だが、50年たった今聴いても新鮮な響きを失わないという一点で、このアルバムが原点として時代を超えた真にすぐれた音楽作品であることが証明されている。ジョアン、アストラッドともに若くみずみずしい歌声がやはりいい。ジョアンにはいつまでも元気に歌い続けて欲しいものだ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック