この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ゲゲゲの女房 [DVD]

5つ星のうち 2.2 25件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 吹石一恵, 宮藤官九郎
  • 監督: 鈴木卓爾
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2011/04/27
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.2 25件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004MJG8WO
  • JAN: 4988003805364
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 82,365位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

水木しげるの妻・武良布枝の自伝エッセイを、吹石一恵と宮藤官九郎共演で映画化。昭和36年、お見合いから5日で結婚し、出雲の安来から上京した布枝。そんな彼女を待っていたのは底なしの貧乏暮らしで、布枝は故郷を思い出し寂しさを募らせていくが…。

内容(「Oricon」データベースより)

水木しげるの妻・武良布枝の貧しく厳しい時代に生きた夫婦の姿を綴った自伝エッセイを映画化!お見合いからわずか5日で結婚。昭和36年、出雲の安来から上京した布枝が見たのは、花の東京とは無縁のしげるの底なしの貧乏暮らしだった…。監督は『私は猫ストーカー』で絶大な支持を得た鈴木卓爾。出演者は吹石一恵、宮藤官九郎ほか。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 栗原雅陽 投稿日 2016/1/18
終わりが消化不良。これで終わり?やっと売れ始めて、これから墓場の鬼太郎が出てくるのかな?と思ったら終わり。何これ?確かにテレビのドラマの長さを短い映画で作るとこういう事がよくある。僕はドラマでは観てないのでどんな終わりかたかは知れませんが。映画は古い感じがした。ちょっと面白いところもあったが、終わりが良ければすべて良し、と言うが、その微塵も無い。酷い終わりかた。映画は駄作で、無理に映画化しなくても良かったのでは?製作会社がテレビ版が人気があったので、それにあやかろうとしたのかな?今度テレビ版を観ようかな?面白いシーンもあったので、テレビ版はどうだろうか知りたい。 以上
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
見る人を選んでしまう映画なのかなと思います。ストーリーがリアルな分、テレビ版のような、おとぎ話にはなりようもないから。幼い頃、我が家は貧乏でした。もちろん水木さん一家ほどではありませんが、父や母の若い頃は、これに近かったと思います。子供の事で揉めたあとに、しげるさんが「帰ろ」と言うと、右手ではなく、戦争で失った左手の背広の袖を持って、とぼとぼ歩く後ろ姿。しょぼくれたしげるさんに会った布枝さんが「帰ろ」と優しく言って歩いていく後ろ姿。何だか、自分の両親の若い頃の姿に見えて、涙が溢れそうになりました。最初は眉間にシワを寄せていた布枝さんが最後にはしげるさんと笑顔を交わし合う、そんな水木夫妻を演じる、吹石一恵さんと宮藤官九郎さんが本当に良かったです。一度で終わり、ではなく別の見方でもっと見て欲しい。そう願う作品です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
現代の風景で昭和30年を演じるというコンセプトがそもそもの間違い。
ただCG背景合成費をケチる為の方便ではないのか?

53:00の平成期にリニューアルされた駅前で新型バスが走っている。
1:19:19から高層団地が背景に堂々と写っている。いくら時代考証に
うとい素人でもこれはおかしいと強い違和感を感じる。

最初からそういう映画だと知っていても脳に違和感が強く残る。
一般公開する作品でする演出では無いと思う。実験作なら内輪の
玄人だけで上映会でやれば良い。素人から金を取るな。

水木先生が風呂で妻に背中を流させるシーンも不快。片腕でも
自分で全て身の回りの事はこなした伝記と食い違う。

ストーリーが苦労話ばかりで気が滅入る。安井の死は必要なエピソード
だろうか?金内(かねない)は存在自体不要ではなかろうか?

人情話は全く期待値に届かず、何一つ満足感の無い映画なので星一つです。
一生懸命演技した役者陣に監督は土下座して回るべきレベルだ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画に出会わない人生を選択出来なかった自分が悔しい…
最後まで観てしまった自分が哀しい…

表読みしても裏読みしてもダメです。

あ、調布がホームタウンのFC東京が出てきますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
こんな脳天気なC級監督に何で仕事が来るのか全く理解できないが、一体誰が依頼しているのでしょう?日本映画のレベルを下げている元凶の1人だと
思います。テンポが悪い、間が長いはいつもの事として、この人には問題意識が無いんじゃなかろうか。映像のどの部分を採っても普通の事を少し
ほのぼの、少し可笑しくやればそれで済むと思っている。時々下らない幻想シーンなんか入れたりして。全体を通して何かを伝えようという意志がない。
非常に近視眼的なのである。おそらく何を撮っても同じになるだろう。おもちゃのピアノを弾いて膝を抱えて泣くといった場面でも判るように素人並みの
下手くそさである。こんな監督に仕事が有るような緊張感の無さでは邦画が落ち目になるのも当然だ。

主演の吹石一恵が美人なのでなんとか最後まで観たが、TVドラマと比べれば相当落ちる。TVで主演した松下奈緒も都会的で上品すぎて違和感は
有りはしたが、貧乏に耐えながらも献身的に夫を支える糟糠の妻を爽やかに演じていた。それに比べて吹石はこの結婚と貧乏生活に対する疑問を
終始感じさせる表情で夫との一体感がない。致命的である。監督の責任だ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す