ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX3(完) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX3(完)

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 19,950
価格: ¥ 12,700 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 7,250 (36%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Love&Peaceが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX3(完)
  • +
  • ゲゲゲの女房 完全版 DVD - BOX 2
  • +
  • ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX1
総額: ¥38,199
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松下奈緒, 向井理
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2010/12/03
  • 時間: 900 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003Y6ENQY
  • JAN: 4988101153787
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 28,640位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『ゲゲゲの鬼太郎』の水木しげると、妻・布美枝が歩んだ、家族の絆の物語。

【解説】
「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」「河童の三平」などで知られる漫画家・水木しげるさんの妻・武良布枝さんの自伝「ゲゲゲの女房」を原案に、好きなことに命がけで打ち込む夫を支え、おおらかに、朗らかに生きていくヒロインとその家族を描く。

<収録話数>
第17週「プロダクション旗揚げ」
第18週「悪魔くん復活」
第19週「鬼太郎ブームがはじまった」
第20週
第21週
第22週
第23週
第24週
第25週
第26週

【キャスト】
松下奈緒、向井理、大杉漣、古手川祐子、風間杜夫、竹下景子、村上弘明 ほか

【スタッフ】
原案:武良布枝
脚本:山本むつみ
音楽:窪田ミナ
主題歌:いきものがかり「ありがとう」(作詞・作曲:水野良樹)
語り(飯田登志):野際陽子
制作統括:谷口卓敬
プロデューサー:落合将
演出:渡邊良雄 勝田夏子 一木正恵 ほか

【放送期間】2010年3月29日- NHK総合・デジタル総合 放送

【スペック】
DSZS07133/19,000円(税込19,950円)/COLOR/本編900分(予定)/片面2層5枚組/1.主音声:ステレオ/16:9LB/60話収録

【販売元】東映株式会社・東映ビデオ株式会社
【発行】NHKエンタープライズ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

水木しげるの夫人・武良布枝の自伝を元にした、松下奈緒主演のホームドラマ第2弾。島根県の商家に生まれた布美枝は、東京のマンガ家・水木しげると結婚して上京。夫婦は極貧生活を乗り越え、深い絆で結ばれる。第17週から最終第26週を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
作品の仕上がりはストーリーも音楽も全て素晴らしいと思います。
こちらの巻は水木プロダクション設立から最終話までで、お金は豊かになっても気持ちに余裕がなくなり、家族の会話が少なくなったり、藍子ちゃんの学校での辛いことをゆっくりと聞いてあげれなかったりして、子供達には辛くて寂しい時期かも知れません。
ですが、水木さんは不器用ながらも子供達に愛情を注ぐ父親の姿には優しい気持ちになれます。
ただ残念なのは、字幕がないことと、チャプターが大まか過ぎて好きなシーンが一発で出なかったりと少し不便な点があり、今回のみ★は四つとさせて頂きました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 主人公たちも高度成長期に突入し、物質的な豊かさを得た反面なにか物足りなさと「このままでいいのか?」という思いを描いた後半です。
 シゲルの両親たちとの同居も描かれているのですが、ここでピカイチの存在感を放つのが竹下景子の存在!かつて「お嫁さんにしたい女優」だった彼女が、その匂いを封印して毒舌でありながら潔い生き方を貫いた母親を好演しています。ときには、人気マンガ家の父をもって悩む孫に「あんたらしく生きなさい!」と元気づけたり、悩むフミエの後ろ姿をポン!と押したりと物語のスパイスになっています。相方の風間杜夫もインテリでありながら風采の上がらない父親役はぴったりです。この両親がいたからこそ、「水木しげる」が誕生したのだと納得できるそんな存在です。そして後半にはフミエの弟が亡くなってしまいます。家族とコミュニケーションが取れず悩みながら、もう一度家族と向き合う努力を始めた矢先の訃報は涙々・・・でした。
 最後はハッピーエンドではなく、2人が手を取り合いながらまた歩んでいくという結び。「おわりよければすべてよし」と思う人生をあなたも・・・というメッセージが感じられる秀作でした。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
発売日に無事届いていつも通りパッケージをじっくりとご堪能。

青、黄、と来て第3集は青海波の着物のようなピンク色。
外装ボックスはこれまでDVDのケース2つ分の厚みだったものが、
5枚組となったためケースが一つ増え、3枚分の厚みとなりました。

オールカラーのブックレットは20ページにボリュームアップ、登場人物紹介と公式ホームページの写真集コーナーのような、マンガのコマ割りや吹き出しをモチーフにした各週のあらすじはこれまで通り。
そして今回は、ホームページでおなじみの村井家の間取り図が改装前後で4ページ、松下さん&向井さん、脚本の山本むつみさんと音楽の窪田ミナさんのインタビューが各2ページといった構成です。
インタビューはホームページやステラの内容とあまり変わらず目新しさはないですが、少なくとも向井さんのインタビューは「せっかくのDVDなので何年後かに見て欲しい」というコメントからしてDVD用になされたものだと思います。

そしていよいよ内容。本編に関しては人それぞれお好きなポイントが違うでしょうからあえて書きませんし、他の方におまかせしますが、特筆すべきはなんといっても映像特典。Disc11と13にそれぞれ収められていますが、最終ディスク13の「ゲゲゲの女房収録、最後の一日」、これ
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ゲゲゲ女房は毎日欠かさず録画して見ています。
DVDBOXも1購入済みで2,3も予約しました。
発売日が楽しみで仕方ありません
本編見ていない人にも是非見ていただきたい作品です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
私自身、昭和三十年代の東京に生れ、貸本屋さんにも通っていましたし、実写版の『悪魔くん』や白黒アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』もリアルタイムで試聴しました。
そういう意味では、リアリティを感じます。

それとは別に、このドラマがドラマとして面白いと感じた点をひとつ。

要所々々に、杉浦太陽さんの演じる「浦木」というキャラクターがスパイスとして登場すること。
やはり笑ってしまいます。

・唯一の不満。

方言や専門用語が多いので、やはり字幕が欲しい場面もありました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 devidead トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/9/25
終盤に描かれる「ゲゲゲの鬼太郎」三度目のアニメ化、小さい頃にリアルタイムで観てました。
社会が豊かになっていく中、自然への感謝の気持ちや思いやりの心を忘れがちな人々、
住み辛くなっていく世の中に対する妖怪達の怒りや悲しみが随所で描かれていた事を今でも覚えています。

本作の後半では人気漫画化となった茂が日々仕事に追われたり、時にスランプに陥ったりと
前半とは違う形の苦労が描かれますが、その経験があの時の鬼太郎にちゃんと生きていたと納得。
最近では昔の鬼太郎も大手レンタルショップにいけば見つけられるので併せて観るのも良いものです。

布美枝のキャラが少し大人しい感じもしますが
磯野家全体が主人公の「サザエさん」に近いノリで最後まで楽しめました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す