通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゲイ短編小説集 (平凡社ライブラリー) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 安心満点本舗
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙にスリキズ、汚れなど使用感はありますが、比較的良い状態です。ご注文確定後1-3日ほどで発送予定。クレジット・コンビニ等でのお支払い可能です。万が一、不具合等があった際は返品・返金対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゲイ短編小説集 (平凡社ライブラリー) 文庫 – 1999/12

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 445

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゲイ短編小説集 (平凡社ライブラリー)
  • +
  • 古典BL小説集 (平凡社ライブラリー)
  • +
  • 新装版 レズビアン短編小説集: 女たちの時間 (平凡社ライブラリー)
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 102pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

近代英米文学の巨匠たちの“ゲイ小説”を集約。新たな視点による大作家の読み直しとしても、英米文学の「古典」としても、読み応えある作品集。これぞゲイ・キャノン。

内容(「MARC」データベースより)

ワイルド、ロレンス、フォースターら近代英米文学の巨匠たちの「ゲイ小説」9編を収める。大作家の作品を新たな視点で構成し、英米文学の「秘められた遺産」を探る。


登録情報

  • 文庫: 397ページ
  • 出版社: 平凡社 (1999/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582763154
  • ISBN-13: 978-4582763157
  • 発売日: 1999/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.8 x 11 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 272,951位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2001/2/1
形式: 文庫
まずはこのストレート(?)なタイトルに驚かされる。 多くの、特にヘテロ男性の読者は、この本を手にとることへの躊躇と、中を覗いてみたい欲望との板ばさみとなるだろう。(しかし、ネット上で買えばレジに持っていく必要はないのである。) 無事扉を開くことができたなら、次に、その目次にならぶ作家名に驚かされる。それらは、あまりに有名な英米作家の名前であり、いまだかつて「ゲイ作家」だとは教わってこなかったものも多い。 中身を読んでみると、その内容が期待に反して「いやらしく」ないことに驚かされ る。ほとんどの作品に関して、「どこがゲイなの?」という疑問を持つ読者が多いことと思う。(唯一の例外は、E.M.フォースター「永遠の生命」だろう。しかし、ぼくに言 わせれば、ロレンスが一番「いやらしい」) さらに、大橋洋一氏による巻末解説の、その重厚さに驚かされる。その説得的かつ情熱的な「読み」は、一種の種明かしとしての面白みを与えるとともに、知らず識らずのうちに現代文化批評の最先端へと読者を誘う。作家の固有名や作家群の出身地名を根拠に編まれるアンソロジーがのさばる中で、気鋭の批評家とその若き友人たちによる積極的な「読み」を前面に押し出したこのアンソロジーは、姉妹版『女たちの時間』とともにひとつの記念碑となるのみならず、今後のアンソロジー編集のスタンダードとなるだろう。 最後の、5つ目の驚きとは、すなわち、このアンソロジーがそれに見合うだけの評価 をいまだ得ていないということである。
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
二十年以上前、英米文学学徒だった頃に苦しめられた「意識の流れ」手法的な作品に、文学の進化の過程を目にする思い。逆に必要最少限の言葉で作られ、今でも色褪せない「幸福の王子」を読むと、「最小の働きで最大の効果」というバックミンスターフラーの言葉を思い出す。

前者の作品は研究対象として忘れ去られることはないだろうし、後者はそのエバーグリーンさでやはり忘れられることはないだろうけど、本書にはその中間の、すでに忘れられ始めている作品も収められている。そういう、英米文学史的な意味でも興味深い読み方のできる本。

それにしても、もう文学史の教科書上でしか「メジャー」ではない作家や作品をなぜ採り上げるのだろう? と思ったが、その答えは解説にあった。

「(前略)このとき欠落しているか表面化してない(ママ)観点とは、同性愛が犯罪でもなければ悪徳でもないという観点である。ビドルボームは囚人のように罪人のように罪を贖う禁欲的隠者的生活を送る必要はないのだ。だが現実には、多くの人々が同性愛者であることを暴かれ、経歴を失い社会的に追放された。そして嘆かわしいことに、この傾向はいまもって終わっていない。同性愛開放はまだ未完のプロ ジェクトである。同性愛者であることが犯罪でも罪でもなく汚名でもないこと、同性愛者差別こそ犯罪であることを社会全体に浸透さ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
平凡社ライブラリーと大橋洋一氏が手を組むとこういう本が出来上がるんだなぁと妙に関心(感動)した1冊です。
ゲイ小説…とは言ってもやはり、十九世紀末に作られた作品なのでそんなに露骨なものはありません。選ばれた作家陣も人気作家ばかりなので肩書きは抜きにして、小説を楽しめばいいのではないでしょうか。この面々を一度に読める本なんて他にありませんから。
しかし、この本にサキが入っているのにはびっくりしました。大好きな作家なので、全く知らない事実に驚きました。確かにゲイブリル・アーネストはそのケのある作品ですが、他の作品はそんなでもないのです。女性嫌悪(ミソジニー)の傾向があるので、言われてみれば確かにですけどね。
巻末の大橋洋一氏の解説が、少しまわりくどい書き方をしていますが、ゲイ小説の経歴を説明しながら作品を紹介しているので、さらにゲイ小説にハマりたい方はこちらもじっくり読んでください。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
皆さまのレビューが良かったので購入しましたが 編者のセレクトと巻末の解説が素晴らしくて これまで意識していなかった視点を指摘されて 大変勉強になりましたし楽しめました。作家がゲイである場合には独特な価値や感性を持った作品が生まれるであろうし ゲイでない作家がゲイに関する題材を扱ったときには 偏見、嫌悪、時代性、同情などの何らかの感慨が込められているから そういった視点から作品を眺めてみると これまでとは違ったものが見えてくる。普通の環境ではストレートであった人が軍隊という特殊な環境の中で自分の中のゲイの気持ちを意識し始めたり、宣教師として異郷の地で孤独と闘いながら布教活動を行う中で一線を越えてしまう状況など 考えられる様々のシチュエーションも網羅されている。セレクトが良いし、訳も良いように思いました。
W・H氏の肖像、幸福な王子(ワイルド)密林の野獣(H・ジェームス)ゲイブリエル・アーネスト(サキ)プロシア士官(D・H・ロレンス)手(シャーウッド・アンダソン)永遠の生命(E・M・フォースター)ルイーズ、まさかの時の友(S・モーム)
幸福な王子は全訳で読んだのは初めてでしたが、王子とツバメの二人っきりの世界は本当にゲイでなければ描けない世界ですね。ワイルドがゲイであったからこそ私たちはこの美しいお話が読めるのですもの。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー