通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 47sutekinamati
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。 一度読んだ中古品になります。 目立った汚れや折れ等はございませんがあくまで中古品であることをご了承の上でご購入してください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック 単行本 – 2015/8/26

5つ星のうち 3.6 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/8/26
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,148

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック
  • +
  • 本当に好きな音を手に入れるためのオーディオの科学と実践 失敗しない再生機器の選び方 (サイエンス・アイ新書)
  • +
  • 今こそできる理想のオーディオ ~ハイレゾからヴィンテージまで (大人の自由時間mini)
総額: ¥4,082
ポイントの合計: 124pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

"電力会社で音が変わる" は本当なの! ?
(オーディオ都市伝説)

今まで信じていたことは非常識だった。
アンプ設計のプロがそっと教える
ベテランオーディオマニアも知らない新常識

---
次の症状の方は、処方箋(本書)が必要です
・ハイレゾの良さがわからない
・オーディオ製品を買って後悔したことがある
・オーディオケーブルを3本以上持っている
・最新装置にしても音が良くならない


●目次
・ ハイレゾの音はそもそも再生できていない! ?(ってどいうこと)
・ 何故レコードの音質がCDよりいいのか?
・ 30年前の高級機で揃えたオーディオ、そこには落とし穴が
・ 最近みた変なスペック-びっくりしたなもう-
・ イヤホン・ヘッドホンとスピーカーの違い
・ 実際に会って違うと感じたオーディオ評論家
・ ミシンに負けているオーディオ市場
など・・・

内容(「BOOK」データベースより)

“電力会社で音が変わる”は本当なの!?今まで信じていたことは非常識だった。アンプ設計のプロがそっと教えるベテランオーディオマニアも知らない新常識。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: 秀和システム (2015/8/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798044504
  • ISBN-13: 978-4798044507
  • 発売日: 2015/8/26
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,206位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

本の内容からすると「オーディオに関する50の常識・非常識」のようなタイトルの方が適切と思う。

Paracusiaさんのレビューとほぼ同様の「アンプ技術については強いが、それ以外は程ほど」という感想を持った。

ユーザーが音質チューニングを行うという意味でのオーディオテクニックについても殆ど触れられていない。オーディオテクニックは、「アンプのNon NFB にこだわらない方が良い」とか「大型スピーカーより小型スピーカーの方がアンプのパワーが必要」あるいは「オーディオ評論家はレビューで否定的なことは書きにくい」といった、どちらかといえば「オーディオ機器購入時の注意点」や「オーディオ業界の裏話」のようなことに重点が置かれている。本のタイトルから想像される内容とは違う可能性が高いので注意。

オーディオケーブルに関しては殆ど書かれていないが、本書の中で「オーディオケーブルは販売のマージンが大きいからメーカーや販売店にとってうまみがある」という趣旨のことが書かれているのは本質をついていると思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者は、博士号を持った元NECの本物の技術者。この本では、オーディオ・マニア独特の微妙な迷信を平易な言葉でズバズバと謎解きしてくれている。読んでいて気持ちいい。
実は、私も、小金(?)が入ったら、ケーブルを取り換えて、満足していた人間だ。
しかし、この著者の指摘は、よく考えてみれば、たしかにその通りと納得させられる。文系の評論家やメーカー・販売店に可愛がってもらっている評論家では、こういう解説は書けないだろう。
著者は、この本で、メーカーや販売店を思いっ切り敵に回してしまった感がある。
つまらない圧力に屈しないで、これからも役に立つことを、ズバズバ書いて欲しい!
私のような迷えるオーディオ・マニア(?)は、こういう本当のことを書いた本を待っていた。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本書は、オーディオ製作のメーカーを立ち上げた技術者が、自社のホームページで10年にわたって書きためてきたブログ・コラムの一部をまとめたものだそうである。
オーディオ初心者に丁寧に説明する入門書ではなく、書籍タイトルに含まれる"ケーブル"についての議論を掘り下げる本でもない。半分程はオーディオ機器の設計、使用方法に関わる内容である。残りには、コンサートホールの構造と音響の関係などもふくまれ、機械に興味のない人にも楽しめるトピックとなっている。現代のオーディオに関する9分類、合計50個のトピックを取り上げており、オーディオのベテランを自負するような人が陥りがちな錯覚を指摘している。軽快な口調とわかりやすい説明で、ややこしくなりがちな技術論もうまくまとめてある。ブログとコラムを編集したと聞いたが、うなずける読みやすさである。ただし純粋な技術書ではないので、ディープな技術論を期待してはいけない。

オーディオ業界では、メーカー、広告代理店、評論家がわかったようなわからないような文章で新製品を宣伝していて、情報の洪水の中からユーザーにとって本当に必要で正しい技術論を拾い上げることは非常に難しい。最近のオーディオ関連書籍も、メーカーカタログの延長線のような本が多い。本書はそのような一般のオーディオ本とは一線を画する内容である。オーディオ業界で常識と
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
知っていることもあったし、それは知らなかった目から鱗という事もある。

知らなかった事を知れたのはもちろんプラスだったが、
知ってることが書かれているからといって即マイナス評価でもなかった。
自分の「知ってた」と思っていた事でも、
自分とは違う別の視点から説明されると技術背景のあやふやだった部分の確認とか、
知識の補強になりプラスだった。
(今まで知っていると思っていただけで、実は深くは知らなかったと気づけた)

普通と違うのは、オーディオの本の著者としては珍しいインテルや
IBMなどの設計の出身らしい。
半導体やパソコンみたいなデジタルな業界からオーディオに!?

理論から入ってくれるので、理屈っぽいと思う人もいそうだけど、
理系の人にはすごいわかりやすいと思う。オカルトはなく、すごく科学的だ。
雑誌のオーディオ評論家は絶対話さない、また違った話が聞けたので興味深い。

おもしろいのは、どこにもケーブルを変えてはイケナイと言っていないこと。
ケーブルをいろいろ試すのも楽しいし、セッティングも楽しい、
ここに書いてあることを基礎知識として最低限やった後で、
存分にいろんなケーブルを変えて、オーディオを楽しもうと思う。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック