¥3,960
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ケース研究 責任能力が問題となった裁判員裁判 (G... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ケース研究 責任能力が問題となった裁判員裁判 (GENJIN刑事弁護シリーズ) (日本語) 単行本 – 2019/11/20


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/11/20
¥3,960
¥3,960 ¥7,920
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定セール プライム会員限定ポイント。 1 件
  • プライム会員限定セール プライム会員限定ポイント。
    プライム会員限定セール プライム会員のお客様は本全品5%ポイント還元。まとめ買いならクーポンコード入力で最大14%ポイント還元。対象商品はAmazon.co.jpの販売する商品に限られます。 特設ページへ 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本全品5%ポイント還元
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定セール プライム会員のお客様は本全品5%ポイント還元。まとめ買いならクーポンコード入力で最大14%ポイント還元。対象商品はAmazon.co.jpの販売する商品に限られます。 特設ページへ 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • ケース研究 責任能力が問題となった裁判員裁判 (GENJIN刑事弁護シリーズ)
  • +
  • 刑事精神鑑定ハンドブック
総額: ¥12,980
ポイントの合計: 220pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Cyber Monday (サイバーマンデー)
今年最後のビッグセール、サイバーマンデー開催中。12月9日(月)まで。
今すぐチェック。

商品の説明

内容紹介

責任能力が問題となる事件の弁護活動のあり方を検討するには、精神科医の協力が不可欠である。精神鑑定書の読み方一つとっても、弁護人には理解が難しい。複数の精神科医から意見を聴くことで、理解を深めることができる。また、尋問のあり方についても、尋問を受ける証人(鑑定人)の立場からの意見を聴くことで、尋問のあり方を検証することができる。このような問題意識から、日本弁護士連合会では、日本司法精神医学会・精神鑑定と裁判員制度に関する委員会の協力のもと、定期的に協議会を開催してきた。そこでは、責任能力が争われた事件の弁護人を招いて、精神鑑定と弁護活動を報告してもらい、精神科医と弁護士による共同検討を行ってきた。
本書では、上記協議会の成果をとりまとめたもので、責任能力が争われた裁判員裁判10ケース(統合失調症圏、気分障害圏、物質関連障害・飲酒酩酊、発達障害)を取り上げている。
一つのケースについて、それぞれ、担当弁護人による事例報告、精神科医と弁護士のコメント、判決書の抜粋が収められている。ときには意見が対立することもあるが、一つの事例について、異なる視点からの分析が加えられることにより、事例をより深く理解することができる。

【第1部】 統合失調症圏
[ケース1]殺人未遂被告事件(診断:統合失調症)
検察官の不充分な聴取および簡易鑑定に基づき起訴された結果、無罪となった事例
[ケース2]殺人未遂被告事件(診断:統合失調症)
心神喪失により無罪となった後、医療観察法に基づく入通院処遇が不要との決定となった事例
[ケース3]殺人被告事件(診断:統合失調症)
再鑑定により検察官が公訴を取り消した事例

【第2部】 気分障害圏
[ケース4]殺人被告事件(診断:うつ病)
私的鑑定の意見書よりも鑑定人の証言が信用された事例
[ケース5]殺人被告事件(診断:うつ病)
無理心中を図って子を殺めた母について、うつ病の影響で心神喪失の状態にあった疑いがあるとして無罪とされた事例
[ケース6]現住建造物等放火被告事件(診断:うつ病)
うつ病に罹患していた被告人が妄想に基づき自宅に放火した事例
[ケース7]強盗傷人被告事件(診断:躁うつ病→非定型精神病)
控訴審において新たに行った当事者鑑定に依拠し、第一審とは異なる精神障害が認定された事例

【第3部】 物質関連障害・飲酒酩酊
[ケース8]傷害致死被告事件(診断:精神作用物質による精神病性障害)
いわゆる「7つの着眼点」に基づいて争点整理がされ公判が行われた事例
[ケース9]現住建造物等放火被告事件(診断:飲酒酩酊)
アルコール中毒せん妄・アルコール離脱せん妄等の精神障害と責任能力の有無が争われた事例

【第4部】 発達障害
[ケース10]殺人被告事件(診断:アスペルガー障害)
裁判員裁判において障害に対する無理解・偏見による厳罰化がなされた事例

内容(「BOOK」データベースより)

精神科医と弁護士による異なる視点から分析。事例をより深く理解する!責任能力が争われた裁判員裁判10ケースにつき担当弁護人による事例報告、精神科医と弁護士によるコメント、判決文・決定文を収録。裁判員裁判における精神鑑定および弁護活動のあり方を検証する。


登録情報

  • 単行本: 294ページ
  • 出版社: 現代人文社 (2019/11/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877987436
  • ISBN-13: 978-4877987435
  • 発売日: 2019/11/20
  • 梱包サイズ: 21.4 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,646位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう