数量:1
¥ 25,420 + 関東への配送料無料
残り2点 ご注文はお早めに 販売元: Dプライスonline
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 shop-mee-suke
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【商品状態】本体及び付属品(※写真添付)ともに大変きれいな状態ですが、中古品になりますので細かな傷や汚れなどはご了承くださいませ。また記載のない限り付属品等はございませんので予めご了承ください★【商品発送】:発送につきましては、Amazon配送センターから24時間以内に迅速に発送いたします。★お急ぎ便、コンビニ・ATM・ネットバンキング・・代金引換電子マネー払いも可能。 ★【返金保証も万全】:Amazonマーケットプレイスのポリシーに基づき、 お届けする商品は十分な検品を実施しておりますが、万が一不備・不具合などございましたら大変お手数ではございますが、返品・返金対応させていただきますのでAmazonカスタマーサービスへご連絡お願いいたします。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 25,421
+ 関東への配送料無料
発売元: ECカレント
カートに入れる
¥ 26,400
+ 関東への配送料無料
発売元: EDIONネットショップ
カートに入れる
¥ 26,460
+ 関東への配送料無料
発売元: PCBOX78
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ケンウッド CDレシーバー シルバーKENWOOD R-K731[ 型番:R-K731-S]

5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 50,400
価格: ¥ 25,420
OFF: ¥ 24,980 (50%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Dプライスonline が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換が利用できます。
新品の出品:21¥ 25,420より 中古品の出品:3¥ 17,500より
  • ●左右独立フルデジタルアンプ
  • ●安定した電源供給を実現する大型EIコアトランス
  • ●PCなども再生可能な豊富なデジタル入力端子を搭載
  • ●「R-K731」では、信号入力からアンプの最終段までをデジタルで信号処理する「フルデジタルアンプ」を採用。
  • ●また、信号増幅段では、「Lchアンプ部」と「Rchアンプ部」をそれぞれ独立構成、同じくL/Rchともに独立させた電源供給回路と組み合わせることにより、チャンネルセパレーションに優...


迷ったらコレ オーディオ18選
オーディオ製品を検討中で、どれを購入したらよいのか分からないユーザー必見。カテゴリー別に支持されているモデルをご紹介。 今すぐチェック

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら



よく一緒に購入されている商品

  • ケンウッド CDレシーバー シルバーKENWOOD R-K731[ 型番:R-K731-S]
  • +
  • ケンウッド ブックシェルフ型 木目【ペア】KENWOOD[ 型番:LS-K731-M]
  • +
  • audio-technica ソルダーレスバナナプラグ AT6302
総額: ¥36,306
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

登録情報
商品パッケージの寸法36 x 33 x 20 cm ; 7 Kg
発送重量7 Kg
製造元リファレンス R-K731-S
ASINB006KBA1AC
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2011/12/10
おすすめ度 5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電・カメラ - 32,726位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

◆限りなく原音に近い再生音を実現する高音質化技術「Supreme EX」を搭載◆アンプ部にチャンネルセパレーションに優れた高精度な信号増幅を実現する「左右独立フルデジタルアンプ」搭載◆電源供給回路部には音質に悪影響を与えるリップルノイズを取り除き安定した増幅動作を支える「独立電源供給回路」を搭載 /


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 入力からアンプ最終段までの全て信号処理をデジタルで行い、途中にD/A変換を含まないフルデジタルアンプは非常に高い音質を低価格、低消費電力で実現できる。しかしながら、やたら高額なもの、なぜかデジタル入力が省略されているもの、機能がごく限られてるものなどはあれど、オーディオ用アンプとして価格や機能をバランスよく備えた機種は意外とない。

 そんな中、本機種は盛りだくさんの機能と、低価格をあわせ持つオススメの機種である。また、デザインも大手製らしくシンプルかつスタイリッシュなものとなっている。
先代R-K1000NにあったPHONO入力は省略されてしまったが、豊富なソースに対応しており、今時の(ミニ)コンポが持つような機能は一通り備えている。さらにPCからのUSBダイレクト入力にも対応しているところが特徴で、PCオーディオ用途にも最初から対応可能である。これを利用して例えばPCからネットラジオを使用することで、付属アンテナをわざわざセットアップしなくてもラジオ放送をノイズレスで楽しめたりもできる。

 音質はフルデジタルらしく、高い透明度と引き込まれるような深さ(濃さ)を兼ね備えた、高級(高額)アンプにもヒケをとらない、ハマりやすいものである。本機が一台完結型(基本スピーカー以外不要)で、なおかつ安価なメリットを活かして、できるだけ良質
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
4年に一度しか変更を行わないと銘打ったKシリーズの、普及クラスでコストパフォーマンスの高いR-Kシリーズの新機種とあって期待して試聴しました。
筐体はR-K711と比べて、フルデジタルだけにコンパクトになっています。
R-K711のシャンペンゴールドの暖かいイメージに比して、シルバーはやや冷たい感じ。
音の方もルックスに共通して、ややソリッドな感じですが、デジタルアンプらしく出力を生かしたメリハリの良い音。
これをよしととるかは、好みの問題で、R-K711に馴染んだ耳には、ボーカルやアコースティックな音源にはR-K711の方が温かみを感じるでしょう。
しかし、スピーカーがややブーミーなメリハリのない穏やかなタイプには、R-K731の方が輪郭のある明るい音で相性がよいかも知れません。
ここは悩むところですが、R-K711の温かみをとるか、R-K731の立ち上がりのよい切れ味をとるかは、スピーカーとの合わせ方により、より楽しみが広がったというところでしょう。
本当に、KENWOODさんは毎回、面白いCPの高い製品を出してきて、ユーザーを飽きさせない音作りをするなと感心させられます。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
他のメーカーの製品はデザインが一件良さそうでもボリュームが樹脂だったりとがっかりする部分があるが、この製品はほとんどが金属でできており、高級感がある。そして音質はデジタルアンプという事で位相感がしゃっきりしていて音に立体感があり、LowからHighにかけて非常にレンジも広いと思った。当方は、スタジオモニターなどの別環境もあるが、それと比べても変な味付けが無いため、エンジニアの意図をしっかり伝えてくれる製品という事で非常に満足度が高い。リモコンは小さいが良くまとまっている。むしろ置き場所に困らないので良い。

割引されている事もあるのだろうが、この価格では信じられないほど良くできた製品だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 ケンウッドのスピーカー(LS-K731)を持っていたため、サブ機として購入しました。低価格のフルデジタルアンプの音に興味があったためで、毎日メインシステム(と言っても、アンプがパイオニアA-10とCDプレーヤーがPD-10の安価コンビで、両方で4万円弱で購入)とスピーカーを
バナナプラグで繋ぎなおしては聴いています。スピーカーはZENSOR3、LS-K901、LS-K731、BP-200の4種類。
 部屋はパナホームの2階で14畳のリビングで、太田裕美や松田聖子、ユーミンをメインに聴いています。
 私にとって本機との接続で一番心地よいサウンドを再生してくれるスピーカーはLS-K731でした。デジタルの明瞭なサウンドをD-BASSで低音を補強し、太田裕美を聴いてみるとボーカルがとても自然です。ただ周波数帯が狭いため、楽器等はそれなりです。デジタルらしい明確だけど若干艶に欠ける音。単体で聴くなら十分なサウンドです。後で、A-10とZENSOR3のサウンドを聴くと明らかにレンジも広く艶もある。但しボーカルの自然さ明瞭さは本機の方が上です。では、本機にZENSOR3を繋ぐと?残念ながらデジタルの悪い点が目立ってしまいます。K901でも低音の量感は増えるもののボーカルは引っ込んでしまいます。BP-200もボーカルは引っ込みます。
 私のようなボーカル
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー