この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ケニー・カークランド・デビュー!

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ケニー・カークランド ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (2005/6/22)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 62 分
  • ASIN: B0009N2U7O
  • JAN: 4988005394927
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 577,358位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. MR.J.C.
  2. ミッドナイト・サイレンス
  3. エル・レイ
  4. スティーピアン・フェイス
  5. セリア
  6. チャンス
  7. ホエン・ウィル・ザ・ブルース・リーヴ
  8. アナ・マリア
  9. レヴェレイションズ
  10. クリス・クロス
  11. ブラスフェミー

商品の説明

メディア掲載レビュー

1980~90年代録音の名盤にスポットを当てた`JAZZ THE BEST-NEW STANDARD 50`シリーズ(全50タイトル)。レビュアー、杉田宏樹セレクションによる、ケニー・カークランド編。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
Kenny Kirkland唯一のリーダー作にして,大傑作

98年に惜しくも43歳で世を去ったKenny KirklandがGRPレーベル(それにしてもなんでフュージョン専門と思われたGRPなのかは今もって謎だが...)に残した唯一の単独リーダー作である。Kirklandはそのシャープなフレージングや新主流派からStingの伴奏まで何でもこなすオールラウンドなプレイ・スタイルから多数のレコーディングを残しているが,リーダー作は本作と,Jeff Watts,Charles Fambroughとの"Thunder and Rainbows"(現在はJeff Wattsのリーダー作"Megawatts"として流通)しかない。ある意味で"Musicians' Musician"の代表のようなプレイヤーと言ってもよいだろう。本作でのKirklandは,初リーダー作という気負いを感じさせることなく,新主流派的演奏とラテン・タッチをうまく交えつつ,自身の多才さを取りこんで完璧な出来に仕上げているのは立派である。ピアノのラインに,適切にシンセサイザーを絡めるのがKirkland流とも言えようが,こうした適切なサウンド・プロダクション振りも素晴らしい。ジャズ・ファンからすれば,冒頭の"Mr.JC"から一気に興奮の頂点へいざなわれてしまうが,全編を通じて素晴らしい演奏の連続である。より多くのリスナーに聴いてもらいたい90年代初頭の大傑作である。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
故ケニー・カークランドの満を持してのデビュー盤となったアルバム。盟友ブランフォードをはじめ多くのゲストが参加しており、多様性に満ちている反面若干散漫な感も否めない。それはアコースティックピアノだけでなく、シンセを多用している所為でもあるだろう。4ビートからフュージョン、ロックまで高レベルでこなすバーサイタルなミュージシャンだから、このようなアルバム構成となったのも致し方ないが、もう少しケニーのピアノにスポットを当ててほしかった気もする。バド・パウエル、モンクのビバップチューンのラテンアレンジ(なかなか気が利いてて面白い)やショーター、オーネット・コールマンのほかケニーのオリジナル曲が取り上げられているが、いずれも佳曲である。中でも三拍子の「Chance」はケニーのオリジナル曲の中でも随一の名曲といっていいのでは。ケニー独特の陰のあるハーモニーが美しい。このアルバム中、唯一純然たるピアノトリオ編成で演奏されるこの曲があまりによいので、もっとピアノトリオでケニーを聴きたかったという思いが残る。だが全体としてレベルの高い仕上がりのアルバムといえるだろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告