IKARI(怒I) がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,500
通常配送無料 詳細
発売元: リサイクル ジャパン
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

IKARI(怒I)

プラットフォーム : FAMILY COMPUTER
5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,940
価格: ¥ 2,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,440 (58%)
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、HOUKIDOUが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
  • FAMILY COMPUTER
  • ファミリーコンピュータ用カセット
  • SNK エス・エヌ・ケイ
  • アクションシューティング
新品の出品:2¥ 2,500より 中古品の出品:26¥ 290より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • IKARI(怒I)
  • +
  • IKARI3(怒III)
総額: ¥11,300
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B000068I5U
  • 発売日: 1986/11/26
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 21,388位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

昔、よく弟と2Pでシコシコやりましたよ。
僕が先に倒れると、おれにかまわず行けぇ!とか言いながら。
ここで大技林にも載っていない裏技を紹介。2Pだと乗り物に乗る際、1台しか配置されていないことがあるが、この時2人を1台の乗り物に重ね、同時に乗車するとアラ不思議、なぜか2人とも乗り物に乗れちゃうのだ。(分裂?)タイミングはわりとアバウト。ミスったらまた下車すればいい。これはバグ技らしく、ガス欠や被弾してないのにたまに爆死することもあるが、概ね重宝する裏技だ。さあ男たちよ、カラシニコフを手に取れ!2人して戦車でバリバリ進み、チョッパーで敵の本拠地を蹂躙せよ!
1 コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
このファミコン版「怒IKARI」を当時プレイした方たちのソフト購入理由のそのほとんどが、実に“カプコンから少し前に発売された「戦場の狼」がお店で品切れで買えなかったから!!”という事だそうですが、かくいう私はむしろ「戦場の狼」をフッて「怒IKARI」を購入した“とても奇特な”ファミコンゲーマーでした。
当時「徳間書店」から出ていた「月刊ファミリーコンピューターマガジン」を欠かさず西東京市の本屋さんで定期購読していた私は最初、この誌上で「戦場の狼」のアーケード版画面を見て「なんと面白そうなゲームだろう」ととても心ときめきました。
しかしその数ヵ月後「戦場の狼」のファミコン版の画面が同雑誌上にて初公開された時、私は絶句しました。
「なんじゃこりゃ…。」
アーケード版と比してファミコン版は縦方向に全てが潰れた画面に変更され、小さく不恰好になった主人公を目の当たりにしてとてもアーケード画面を見て感じた「心のときめき」をそこに再び感じる事はありませんでした。
と、そこで思い出したのが同誌上に時期を同じくして掲載されていた白兵戦ゲームの「怒IKARI」です。
ファミコンマガジン上ではそのゲーム内容が詳しく紹介されていました。
そこで私の心を得たのが本作の「戦車への乗降」です。
これは私の心を掴みました。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ファミコンソフトとは思えない程のリアルで綺麗な画面にビックリ!、これは元々、ゲームセンターのゲームだったのではないでしょうか。たったひとりの兵士が敵陣に殴りこむといった内容、敵兵が物凄い数、出てきます、なのにこちらはひとり、更にヘリコプターに戦車と凄い事に!こちらも戦車に乗って攻撃が出来るのが嬉しいですねぇ、はまります!、戦争で廃墟となった町並みとか本当にリアルで良い味を出しています、敵要塞に侵入をすると何と見覚えのあるカギ十字のマークが!そういう事だったのか!音楽も良い買って損なしな名作ソフトだと思いますよ!。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告