この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ケイン基礎生物学 (日本語) 大型本 – 2012/3/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本
¥11,897 ¥1,345
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


夏先取りSALE開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 夏先取りSALEを今すぐチェック

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

Cain,Michael L.
コーネル大学で社会生態学と進化生態学の分野の研究で博士号を取得後、ワシントン大学で分子遺伝学のポスドク研究員として研究した。これまで13年の間、ニューメキシコ州立大学とローズハルマン工科大学で、基礎生物学をはじめとする他の広い分野の生命科学の教鞭をとり、現在、ボードイン大学に所属するが、おもに執筆活動を行っている。これまで、植物の種多様性、植食性昆虫の行動、長距離の種子散布、コオロギの種分化についての学術論文などを多数公表し、また、Pew Charitable Trust Teacher‐Scholar Fellowshipや米国国立科学財団をはじめ、数々の賞や研究補助金を授与されている

Yoon,Carol Kaesuk
コーネル大学で博士号を取得後、1992年からNew York Times紙の科学記事を担当している。最近の記事は、植物の感覚能や、EvoDevoという系統発生と個体発生の関係に着目した新分野の紹介である。彼女の書いた科学記事は、科学雑誌のScience、Washington Post紙、Los Angeles Times紙などにも掲載されている。コーネル大学では、John.S.Knight‐Writingコースの客員研究員として文筆技術に関する講義をもち、また、生命科学コースの教授と協力して、生物学の分野での批判的な考え方について教えるプログラムにも参加している。Microsoft社の科学教育コンサルタントでもある

Singh‐Cundy,Anu
コーネル大学で博士号を取得し、ペンシルベニア大学で分子細胞生物学のポスドク研究員として研究した。現在、ウェスタンワシントン大学で准教授として、学部学生、大学院生を対象に、個体生物学、細胞生物学、植物発生学、植物生化学などの講義を担当している。12年以上、生命科学を専攻しない学生に基礎生物学を教えてきた経験があり、そのような学生にも生命科学に関心をもたせ、この分野がいかに実生活にかかわっているかを紹介している。アイデアに満ちた講義を行う教育者としての高い評価を受けている。研究は、植物細胞間の情報伝達、特に、花粉とめしべの自家不和合性のしくみをテーマにしていて、数十編の学術論文があり、米国国立科学財団の研究補助など複数の奨励金や賞を受けている

上村/慎治
1955年鹿児島県に生まれる。1978年東京大学理学部卒。1983年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。現、中央大学理工学部教授。専攻は生物物理学、細胞生理学、動物生理学。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません