中古品
¥ 1,230
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 happy堂
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【Amazonセンターより迅速・丁寧に発送】 カバーに微スレ有りますが、本文に折れ書き込み無く非常に良好な状態です。★クリスタルパック包装、簡易クリーニング済み、万が一商品に不具合がございましたらAmazonカスタマーサービスより迅速に返金対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ケインズ経済学 (図解雑学) 単行本(ソフトカバー) – 2010/11/2

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 963
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1930年代の世界大恐慌下で執筆され、「デフレの経済学」とも言われる、ケインズの『雇用、利子および貨幣の一般理論』(通称、『一般理論』)。経済学者の間でも「難解」と言われる『一般理論』を徹底的にかみ砕き、経済学入門者でも無理なく理解できるように解説しました。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、「古典派経済学vsケインズ経済学」「現代マクロ経済学vsケインズ経済学」の2つの対立軸を提示することで、現代主流派経済学の入門書にもなっている。「古典の解説には、現在の問題意識から過去を回顧し、将来を展望することが必要」と主張する著者は、閉塞状態にある現在の日本経済の視点から『一般理論』を読み、日本経済の将来を展望できるように解説している。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: ナツメ社 (2010/11/2)
  • ISBN-10: 4816349847
  • ISBN-13: 978-4816349843
  • 発売日: 2010/11/2
  • 梱包サイズ: 18.4 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 210,265位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mai 投稿日 2013/2/14
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
図や絵がたくさん使ってあって、わかりやすかった。経済学を勉強し始めた人におススメです。ケインズ理論は難しいので、この本を手始めに読むといいと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告