日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

グーニーズ (字幕版)

 (6,687)7.81時間54分198513+
落ちこぼれ少年団『グーニーズ』。彼らが夢にも見たことない、とびっきりの大冒険がいよいよ始まる! Eirin Approved (C) 1985 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
コリー・フェルドマンキー・ホイ・クァン
プロデューサー
スティーブン・スピルバーグリチャード・ドナー
提供
Warner Bros. Entertainment Inc.
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.4

6687件のグローバルレーティング

  1. 67%のレビュー結果:星5つ
  2. 17%のレビュー結果:星4つ
  3. 10%のレビュー結果:星3つ
  4. 2%のレビュー結果:星2つ
  5. 3%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

マスターチープ2018/12/11に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中見るなら字幕で
確認済みの購入
プライムビデオで吹き替え版を見ましたが
吹き替えが酷くて内容が入ってこない
TV版の吹き替えでやって欲しかったです
86人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
しゃお2018/11/04に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中子供の心を大人になっても忘れない映画
確認済みの購入
今でもシンディローパーのこの曲を聴くと、子供の頃持っていた冒険心がよみがえるような思いです。
ファミコンのゲームでもグーニーズたくさんやりました。
子供の時の心を忘れた大人に、改めて素直な心で見てほしい映画ですね。

テレビ放送の時のVHSで撮った映像も持っていますが、一部消えてしまったので改めてDVDで購入したのですが。
星1つ減らしているのはここが理由で、吹替の声が、当時のテレビと違う。翻訳も違う。
テレビ放送の時の翻訳の方が、さらに内容を深く感じさせて、盛り上がる、良い翻訳をしています。ちょっとそこだけ残念。
当時のテレビ放送版の翻訳のものが手に入るなら、是非ほしいが・・。
57人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazon カスタマー2018/05/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中最高傑作
確認済みの購入
何度観ても飽きません。
私にとっては、映画史上、最高傑作です。
キャラクター全員が個性的で、悪役の人たちですら愛らしい。
音楽も素晴らしいです。
後味の悪い作品が多い昨今の映画と比べ、昔の映画の良さの一つが、この後味の良さです。
心を曇らせ、暗くする様な作品が少なかったように思います。
Blue-rayという事でボーナス的なものを期待しておりましたが、期待した程ではありませんでした。
かつて、Blue-rayなぞなかった時代、あれはビデオテープだったでしょうか、記憶は定かではありませんが、監督や出演者によるコメンタリーが確か映像としてあった記憶があるのですが、こちらでは音声しかありません。
63人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
クローザー2019/10/06に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中※吹き替え要注意※字幕は★5つじゃ足りない名作中の超名作です!ドラゴンボールに感謝
確認済みの購入
このレビューはあくまで吹き替え版に対して★3つという意味です。
三行でまとめるとレビュータイトルどおり、映画そのもののレビューではありません。
字幕の翻訳は大御所戸田奈津子さんで、字幕での評価なら★5つでも足りないくらい、名作中の超名作です。
吹き替えは見ないという方は安心して購入してください。

グーニーズが大好きで、これの前に買ったグーニーズのブルーレイについている吹き替えが、そのままの音声に字幕になっている部分があったり吹き替え翻訳が好みでなかったりで映画の内容に入り込めなかったので、買い直しました。(マイキー/浪川大輔さん、声優陣が悪いわけではないです)

昔の記憶をたどり、声優さんには疎いのですがドラゴンボールの野沢雅子さんの特徴的な声がマウスの声だったことを思い出し、「グーニーズ 野沢雅子」で検索してこちらの「グーニーズ 25周年記念 ブルーレイ コレクターズ・エディション」にたどり着きました。新しい吹き替えとは別に、「1988年TV放送版」の吹き替えを選ぶことができました。
「1988年TV放送版」で再生、なつかしの声優陣に嬉しすぎて大興奮!ブランドがヤムチャ!
(ロザリーナがなぜかメキシコ語を話すことになっていますが、そこは気にしてません)

が、その数十分後…吹き替えが突如消えました。
仕方なく設定を見直し、日本語吹き替え(1988年TV放送版)になっているのを確認。しばらくすると吹き替えに戻る。
そんな箇所が何か所もあって、不良品?かと思います。
吹き替えができていないのは新しいほうだけではなく、むしろこちらの1988年TV放送版のほうが吹き替えができていない部分が多かったです。

ただ当時の疑問が1つ解消されました。
最後の方のシーンでデータが「僕はタコが怖かった」というシーンに、当時違和感を感じた方も多いのではないでしょうか?私は子供ながらに、タコ?嘘?データが?マウスやチャンクじゃなくて?と当時思っていました。
未公開シーンで30年前の疑問が解消されました。あのセリフ自体がカットし忘れなのだと。
1988年TV放送版の吹き替えを探していたものの、グーニーズ 25周年記念ブルーレイの特典は非常にうれしかったので、手放しはしません。

それでも1988年TV放送版吹き替えの完全バージョンがほしいので、もう少し探してみようと思ってます。
38人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
RC2019/02/13に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中吹き替え声優がひどい
確認済みの購入
すごく楽しい作品なのですが、野沢さんや古谷さんが吹き替えしていた
頃の印象が強く、子どもたちの声がみんな高く個性が感じられない
これを聞くとさすがにひどすぎる。
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
白丸2021/06/11に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中今では大人向け少年映画
確認済みの購入
5歳ぐらいのとき、従兄弟の家でテレビで観たグーニーズ。うっすらとスロースがゆりかご落ちたと言って母親を投げ落とすシーンだけ覚えていた。
今改めて観ると、これは大人向けの冒険映画だと感じる。きっと今の若者や子供には刺激も少なく、作りもチープで、物足りなく映るだろう。
しかし中高年以上の大人にとっては、これこそが冒険活劇なのである。CGなどほとんどなく、ほぼ全てがセットであるという驚き。今見ると逆に新鮮だ。
確かにお話の展開や演出などはチープかもしれない。けれども、ある年齢以上の大人にとってはたまらなく楽しく、ワクワクする映画であることは間違いないのだ。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
haous12021/06/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中宝物探しに行こう。
確認済みの購入
2021/6/11には、TBS版のグーニーズが金曜ロードショーで観れます。
評判の良かった神回だそうで、是非比べてみてください。
気になった方は、グーニーズ 日本語吹替音声追加収録版 <4K ULTRA HD & HDデジタル・リマスター ブルーレイセット>』では、ソフト版とノーカットのTBS版吹替を2種収録のソフトもあります。

宝物を探す映画という記憶しかないので、金曜ロードショー前に改めて見直してみました。
今見ても多少無理やり感、めちゃくちゃ感がありますが、宝物を探しに行く道中はとても楽しい。

主人公のマイキーが怪物を見たといっても誰も信じなかったのに、声を聴いた後マイキーが「見にいこうよ。みんなもみたいでしょ?」と言った時、全員首を振るのは流石に笑いました。
少年チームは12か13歳前後、青年チームは16歳前後くらい。

特殊メイクはVHSで見た子供の頃トラウマでしたが、今ならわかりますね。
「グレムリン」の話も小ネタで出てきます。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
トマト2018/12/17に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中シンディーの歌声と共に蘇る80年代
確認済みの購入
日本はバブルに浮かれ、アメリカは日本との貿易赤字が増大し、唯一の外貨獲得の映画産業を強化するためスピルバーグとルーカスに頼った。
その為なんでも良いからとにかくスピルバーグに作らせたって感じ。まだIT産業など無い時代だった。ハリウッドも映画のプロモーションの為音楽産業と手を組むという今でいうメディアミックスの先駆けである。
「ポルターガイスト」同様随所に見られるドナーらしからぬカメラワークは「スピルバーグ、お前が撮ったんだろう!」とツッコミを入れたくなる。またスロースがSのマークを出した時流れるスーパーマンのテーマにも関わらずクレジットには載らないなどのどかな時代を感じさせる。VFXにしても設立して間もないILM。現在とは比較にならない程稚拙なものである。
が、そこはスピルバーグ。今見てもスラップスティックとして立派に成立する完成度の高いストーリーとなっている。随所に見せるギミックは彼の娯楽作品で共通するトリックである。
良くも悪しくも80年代をよく表してる映画で必ず見ておかないと映画関係の集いがあった時知らないと恥をかくかもよ。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示