Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,436

¥ 616の割引 (30%)

ポイント : 14pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[スティーブン・レヴィ]のグーグル ネット覇者の真実
Kindle App Ad

グーグル ネット覇者の真実 Kindle版

5つ星のうち 4.4 44件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,436
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052 ¥ 157

商品の説明

内容紹介

これはグーグルの物語である。
グーグルは何を考え、何をめざしているのか。
『マッキントッシュ物語』でアップルの全貌を暴いた著者が、巨人の内側に密着取材。
これまでベールに包まれていた謎を解き明かす渾身のドキュメント。
徹底的な隠蔽戦略で見つけたネットの「金の鉱脈」、ジョブズが憎んだアンドロイド携帯、中国市場での失態、フェイスブックに挑むグーグル+、クラウドコンピューティング戦略。
誰も描かなかったグーグルの歴史のすべてが、ここにある。


【各紙の書評】
・グーグルの興隆というエキサイティングなストーリーを、これほど深く描いた本があるだろうか。(ボストン・グローブ紙)
・レヴィはアメリカ屈指のテクノロジージャーナリストだ。彼は、これまで書かれたどのグーグル本よりも、面白い本を書き上げた。グーグルに関する本はこれからもたくさん出るに違いない。だが本書ほど、グーグルを生き生きと描き出すことができるものは稀だろう。(ワシントン・ポスト紙)
・レヴィは小気味よく、かつ丹念にグーグルを描いてみせた。本書が登場したいま、グーグルに関するこれまでの本はすべて陳腐と化した。(サンフランシスコ・クロニクル紙)
・本書は傑出したルポルタージュだ。前向きで、有益な情報が詰まっている。それこそレヴィの得意とするところだ。(スターレビュー)
・世界で最も影響力のあるネット企業の思考を読み解く、最高の入門書だ。(ウォール・ストリート・ジャーナル紙)

内容(「BOOK」データベースより)

徹底的な隠ぺい戦略で実現した「ネット錬金術」、ジョブズが憎んだアンドロイド携帯、中国市場での失態、フェイスブックに出遅れた焦り、そしてまだ見ぬ未来…誰も描かなかったGoogleの歴史のすべてがここにある。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1054 KB
  • 紙の本の長さ: 650 ページ
  • 出版社: CCCメディアハウス (2011/12/16)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009LFBL4Y
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 10,085位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
2人の創業者はもちろんのこと、この会社のキーマンや組織のエピソードがふんだんに語られていて、興味が尽きない。
わざとらしく礼賛することもなく、批判的に語ることもなく、客観性があり抵抗なく読める。
ただ、これでこのアメーバのような企業の真実が見えたか、あるいは理解できたかというと、そうでもないようにも思う。
数多くの部分を見せられ、お腹一杯にはなるが、膨大な内容がかえって全体を見え難くしている。
それでも、この企業を知る上では、最も重要な書物のひとつであることには変わりはない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 小林隆 投稿日 2015/11/28
形式: Kindle版 Amazonで購入
まさに内部を長期間にわたって追った一冊だからいたしかたないとは思うが、
とにかく長い。正直読むのに疲れたというのが本音。
もう少し的を絞って欲しかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/1/6
形式: Kindle版 Amazonで購入
邦訳は2011年12月16日リリース。古くは『マッキントッシュ物語(1994年)』の著者として知られるスティーヴン・レヴィが『初めてGoogleをインサイドから書いた(察するに原題『In The Plex』におけるPlex=『網』はWebの中にあるもっとも特殊な網=Googleを指し示しているのだろう)』価値ある一冊である。本書について触れる前に、スティーヴン・レヴィのここまでの著書を列記しておきたい。以下のとおり。

『マッキントッシュ物語(1994年)』
『iPodは何を変えたのか?(2007年)』
『CEO OF THE INTERNET ジェフ・ベゾス、かく語りき(2011年。邦訳は2012年)』

このバックグラウンドを頭に入れて読みだした。読みだしてまず感じたこと。秘密主義で有名なラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン(あえてGoogleとは言わない)がよくこの本を書くことを許したなぁ、と言うことだった。それほどこの本は真摯かつ隠すこと無く、Googleの始まりから今をほぼ完璧に教えてくれる。他のGoogle関連本とは一線を画する重要な一冊だ。

未読の方ために多くの内容には触れないが、ひとつだけ。起業時のGoogleにぼくが感じたこと。それは『Googleに感じるロック・ミュージックとの共通点』
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
素晴らしい素晴らしい
やはり時代の最先端 グーグルなくして調べものはありえません
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
デスクトップアプリが主流の時代からウェブアプリを主流にすることで成長したグーグルだったが,
ソーシャルネットワーク分野ではフェイスブックに先を越された.
邪悪になるなという社是がソーシャルに出て行くのを遅らせた気がする.
また,人工知能により人類の脳を補強する知性を開発する会社だと考えていた点も原因の一つか.
これを映画化するとしたらまだ数十年は先かな
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
長ったらしいレビューは書きませんが、この本猛烈に面白いです。
グーグルという会社が世の中を変えようとしている様を肌で感じられる一冊です。

一例ですが、普通、僕らは他人の心の中を覗くことは出来ない。
ところが、インターネットの入り口を押さえているグーグルにはそれが出来る。
人々が何を検索し、その結果に対しどのようにリンクを辿っていくかを分析することで、
なぜその言葉を検索したのかを推測することが出来る。
人々が考えていることが分かるから、その先を作っていくことが出来る。
グーグルだけには、他社からは見えない未来が見えている。

揺るぎない事実だと思っていたことがひっくり返ろうとしているという感覚に、
鳥肌が立つ思いで読みました。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
単なるネット検索の会社ではないことぐらいは知っている。
でも、世界ダントツの「広告会社」であることや、
世界最大のコンピューターメーカー(自社用のサーバーを作っている)であり、
今や携帯電話会社でもあることは知らない人も多いだろう。
他にも、世界中の書籍のデジタル化を進めていたり、
マイクロソフトとも戦いが始まっていたりと、まあ、ありとあらゆる、
これまでの常識を打ち破ることをやっている。

世界中の情報をまるごと飲み込んでしまうくらいの、
とんでもないことをやってのける会社だけに、
その考え方に、まったく常識というものが通用しない。

何かの事業を始めよう、というときの発想の方法、発想の方向が
全く違っていて、ひとつひとつの判断に、なるほどと
大きくインスパイアされるものがある。

また、情報の自由がない国の政府との自由をめぐる戦いなど、
物質的な世界では起こらない問題も、次々と発生している。

600ページを超える大作だが、面白い話が尽きることはない。
この本を読めば、これからのネット時代の感性を
少しわかるようになると思う。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover