中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた 単行本 – 2010/11/22

5つ星のうち 4.0 65件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ウォークマンは、負けるべくしてiPodに負けたのだ。
VAIO、スゴ録。ソニーが誇る大ヒット商品を次々生み出し、途方もない赤字部署をあっという間に立て直した天才は、何故、愛してやまないソニーを去る決心をしたのか。
その後、世界を席巻するグーグルの日本法人社長を務めた著者が振り返る、ソニーでの二二年間とグーグルでの三年間。
興奮と共感のビジネス戦記。

[本文より]

「なぜソニーはアップルを超えられないのか?」「どうして日本からグーグルのような会社が生まれないのか?」といった類の質問を私自身も幾度となく受けて来た。「冗談じゃない、日本が生んだソニーはアップルやグーグルの手本となる企業でさえあったんだ」というのが私の本音である。(中略)
本書のタイトル「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」は、グーグル全盛の今日にはまさに逆説的だ。しかし日本人が創業した世界企業であるソニーは、本当はそのくらい凄かった。そして私は、そのソニーで、反面教師的なことも含めて実に多くのことを学んだ。それらの学びがあったからこそ、グーグルの急成長の理由を理解し、そこで密度の濃い時を過ごすことができたと思う。
(「プロローグ」より)

出版社からのコメント

「この気持ちよく分かる! 著者と僕の違いは『仕事が出来るか出来ないか』だけだ!」  原稿を読んでくれた営業部員のこの名言が忘れられません。苦労の連続にもかかわらず、毎回何とか解決策を見いだして成功を収めていく著者の仕事に対する姿勢は本当に素晴らしく、苦労の末に成功したエピソードでは、思わず涙ぐんでしまいました。困難を打開する力と同時に未来を見通す目も持っていて、まさに「理想のビジネスマン」。……ですが、目の前の仕事に熱心なあまり、ソニーという大企業の権力抗争に巻き込まれ、愛してやまないソニーを辞めることに。後のことは何も考えず辞表を出しますが、1年後、そのバイタリティと先見の明、リーダーシップを買われてグーグルに入社し、日本法人の社長に就任します。 「モノ作り」でトップを走ってきたソニーと、「形のないネットワーク」を制覇しつつあるグーグルという二つの世界企業での日々を綴った本書は、読者を興奮させる力とグローバルなビジネスヒントに溢れています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 258ページ
  • 出版社: 新潮社 (2010/11/22)
  • ISBN-10: 4103288213
  • ISBN-13: 978-4103288213
  • 発売日: 2010/11/22
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 172,892位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
著者はソニーで様々な実績をあげて貢献し、事業部長やカンパニーの責任者を歴任してこられた方です。
ソニーの組織を詳しく存じませんが、本体の社長さんなど最高幹部の一つ下の経営層の方になるのでしょうか。
そして、凋落しつつある会社を必死で盛り返そうと一所懸命に頑張ってこられたことが随所で示されています。
しかし、起死回生のための著者の奮闘は会社からの理解や協力を得られず、
何度めかの「裏切り」的な仕打ちに堪忍袋の緒が切れた著者はついに退職を決意します。

無論、著者の側からのみの見解であったり主張だったりするので、
ソニー側(の他の社員さん)からはまた別の意見もあろうかとは思います。
ただ、世の中の流れや商品の説明を読むに当を得ていて違和感を覚えなかったので、著者の主張は概ね正当なのでしょう。

著者のソニーに対する愛社精神も、おそらく人一倍強かったのだと思います。
ただ、「オレはこれだけ頑張ったのに、この仕打ちか・・・」という恨み骨髄?
お気持ちは分かるけれど、その怨念が全編にわたって滲み出てくるのには少々・・・。
どうしたって、かつて在籍していた会社の悪口になってしまう。(それがほぼ正しいとしても)
実際、私は「ソニーって、ここまでグダグダになっ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
グーグル日本法人前社長 辻野氏が、ソニーでの22年間とグーグルでの3年間を振りかえった一冊。著者の経験上、ソニーとグーグルの例で語ってはいるが、日米の企業比較論と受け取ることができる。また、自分の身の回りのことに置き換えて考えることもでき、非常に面白いタイトルである。

◆著者が辞める直前に感じたソニーの状況
・競争原理が切り替わっていることに気が付いていない:ネットワークとの連携による付加価値の追求を考える時代に、デバイスを中心に考えている
・ガバナンスの不在:外に向かって闘っているときに内側から背中を撃たれる
・プライドのなさ:プライドでいくら儲かると思ってんだ?と押し問答する上司

著者が辞める直前に感じたソニーの状況には、今の日本を象徴するかのような記述が並ぶ。この視点での「ソニーが教えてくれた」こととは、ソニーを反面教師として捉えており、皮肉交じりの意味がこめられている。しかし、本書にはもう一つのソニーが登場する。古き良き時代のソニーである。

◆著者が感じた古き良き時代のソニー
・人がやらないことをやる、ということを社是として自身に満ち溢れていた
・自由闊達な社風
・海外からの不当な圧力や理不尽なルールに対して、一歩も譲らなかった基本姿勢
...続きを読む ›
コメント 102人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lexusboy トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/12/3
形式: 単行本
 SONY本はあまた読んできたが、最近のSONY本は虚飾に満ちているか、告発的で辟易していた(私が作ったリストマニア「SONY本」参照)。
 SONY製品も大昔は愛用していたが、ここ10年、買ったSONY製品は激減したが、本書でその時社内で何が起こっていたかの一端が透けて見える。どうやら、誰か一人を戦犯にして済む問題点ではなさそうだ。
 その辺りは、「「勝つためには手段を選ばず」的な志の低い企業行為の数々」、「幾多の実績を挙げた功労者や自らリスクを取る挑戦者達を極端に粗末に扱い」、「ブランドバリューにただぶら下がり、食い潰すだけの人たちが増えた結果がソニーショック」、「今のソニーは・・創業の理念や原点から外れることが増えている」などの記述から読み取ることができる。

 しかし、読むのも気の毒なぐらい、何かを達成して、その後に梯子を外される歴史である。なんか七転び八起きの「島耕作」を思い出した。プロジェクト毎に拾っていくと、
・「P1プロジェクト」:マイクロソフトと組み、VOD方式のセットトップボックスなどを供給するプロジェクト。マイクロソフトと組むことに社内大反対。インターネットの普及で日の目を見ず。
・VAIOデスクトップ(1997〜):AVパソコンを指向。
  考えてみれば、私も2001年にRX61を購入した
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ストーリー仕立ては良く、わかりやすく、それなりに楽しめる本だ。ただし、特別な知見は得られないので、星3つの評価に値するだろう。また、文章構成に著述業のプロの「臭い」を感じる。
グーグルの話は、ほとんど出てこない。それは著者が書くことを遠慮しているからではなくて、書くことがないからでは? グーグル本社が日本法人社長の職を廃止したのは、辻野氏を必要としなかったので、その解職が目的だったのではないだろうか。たまたまグーグル日本法人社長の職にあり、そこに3年間在籍しただけなのではないか。また、たまたまソニーの社内カンパニープレジデントの職にあり、いくつかの製品を部下が開発しただけなのではないか。それはNHKで放映された元ソニーCEO出井伸之氏の喜寿の会で、元ソニー技術者の前田悟氏(エアボードの開発者)が、同会に出席していた辻野氏に面と向かって投げた言葉「あなたは何もしていない」が暗示しているように思う。
最近の著者のツイッターでのことだが、「おまえ、どこの誰なんだよ。偉そうな事言うんなら、ちゃんと自分の目と耳と足使って自分で真実を調べ抜いた上で正々堂々と名乗ってから意見しろよ。」という発言。いかに怒りが込めていたとはいえ、グーグル日本法人社長を務めたような経歴の50歳代の人物が、なぜ10代の若者が街で吐くようなセリフをインターネット上で書くのか。そこに大人になりきれてい
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー