この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

グローフェ / グランド・キャニオン

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:3¥ 600より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ニューヨーク・フィルハーモニック ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 演奏: ニューヨーク・フィルハーモニック, バーンスタイン(レナード), コロンビア交響楽団
  • 指揮: バーンスタイン(レナード)
  • 作曲: グローフェ, バーンスタイン, ガーシュウィン
  • CD (1996/10/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 収録時間: 70 分
  • ASIN: B00005G7Y5
  • EAN: 4988009203430
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 236,145位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 組曲「グランド・キャニオン」 日の出
  2. 組曲「グランド・キャニオン」 色どられた砂漠
  3. 組曲「グランド・キャニオン」 山路にて(ヴァイオリン・オブリガート:ジョン・コリリアーノ)
  4. 組曲「グランド・キャニオン」 日没
  5. 組曲「グランド・キャニオン」 豪雨
  6. 「ウェスト・サイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス プロローグ
  7. 「ウェスト・サイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス サムホエア
  8. 「ウェスト・サイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス スケルツォ
  9. 「ウェスト・サイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス マンボ
  10. 「ウェスト・サイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス チャ・チャ(「マリア」)
  11. 「ウェスト・サイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス 出会いの場
  12. 「ウェスト・サイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス 「クール」(フーガ)
  13. 「ウェスト・サイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス ランブル
  14. 「ウェスト・サイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス フィナーレ
  15. ラプソディ・イン・ブルー

商品の説明

内容紹介

20世紀のアメリカを代表する作曲家、グローフェ、バーンスタイン、ガーシュウィンの管弦楽の代表作を収めた魅力のアルバム。世界的に有名な国立公園の姿を生き生きと描いた「グランド・キャニオン」、ブロードウェイ・ミュージカルの不滅の傑作「ウェスト・サイド・ストーリー」、ジャズとクラシックの融合が生んだ名作「ラプソディ・イン・ブルー」、どれもが巨匠バーンスタインの決定的名演で楽しむことが出来ます。

メディア掲載レビューほか

クラシックのベスト選曲による、100タイトル再発売シリーズ。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
アメリカのクラシック音楽を代表する名曲「ラプソディ・イン・ブルー」と「グランド・キャニオン」に、「ウェスト・サイド・ストーリー」を組み合わせた3曲を、若き日のバーンスタインが快演している。 

1959年に録音されたバーンスタインの「ラプソディ・イン・ブルー」は、未だに「21世紀の名曲名盤」(2004年音楽之友社)第1位にランクされている名演だ。同第2位にランクされているプレヴィン指揮ピッツバーグ響盤と聴き比べてみると、ジャズ畑出身のプレヴィンが、意外に型にはまった演奏をしているのに対し、バーンスタインの方が、ずっと自由にスゥイングしている。遊び心もあり、楽しめる演奏という点では、断然、バーンスタイン盤の方に魅力がある。また、音が良いという触れ込みのプレヴィンの最新のSHM−CD盤より、「マスター・サウンド」技術で作られたこのバーンスタイン盤の方が、ずっと良く音が前に出ている。

「グランド・キャニオン」は、「アルプス交響曲」を髣髴とさせるような組曲であり、「日の出」は「アルプス交響曲」の「夜」から「日の出」にかけて、「日没」は、「日没」後の「終末」から「夜」にかけて、「豪雨」は、「嵐の前の静けさ」から「雷雨と嵐、下山」を思い起こすような曲だ。この曲のベスト盤ともいわれているドラティ指揮デトロイト響盤と聴き比べてみると、ラバのひづめのリズムが
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック