中古品
¥93
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆特記事項◆◆『良い』相当の商品です。使用品の為、カバーに多少キズやイタミ、経年程度の使用感やヤケ、薄いヨゴレ等が有る場合もございますが、普通に読む分には問題のない商品です。※品質には十分注意しておりますが、万一不具合等ございましたらご連絡下さい※使用品の為、多少の傷やヤケ・ヨゴレ等はご理解下さい※特記事項において全てのページの書込みや傷みを確認する事は出来ませんので、あくまでも目安となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


グローバル資本主義の物語―その発展と矛盾 (NHKブックス) (日本語) 単行本 – 2000/3

5つ星のうち1.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Cyber Monday (サイバーマンデー)
今年最後のビッグセール、サイバーマンデー開催中。12月9日(月)まで。
今すぐチェック。

商品の説明

メディア掲載レビューほか

世界は米国軸の国際金融資本支配のグローバル資本主義の時代。富と貧困を同時に蓄積する矛盾は抑制の必要が
資本主義は永久に勝ったか? ベルリンの壁崩壊と東西冷戦終結の後,資本主義が拠って立つ市場原理は世界を席巻する勢いを見せた。昨今は旧社会主義陣営の元気のなさに比べて資本主義陣営,特に米国経済の元気のよさばかりが目立っている。それはまさに米国を中心とするグローバル(著者の表現によれば「世界的規模の」)資本主義の世界制覇を思わせる状況である。

だが著者はグローバル資本主義の光と影,夢と現実に冷厳な分析の目を向ける。グローバル資本主義小史でもある本書の中で,その発展の跡をたどるとともに増大する矛盾も赤裸々に描いている。この批判的な姿勢には"米国の繁栄"に警鐘を鳴らし続けるJ・K・ガルブレイスらの姿勢にも相通じるものが感じられる。

本書はまず序章で,グローバル資本主義を理論的に解明するため英国の進歩的自由主義派経済学者J・A・ホブソンの「帝国主義論」に注目する。ホブソンは「帝国主義は誰のためになるかと問えば端的な答は投資家だ。帝国主義とは私的利益の所有者,主として資本家達が国外で私的利得を得るために政府機構を利用することを意味する。英国の近代対外政策は有利な投資市場を目指しての闘争で,この結果世界最大の債権国にもなった」と説いた。著者は「イギリスからアメリカに代わったがホブソンの考えは今でも有効で,現在の世界経済を支配しているのはアメリカの投資・金融業者だ」と見ている。

第一章は大航海時代から第二次世界大戦に至るグローバル資本主義の発展を,第二章は第二次世界大戦以降今日に至るグローバル資本主義の拡大を概観する。"遅れて来た"日本の資本主義が軍国主義化して惨たんたる敗北の日を迎えた経緯や,米軍占領下で行われた戦後改革が結果的に日本資本主義を蘇生させた事情なども簡潔に描かれる。ソ連型社会主義がなぜ倒れたかについては官僚制の硬直化,特権階級の存在,スターリン主義の抑圧と強制に対する民衆の反発などを指摘する。「倒れたのはマルクス流社会主義ではなく,ソ連に現存していた"社会主義"である」というのが著者の立場である。

第三章(終章)は現代の肥大したグローバル資本主義が抱えている諸々の矛盾をあばき出す。南北問題は強者と弱者の経済格差が不等価交換貿易で拡大し,民意を無視した経済援助はしばしば現地の発展を妨げている場合がある。兵器産業や原子力産業の金もうけ主義が平和の維持を困難にしている。自由競争市場に任せていては社会福祉の充実はあり得ない。世界経済の半分は女性が支えているが市場は女性をタダで利用している。地球環境や人口爆発の問題も市場には任せておけない。グローバル資本主義は一方で富を,一方で貧困を蓄積させる。こうした矛盾のさらなる拡大を抑止するためには,社会主義政党の存在にも一定の意義を認めるべきではないかと著者は指摘している。 (評論家 和田 正光)
(Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)
-- ブックレビュー社

内容(「BOOK」データベースより)

大航海時代の幕明けにより世界史に登場した重商主義は、パンクロニクルに言えば、グローバル資本主義となって、「自由」と「公正」という世界基準を旗印に、かつてない勢いで拡大を続けている。いったい、資本主義システムは、市民革命、産業革命、帝国主義、世界大戦、冷戦の時代に、どのような変遷を遂げ、世界中を席巻していったのか。そして、金融技術大国アメリカが牽引する現代のグローバル資本主義は、私たちの未来に、自由で開かれた社会を招来するものなのか。社会経済史研究の第一人者が、資本主義の誕生と発展の歴史を辿りながら、現代世界の経済構造を明らかにし、同時にその陥穽をうがつ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 220ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (2000/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140018836
  • ISBN-13: 978-4140018835
  • 発売日: 2000/03
  • 梱包サイズ: 18 x 13 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,551,863位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち1.0
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
100%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2015年12月28日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告