• ポイント: 72pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※帯付き※【商品状態】注)経年による多少のスレや色アセ等はございます。コンディションの詳細は、掲載しております写真でご確認頂けます。(書込み/ページの破損等見当たらない商品)【発送方法】クリスタルパック(透明度の高いビニールシート)で梱包し、在庫保管時や配送時の損傷から保護する様努めております。ご注文の商品はamazon配送センターからの直接発送を導入しております。専属の配送センターからの直接対応となります為、よりご安心頂けます 【キャンセル・返金】品質には細心の注意を払っておりますが、万一状態の見落とし等、表記と異なる箇所がございました際はamazon返品規定に準じて迅速に対応させて頂きます。【その他】 付録等は、文頭に記載(写真に掲載)している物が対象となります。特に記載の無い物については、付属品の該当がございません。コンディションのご確認と併せ、快い取引となります様、事前にご確認願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来を決める三つの道 単行本 – 2013/12/20

5つ星のうち 4.7 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/12/20
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,514

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「7813」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来を決める三つの道
  • +
  • エコノミクス・ルール:憂鬱な科学の功罪
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 131pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

タイ・バーツの暴落から始まったアジア通貨危機(1997-98)や過剰な資金が米住宅市場になだれ込んだリーマン・ショック(2008)、そしてギリシャの債務不履行問題に端を発した欧州財政危機に象徴的に現れているように、世界経済はここ20年、危機が常態化している。
一方、この「危機の二十年」は金融グローバリゼーションが喧伝された時代でもある。
1980年代以降、米国主導で進んだ国際的な金融市場の自由化と規制緩和による国際資本取引の活発化は、東アジアの新興国に急激な経済成長をもたらすとともに、輸出産業を中心に日本にも未曾有の好景気をもたらした。
ただ、慢性化する危機は、グローバリゼーションをめぐる議論を一変させている。NBC/WSJの合同世論調査によると、米国でグローバリズムを支持する人はリーマン・ショック前の2008年3月時点ですら25%にとどまり、経済論壇でも自由貿易の強力な擁護者だった論客の歯切れは悪い。
本書は、ノーベル賞受賞者を多数輩出してきた世界的研究機関、プリンストン高等研究所の教授による異色のグローバリズム論で、ブレトンウッズ体制に始まる戦後経済史を下敷きに、現代の危機とその処方箋を極めて穏当な形で提示したものだ。とりわけ、近年、日本の経済論壇でも広く受け入れられた「政治的トリレンマ(fundamental political trilemma)」を用いた分析はユニークである。
ロドリック教授によると、現今の世界情勢は、グローバリゼーション(economic globalization)と国家主権(national determination)、そして民主主義(democracy)を同時に追求することを許さず、どれか一つを犠牲にするトリレンマを強いているという。教授はこうした基本認識に立ちながら、国家主権と民主主義を擁護するとともに、無規制な金融グローバリズムに網を掛けることを提言する。
こうした処方箋は、バブルとクラッシュを繰り返す現状の資本主義メカニズムを的確にあぶり出すだけでなく、グローバリゼーションと民主主義が両立できると素朴に考える日本の世論に冷水を浴びせかけるのは間違いない。また、国論を二分する事態になったTPP問題や不透明な欧州情勢など、世界経済をめぐる問題は日本人にとってこれまで以上に切実な問題になっている。

▼目次
序章 グローバリゼーションの物語を練り直す
第一章 市場と国家について
第二章 第一次グローバリゼーションの興隆と衰退
第三章 なぜ自由貿易論は理解されないのか?
第四章 ブレトンウッズ体制、GATT、そしてWTO
第五章 金融のグローバリゼーションという愚行
第六章 金融の森のハリネズミと狐
第七章 豊かな世界の貧しい国々
第八章 熱帯地域の貿易原理主義
第九章 世界経済の政治的トリレンマ
第十章 グローバル・ガバナンスは実現できるのか? 望ましいのか?
第十一章 資本主義3.0をデザインする
第十二章 健全なグローバリゼーション
終章 大人たちへのお休み前のおとぎ話

内容(「BOOK」データベースより)

民主主義を犠牲にするか、国家主権を捨て去るか、グローバリゼーションに制約を加えるか?世界経済のトリレンマをいかに乗り越えるか?世界的権威が診断する資本主義の過去・現在・未来。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 360ページ
  • 出版社: 白水社 (2013/12/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560082766
  • ISBN-13: 978-4560082768
  • 発売日: 2013/12/20
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.8 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 125,473位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

8件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.7

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

8件中1 - 8件目のレビューを表示

2017年11月25日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年12月18日
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年1月21日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年9月10日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年4月8日
Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年10月11日
2014年1月13日
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年12月22日
103人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告