通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
グローバライズ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙、ページに問題ありません。帯付きです(帯に若干のイタミがある場合があります)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

グローバライズ 単行本 – 2016/3/26

5つ星のうち 2.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,057

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • グローバライズ
  • +
  • コンビニ人間
  • +
  • マチネの終わりに
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【第156回芥川賞・直木賞】受賞作発表!
芥川賞は『しんせかい』 、直木賞は『蜜蜂と遠雷』に決定 受賞&候補作品一覧 へ

商品の説明

内容紹介

生まれてくる時代を敢えて間違えた、すべての人たちへ。
フリーク続出! プロの書き手も熱狂する孤高の作家、傑作短篇集!

木下古栗ほどエレガントに「失笑」を飼い慣らした作家を、ほかに知らない。(絲山秋子)

小説がこんなところまで到達できるなんて。「GLOBARISE」を読む前の世界には、わたしはもう戻れない。(柴崎友香)

一読のたびに記憶を消したい。そしてまた読んで完膚なきまでに驚きたい。そういう短編集です。(津村記久子)

我読了。呆然自失、甚大絶頂感。展開奇天烈、言語尖鋭、人格崩壊、世界転覆。震撼哄笑必至、淫行芥川賞受賞必定。以上熱烈推薦所以也。(豊﨑由美)

古栗は常に別腹です。(松田青子)

すべての「意識高い系」読書人を挑発し嘲弄する、この上なくドイヒーでサイコーな文学がここに! ! ! (佐々木敦)

途轍もない視力を持つ位の高い魂に真っ向を射貫かれました。(町田康)

内容(「BOOK」データベースより)

生まれてくる時代を敢えて間違えた、すべての人たちへ。プロの書き手も熱狂する、孤高の作家、初の短篇集!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 201ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2016/3/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309024521
  • ISBN-13: 978-4309024523
  • 発売日: 2016/3/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.7 x 13.5 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,076位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mah トップ500レビュアー 投稿日 2016/11/24
形式: Kindle版 Amazonで購入
なんなんでしょう、これは。
ある種の精神疾患の方との支離滅裂な会話の方がまだ分かる気がするくらい、何が言いたかったのかわかりません。
何かを暗示しているのかと、色々想像しながら読んでみますが、やはり意味不明です。
ただ、一話一話が短いので、なんとか最後まで読めてしまい、頭の中が?マークでいっぱいになりますが、不思議と次の話も読んでしまいます。
しかし、2話も読むと胸焼けがするというか、気分が悪くなるというか、混乱するというか、それ以上読むのが困難になります。
実存主義などの本を読んだ際に感じる、わけが分からない感じ(自分の知性のなさを嘆く感じ)とはまた違った質の混乱が襲ってきます。
どんな読み方をするのが、正しい姿勢なのか、ファンの方に教えて欲しいです。
星何個をつけるべきなのかもまったく分かりませんでしたので、とりあえず真ん中の3つにしました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この作者がどういう傾向の作品を書かれているのかをよく理解した上で購入するのをお勧めします。好きな方にはきっと星5だと思います。
私には、で、結末は?という物が多かったです。何気ない動作をエロく描写するのに背中がムズムズする方にも向いてません。
私の評価はこれですが好みの問題なのでエログロ短い話お好きな方にはいいかも。
バラエティ番組で盛大に推されていて多くの方が検討されていると思いますのでレビューしてみました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
と、現実世界で少しでも読書をする気配のありそうな身の回りの方に積極的にオススメしています。
日々、木下古栗氏の新作を求める延縄漁師の心情でいるので、初出のものより若干の加筆減筆を目の当たりに出来
とても嬉しかったです。
本当に、とても面白いから。
もし仮に
積み上げたら日本一の富士山に届くほどの純金資産があり且つ健康寿命が200年程残されているのなら
手ずから地球規模で無料配布して回ってもいいと思えるくらい面白いから。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者のファンとしては、物足りなさの残る最新刊である。
「専門性」のハードスカトロ描写はもちろん突出しているし、「反戦の日」「観光」のナンセンスな言語の放流は流石の一言だが、それ以外の短編は特出した作者の才能と作品群から考えればあまりに凡庸な出来である。オチ無しで終わってしまうものも多い。『文藝』2016年夏号の創作論では作者が「描写」にこだわったと語っているが、どこまで本気なのか図りかねる。
木下古栗を初めて読むという入門者には『金を払うから素手で殴らせてくれないか?』か『
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック