通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆若干、小口に使用感があります。若干、カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー) 単行本 – 2006/11/1

5つ星のうち 4.4 134件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 886
¥ 886 ¥ 18

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
  • +
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション)
  • +
  • ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)
総額: ¥2,968
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

村上春樹が人生で巡り会った最もたいせつな小説を、あなたに−−新しい日本語で現代に甦る、哀しくも美しいひと夏の物語。満を持しての訳業。

内容(「BOOK」データベースより)

村上春樹が人生で巡り会った、最も大切な小説を、あなたに。新しい翻訳で二十一世紀に鮮やかに甦る、哀しくも美しい、ひと夏の物語―。読書家として夢中になり、小説家として目標のひとつとしてきたフィッツジェラルドの傑作に、翻訳家として挑む、構想二十年、満を持しての訳業。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 356ページ
  • 出版社: 中央公論新社; 5版版 (2006/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4124035047
  • ISBN-13: 978-4124035049
  • 発売日: 2006/11/1
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.9 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 134件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,048位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
村上春樹が最も偉大な作家とするスコットフィッツジェラルドにおける最も重要な一冊と評していたため読みました。
翻訳はさすがですね。美しい言葉が、それも仰々しくなく流れていく。
比喩表現も素晴らしい。
ただね、ストーリーはそこに至った形はどうであれギャッツビーがやってる事は詐欺師まがいの商売であり、不倫である。
アメリカでは高校生の教科書にもなっている訳であり、当然受け入れられるのだろうけど、日本ではどうだろうか。
嫌悪感を抱く読者も少なからずいるだろう。

ストーリーの集約は、私的には
P277~
「誰も彼も、かすみたいなやつらだ」と僕は芝生の庭越しに叫んだ。「みんな合わせても、君1人の値打ちもないね」思い切ってそう言ってよかった、と今でも思っている。

ここに凝縮されていると感じた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
グレート・ギャツビーは原文と様々な訳を読み、映画を見ました。
読むたびに違う味わいが生まれる作品で、個人的には大好きな小説です。

村上春樹の作品や彼の翻訳はあまり読んでいませんが、
野崎孝その他の翻訳と比べて、これは適訳だと思う箇所が一つありました。
結末に登場する「orgastic future(陶酔に満ちた未来)」の訳です。

orgasticはorgasmから来ている形容詞で、「恍惚の」「陶酔の」という意味を持っています。
他の翻訳者は残念ながらこの「orgastic」を「orgiastic(バカ騒ぎの、狂騒的な)」
と取り違えて訳しているようです。

ギャツビーが手にしたかった未来、「緑の灯火」は様々な意味を含んだ隠喩ですが、
「過去のデイジー(現在の彼女ではなく)」がその意味するところの重要な位置を占めています。
だから最後の一節の「絶え間なく過去へと押し戻されながらも」という表現が生きてくるわけですし、
ギャツビーが望んでいたのは、狂ったような騒がしさではなかったはずです。
なのでこの「orgastic future」は「陶酔に満ちた未来」のように訳すのが適切というか、、、
これを「狂騒的な未来」と捉えてしまう
...続きを読む ›
1 コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
村上春樹さんが影響を受けた書籍ということで読んでみましたが、読後感はウーンと言わざるをえなかった。感動しないままに読了してしまった。また、村上さんの翻訳というので期待して読んだが、文章の流れや抑揚がいまいちの感じるところがなかった。たぶん、原語ではさまざまに深い意味や含蓄が含まれているのであろうが、日本語では表現しきれないものがあってこころに響いてくるものがなかったように思う。
過去に見た映画のときの感激しなかった影響の断片が読みながら浮かんできたせいかもしれない。
でも、読書趣味の方は一度読んでみたほうがよいのではないでしょうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
時間がなく、少しずつ読んでいったが、翻訳の感じがあまりしっくり来ず。
そんな中、アマゾンビデオで映画版を発見。
映画を見てからこの本を読むと、全体の流れがつかめて面白かったです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
村上春樹さんの小説が好きな人は、一度は手にしたことがある本ですよね。
私も40を過ぎてやっと読了しました。
でも正直、村上さんの翻訳でさえも途中で挫折しそうになりました。
一つには、主人公のギャツビーとデイジーの魅力に惹かれることがなかったからです。
むしろ語り手であるニックに興味をもちました。
村上さんの「あとがき」にあるように、おそらくフィッツジェラルドの詩的な文章を
原文で体感できるひとには理解できるのでしょうね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この、グレート・ギャッツビーは10代の頃からなんども繰り返し読みました。なんとこの本が村上春樹さんの新訳で発売されました。私は村上春樹さんの新訳が出たことを大変嬉しく思いました。満を持して、全力で翻訳に取り組んだと言うのがひしひしと伝わって来る本です。スコット・フィツジェラルドは生前は不本意ながら生活費を稼ぐために書きなぐったものはとりあえずお金になりましたが、この”グレート・ギャツビー”などは思うように本が売れず、同じ時代のヘミングウエイが大衆に支持されて、作品がいくつも映画化され、ノーベル文学賞も獲ったと言うのに対して、片や、フィッツジェラルドは失意のうちに心臓発作で亡くなりました。それが現在ではどうかと申しますと、ヘミングウエイは地盤沈下し、フィッツジェラルドはアメリカ文学の最高峰と言われるようになったのです。何のジャンルであれ、時代を経ても色あせることなく、消えずに残ってゆくのが、本物なのではないでしょうか?日本人の99%が外国文学を翻訳で読むそうです。私たちは優れた翻訳家を得た事を大変嬉しく思います。村上春樹さん、本当にありがとうございました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー