通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
グレートトラバース2 日本2百名山ひと筆書き がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 竜迅堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに若干の擦れがございますが、汚れ・書き込み等なく気持ちよく使用できる状態です。ご注文をお受け次第、迅速・丁寧に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

グレートトラバース2 日本2百名山ひと筆書き 単行本(ソフトカバー) – 2016/6/23

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 869

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • グレートトラバース2 日本2百名山ひと筆書き
  • +
  • グレートトラバース 日本百名山ひと筆書き
  • +
  • グレートトラバース2 ~日本二百名山一筆書き踏破~ [DVD]
総額: ¥12,062
ポイントの合計: 112pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

北海道・宗谷岬から鹿児島県・佐多岬まで、総移動距離約8000キロ、累積標高差約11万メートル。2百名山すべての頂を登り、その間の移動には交通機関を一切使わず、脚とカヤックだけで南下していく。222日間に及ぶ前人未到の旅の記録。

内容(「BOOK」データベースより)

2014年10月26日。209日間7800kmにも及ぶ旅を成し遂げた田中陽希は、それから210日後の2015年5月25日に、北海道の宗谷岬をスタートし、九州最南端の佐多岬をゴールとする、「日本2百名山ひと筆書き~グレートトラバース2」の旅に挑戦。総距離8000km以上、累積標高差およそ110,000m!本書は、日本の冒険史と山岳史に残る、前人未到の日本縦断に人力のみで挑んだ222日間のセルフ・ドキュメントである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 296ページ
  • 出版社: NHK出版 (2016/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140817003
  • ISBN-13: 978-4140817001
  • 発売日: 2016/6/23
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 210,224位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
山好きな人は一度は読んで起きたい本。自分には出来ないので感動ものでした
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 私はテレビ番組も見たことがなく、著者の名前も知らなかったのですが、強く勧められて2冊連続で読みました。
 著者のスキルの高さと、人柄の良さは十分読み取れたのですが、特に2冊目の本書では、「応援」の善男善女に苦しめられる様子がそれ以上にひしひしと伝わってきました。テレビの影響で、寒い日でも雨の日でも山頂で待っている人が大勢いるプレッシャー、道中テレビクルー以外の人目まで常に意識しなければならないストレス、それらを消化して対応することが人間的な成長だと思い込もうとする著者。登山や徒歩旅行の喜びのひとつは、静寂の中で一人になれることですが、せっかくの絶景でも何十人もに取り囲まれてサインと写真をせがまれるのは気の毒すぎます。
 もはや偶然の出会いと言えるレベルではない多数の人との接触は、読書の楽しみも減じてしまいました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 日高邦博 投稿日 2016/10/17
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
書店では、なかなか見つけることができないので
アマゾンさんで購入出来て良かった
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
昨年の陽希君の旅は全てTVで見ていましたので場面場面が思い出されます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告