この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


グレーゾーンから考える 相続・贈与税の土地適正評価の実務 (新版) (日本語) 単行本 – 2016/6/1

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥12,300 ¥12,040
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

評価通達及び実務に有益な裁判例・裁決例を数多く(約220例)織り交ぜながら、評価者によって数字が異なるグレーゾーンに挑んだ土地評価書籍の決定版。

著者について

風岡範哉(かざおか のりちか)
1978年生まれ。税理士・宅地建物取引士。
税理士法人チェスターに所属し、主に相続申告業務を担当している。
主な著作物に「相続税・贈与税 通達によらない評価の事例研究」(現代図書、2008年)、「税務調査でそこが問われる! 相続税・贈与税における名義預金・名義株の税務判断」(清文社、2015年)、
主な論文に「財産評価基本通達6項の現代的課題」第28回日税研究賞入選(2005年)、「土地・取引相場のない株式の評価と租税訴訟」税務事例473号、「相続税・贈与税の課税処分における理由附記」租税訴訟№8(2015年)などがある。

登録情報

  • 出版社 : 清文社; 新版 (2016/6/1)
  • 発売日 : 2016/6/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 544ページ
  • ISBN-10 : 4433625167
  • ISBN-13 : 978-4433625160
  • 寸法 : 25.7 x 18.2 x 2 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません

0のカスタマーレビューおよび1のカスタマー評価があります。
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。カラン